多様性を大切にする会社を選ぼう

会社には人材の多様性が必要です。 多様性を大切にする会社の取り組みは 「ダイバーシティ経営」と呼ばれ、 日本でも広まってきています。 私が退職した経験も、 多様性の問題と結びついています。 入社するなら、 「ダイバーシティ経営」を 実践する会社を選びましょう。

外国人の名前は現地の発音で統一するべき

外国人の名前や地名は 現地の発音で統一するべきだというのが 私の考えです。 例えば中国の習近平国家主席のことは 日本のニュースでは 「しゅうきんぺい」と呼びます。 ですが、本当は現地の発音に近い 「シー・ジンピン」と 呼ぶべきだと考えています。

会社と性格のミスマッチを防ぐためには

会社と性格のミスマッチを 防ぐにはどうすればいいのでしょうか? 会社に入っていざ働き始めてから 「やっぱりこの会社は合っていなかった」と、 すぐに辞めることになるのは できれば避けたいですよね。 そうならないために 最低限見て考えておく必要があるのが、 「失敗」に対してどういう姿勢なのか ということです。

ゲームの魅力とは

ゲームは面白いですよね。 多くの人を夢中にする ゲームの魅力とはなんでしょうか? それは「経験値」と「報酬」の 存在だと考えます。 どちらもゲームをプレーすれば 必ず得られるもので、 時間を費やしても成果が得られるとは限らない 現実の世界とは異なっています。

普通のことを普通にやるすごさ

普通のことを 普通にやる人が一番すごい。 私はそう思います。 将棋には 「普通の手を普通に指して勝つ人が 一番強い」 という考え方があります。 派手なことにはリスクがつきものですが、 それを避けながら結果を出すことこそ、 安定的に活躍する秘訣なのです。

客観重視から主観重視へ

物事を客観的に見るのか、 主観的に見るのか。 対照的な2つの見方があります。 このどちらを重視するかという バランスが自分の中で 変わってきていることに気づきました。 以前は客観的に見ることを重視していたのに、 今は主観的に見ることの方が 大事だと感じるようになってきたのです。

「足るを知る」と向上心のバランス

「足るを知る」という言葉があります。 たしかに良い言葉だとは思うのですが、 本当に「足るを知る」という生き方をするのが 良いことなのでしょうか? 人にとっては向上心も大事。 そのバランスをどう取るべきか。 私の結論は 「自分の都合のいい方で考えろ」です。

がんばる人を助けたくなる気持ち

がんばる人を見ていると、 人はその人を助けたくなる。 そんなことを最近、感じます。 昔見た映画などをもう一度見たときに、 自分の見方が変わっていることに気づきました。 昔は理解できなかった 主人公の少年を助ける 大人の気持ちが、 理解できるようになっていたのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告