梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

将棋の棋士の呼び方(タイトル、永世称号、段位)のルールを整理

 
将棋の棋士の呼び方
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

将棋の棋士の呼び方

将棋の棋士の名前の後に
どんな呼び方が付くのかは、
ルールがわかりにくいですよね。

例えば、
豊島将之「竜王・名人」、渡辺明「二冠」、
藤井聡太「棋聖」、羽生善治「九段」など
呼び方は色々あります。

豊島さんは2つタイトルを持っているので
渡辺さんと同じように
豊島将之「二冠」と呼んでもいいのではないか、
などの疑問もわいてきます。

そこで、
そうした呼び方のルールを
整理してまとめました。

 

最初に結論を書いておくと、
棋士の呼び方の優先順位は
以下のように決まっています。

①竜王と名人
②竜王と名人以外のタイトル(序列順)
③永世称号
④段位

タイトルの名称と段位

まずたいていの場合、
将棋の棋士の名前の後には
「○段」という段位が付きます。

羽生善治「九段」、
橋本崇載「八段」
といったぐあいです。

将棋界の段位については
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

その一方で、段位ではなく
別の呼び方が付く場合もあります。

代表的なのが、
タイトルの名称(称号)が付く場合
です。

タイトルを持っている棋士は、
名前の後ろに段位ではなく
タイトルの名称を付けて呼ばれます。

たとえば
木村一基「王位」、
藤井聡太「棋聖」、
というように。

タイトルの称号の場合は、
タイトルを獲得した日から
翌年のタイトル戦が決着するまでの1年間、

その称号を名乗る仕組みです。

翌年にタイトルを防衛すれば
引きつづき称号を名乗れます。

 

なお、タイトル名の称号を名乗っている間も
段位自体がなくなってしまう
というわけではなく、
段位も持ちつづけています

そして、タイトルを失ったときには、
また段位で呼ばれるようになるのです。

 

ここまでは基本。

やっかいなのが
タイトルの称号で呼ぶ場合にも細かいルールがある
ことなので、
次にそれを解説していきます。

タイトルの序列

プロ将棋界には現在
8つのタイトルがありますが、
タイトルには
「序列」
というものが存在します。

どのタイトルが格上かというのが
明確に決まっているのです。

 

この序列は、
主催者が優勝賞金や対局料などのお金を
どれだけ出したかによって決まっています。

8つのタイトルを
序列順に並べると以下の通りです。

竜王(りゅうおう)
名人(めいじん)
叡王(えいおう)
王位(おうい)
王座(おうざ)
棋王(きおう)
王将(おうしょう)
棋聖(きせい)

 

この中でも、
棋士の呼び方において
注意が必要なのが
「竜王」と「名人」の扱いです。

この2つのタイトルは
特別に格が高いとされています。

そのため、
複数のタイトルを持っている場合でも、
「竜王」と「名人」という呼び方が優先される
というルールがあるのです。

もし竜王と名人のタイトルを
両方持っている場合には、
両方の称号を付けて呼びます。
 

例えば現在、
豊島将之さんは
名人、竜王という
2つのタイトルを保持しています。

その場合、
豊島「竜王・名人」と呼ぶことになり、
他のタイトルを仮に持っていたとしても
「三冠」や「四冠」といった
呼び方はしません。

あくまでも「竜王・名人」なのです。

 

たとえばの話ですが、
名人と王位と棋聖の3つのタイトルを
持っている棋士の場合、
名人以外にもタイトルを持っていることを
はっきり表示したければ、
○○名人(王位・棋聖)
という表記をされることもあります。

ちなみにこうした場合に
○○「三冠」と呼ぶのは、
間違いとまでは言わないものの、
正式な呼び方ではありません

なぜならば、
その「三冠」の中には
別格である「名人」が
含まれているからです。

 

 

ここまで書いてきたように
「竜王」と「名人」が優先
というルールがまず前提。

そのうえで、
その2つ以外のタイトルを
複数持っている場合には
「二冠」や「三冠」などと呼びます。

例えば、現在渡辺明さんは
棋王と王将のタイトルを持っているので、
渡辺明「二冠」と呼ばれます。

なお、「二冠」とは言わず
渡辺「棋王・王将」などと
称号を並べて呼ぶのもありです。

 

こうして称号を並べるときにも
順番が大事で、
必ず序列の順番に並べて呼びます

序列を無視して
渡辺「王将・棋王」と呼ぶことは
基本的にはないわけです。

棋戦の中ではその称号が最優先

上記のようにタイトルには

①竜王と名人は別格
②序列の順番に並べる

というルールがありますが、
例外もあります。

それは、
棋戦の中に限っては
その棋戦の称号が最優先

ということです。

 

例えば、
豊島将之さんが
名人戦の防衛戦を戦う場合。

このとき竜王戦の中では
通常の呼び方の「竜王・名人」ではなく
豊島将之「名人」という
呼び方になるのです。

他のタイトルも持っていることを
はっきりさせたい場合は、
豊島将之名人(竜王)と
表記することもあります。

ともかくその棋戦の中に限っては、
その棋戦のタイトルが一番格上の扱い
となるのです。

 

なお、
これはタイトル戦の番勝負の最中に
限った話ではありません。

その棋戦に関する取材などを
受ける場合にも、
棋戦のタイトルが優先されるのです。

例えば、
豊島さんが名人戦の挑戦者を予想する
コメントをする場合。

そのときには
豊島「竜王・名人」ではなく
豊島「名人」と呼ばれたうえで
コメントが掲載されることになります。

引退後に名乗る「永世称号」

棋士の呼び方としては、
タイトルの「永世称号」もあります。

竜王の「永世竜王」、
名人の「○世名人」、
王座の「名誉王座」などが
これに当たります。

永世称号とは、
タイトルを規定の回数だけ
「通算」または「連続」で
保持した棋士に贈られる称号。

将棋のタイトルは
1回獲得するだけでも大変なのに、
永世称号まで持つのは
本当にすごいことです。

それだけに、
永世称号を持つ棋士は
数えるほどしかいません。

 

 

永世称号の優先順位は
タイトルより下、段位より上
です。

つまり、
現在タイトルを持っていないけれども
永世称号は持っているという棋士の場合、
段位ではなく永世称号で呼ぶことも
ありえるのです。

 

ただし、
永世称号は基本的には
現役引退後に名乗る
ものとされています。

そのため、
例えば佐藤康光さんは
「永世棋聖」を名乗る権利を持っていますが
現在は佐藤康光「九段」と
呼ばれています。

 

しかし実際のところ、
「引退後に名乗る」というのは
ルールとして徹底されているわけではなく
わりとゆるい決まりのようです。

過去に現役のうちから
永世称号を名乗った例もあり、
たとえば
大山康晴「十五世名人」
米長邦雄「永世棋聖」
などがそうです。

現在では
現役のまま永世称号を
名乗っている棋士はいませんが、
今後また現れる可能性はあります。

現在は使われない「前名人」と「前竜王」

竜王と名人は
タイトルの中でも別格だと
書きましたが、
かつてはタイトルを失った後にも
特別な扱いが用意されていました。

現在は使われていないのですが、
これについても説明します。

 

名人戦と竜王戦では、
翌年のタイトル戦が終了するまでは
「前竜王」「前名人」という称号を
名乗る権利があったのです。

「前竜王」や「前名人」の
呼び方の優先順位としては、
「棋聖」などの他のタイトル称号より下、
永世称号よりは上という位置でした。

 

ただし、
権利を持っているにも関わらず、
近年では「前竜王」や「前名人」を
名乗る棋士はいませんでした

「前竜王」や「前名人」という
呼び方を選ばない棋士が多かったのは、
過去の栄光にしがみついている
感じがするからではないか
と私は思っています。
 

20年以上にわたって
この称号を名乗る棋士がいなかったため、
2020年2月、
日本将棋連盟は
「前竜王」「前名人」の肩書を廃止する
と発表しました。
 

 

「前竜王」の称号については
こんなエピソードもあります。

2018年に
羽生善治さんが
竜王のタイトルを失い、
27年ぶりの無冠となったとき。

永世称号を7つ持つなど
圧倒的な実績のある羽生さんが
羽生「九段」という
呼び方になってしまっていいのか、
と話題になったのです。

 

羽生「前竜王」と名乗る権利は
当然ありましたし、
他にも羽生「永世七冠」など
特別な呼び方を用意したらどうか
という意見もありました。

ただ、羽生さん自身は
「九段」以外の呼び方を名乗る気は
まったくなかったようで、
羽生「九段」という呼び方に
あっさり決まったのです。

まとめ

棋士の呼び方を
優先順位をつけて整理すると、
以下の通りです。

①竜王と名人
②竜王と名人以外のタイトル(序列順)
③永世称号
④段位

 

ただし、
棋戦の中に限っては
その棋戦の称号が優先されます。

こうしたルールがあるので、
将棋を観戦をするときの
参考にしてみてください。

 

 

将棋の用語については
こちらの記事も人気です↓

 

 

 

---------------------------

・決断力が上がる
・やるべきことがわかる
・スキルアップして年収が上がる
→人生が変わる

誰でもこうした成果を得られます。

私が書いた電子書籍を
無料で公開しているので、
もし興味があればどうぞ。

電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
すぐに受け取れます。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.