「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の段位は実力と関係ない~段は下がることも有効期限もない~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の段位は実力とは関係ありません。

九段の人は四段の人より将棋が強いような気がしますが、
実はそうではないのです。

それに段位は「上がる」ばかりで「下がる」ことはなく、
有効期限もありません。

将棋の段位はいったいどんな仕組みになっているのか
紹介します。

藤井聡太七段の件で注目された将棋の段位

最近では藤井聡太七段の段位が短期間に
四段→五段→六段→七段と連続で上がった
め、
将棋の段位が注目されました。

でも将棋界に詳しくない人にとっては、
「段位」というのはかわりにくいもの。

「段の数字が大きいと、なんとなくすごい人」
というぐらいに思っている人もいるでしょう。

また、少し知識があれば
「段位が高い棋士は強い」
と認識している人もいるかもしれません。

でも実は、段位が高いからといって
将棋が強いとは限らない
のです。

どういうことか、詳しく見てみましょう。

プロの段位は実力で決まるわけではない

まず、プロになった時点で、
棋士は「四段」となります。

そして、棋士の段位の最高位は「九段」です。

「四段」から段位が上がっていくわけですが、
どうすれば段位が上がるかは、
色々な条件が決められています。

わかりやすい例としては、こんな条件があります。

・「竜王のタイトルを獲得」で八段
・「名人のタイトルを獲得」で九段

 

「タイトルを獲得する」というのは、
将棋の実力がないと達成できない条件です。

そのため、こうした条件だけ見れば
少なくとも昇段した時点では段位と実力は対応している
と言えます。

 

ただ、実力とはあまり関係のない
昇段の条件もあります。

それが「勝数規定」と呼ばれるもので、
例えば以下のようなものです。

・「七段昇段後に公式戦190勝」で八段
・「八段昇段後に公式戦250勝」で九段

 

こうした「勝数規定」は、
よほどのことがない限り
長年棋士を続けていればいずれは達成できます。

つまり、「勝数規定」で昇段した場合、
昇段した時点でも段位と実力は対応していないのです。

「勝数規定」による昇段は
「長年お勤めご苦労さま」という意味合いが強いと感じるので、
私は好きではありません。

 

女流棋士の場合は、
正式にプロとなると最初は「女流2級」。

最高は「女流六段」まであります。

こちらも昇段には色々な条件がありますが、
「勝数規定」が存在している点は男性棋士と同じです。

そのため、昇段した時点であっても
段位と実力は対応しません。

アマチュアの段位は実力とは関係ない

プロ棋士だけでなく、将棋のアマチュアにも段位はあります。

アマチュアの段位は何段まであるとするかは難しいですが、
最低の15級から最高の八段まであるというのが、
一般的な認識かと思います。

アマチュアの段位が上がる条件は、
プロほど厳密に決まっているわけではありません。

アマチュアの段位は
新聞や雑誌に掲載された「認定問題」に回答するだけで
認定してもらえたりするため、
将棋の実力とはあまり関係がないのです。

アマチュアはプロの場合と比べて、
よりいっそう段位と実力に関係がない
と言えます。

プロの段位とアマの段位の共通点

前述したように、プロでもアマチュアでも
昇段した時点でさえ
その段位にふさわしい実力があるかどうかは
怪しいところ。

そのうえ、段位と実力の関係を
ますます壊してしまう決まり
があり、
それはプロとアマチュアに共通です。

それが以下の2点です。

・段位が下がることはない
・段位に有効期限はない

 

将棋が強かった人でも、
練習をしなければどんどん弱くなっていきます。

年齢がある程度以上になってくれば、
老いによる衰えもあります。

そうして将棋の実力がなくなっていっても、
段位に反映されることはありません

将棋の段位は自動車の免許のように、
何年かごとに更新しないと無効になる、
というものでもありません。

一度その段位を認められれば、
死ぬまでその段位を名乗ることが認められるのです。

 

将棋の段位はこういう仕組みですので、
プロであれアマであれ
その人の人の段位を見ても
「今、将棋がどれだけ強いのか」は
ほとんどわからないというのが現実です。

「段位を見れば実力がわかる」という制度の方が
わかりやすくていいと私は思うのですが、
そうなっていないのは残念です。

では将棋の実力はどう見分けるか

段位はあてにならないのはわかったけれど、
あの人がどれぐらいの実力なのか知りたい。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

 

男性プロ棋士であれば、
現在在籍してる順位戦のクラスを見ると
実力がだいたいわかります。

順位戦のクラスは段位とは違い、
実力が衰えて他の棋士に勝てなくなれば
どんどん下のクラスに「降級」していきます。

そのため、プロ棋士になってから
ある程度の年数が経過した人であれば、
順位戦のクラスと実力が連動してくるのです。

 

ただ、プロ棋士になってまだ年数が浅い棋士だと、
順位戦のクラスと実力がつりあわない場合もあります。

例えば、藤井聡太七段は現在C級1組に在籍していますが、
藤井七段は実際にはそのクラス以上の実力があると
考えている人が多いです。

順位戦のクラスは1年に1つずつしか変わらないので、
「藤井七段はまだ自分の実力に相当するクラスまで
昇級できていないだけ」だと判断できるのです。

順位戦については、こちらの記事もどうぞ↓

 

女流棋士には順位戦のような仕組みはないので、
実力を簡単に見分ける方法が難しいです。

ここ数年の公式戦での成績を調べて、
それをもとに判断するぐらいしかできませんね。

 

アマチュアで実力が知りたい場合、
よく使われるのが「将棋倶楽部24」のレーティングです。

「将棋倶楽部24」は無料で対局できる
インターネットの対局場で、
利用している人が非常に多いため
アマチュアの間では共通の話題になりやすいです。

対局の結果に応じてレーティングの点数が上下するのですが、
その点数は将棋の実力とほぼ連動します。

そのため「将棋倶楽部24で○点ぐらい」と言えば、
その人がどれぐらい強いかが判断できるのです。

「奨励会」の段位は実力を表す

ここまで「将棋の段位は実力と関係ない」
という話をしてきたのですが、
最後に例外となる世界を紹介します。

それが「奨励会」です。

プロ棋士の養成機関である奨励会は、
プロともアマとも言えない独自の世界

奨励会の段級は7級から三段まであり、
その段位をひとつずつ上げていって、
四段に昇段すればプロ棋士になれます。

 

奨励会の段位は独特な仕組みとなっており、
他の奨励会員に勝てなくなれば、
プロやアマと違って「段位が下がる」ことがあります

そのため、「奨励会においては段位は実力を表す」
と言えます。

 

しかも、奨励会の段位を名乗れるのは、
奨励会に所属している間だけです。

例えば、プロ棋士一歩手前の奨励会三段まで到達した人が
奨励会を退会した場合、
その後は「奨励会三段」と呼ばれ、
現在も奨励会にいる三段とは明確に区別されます。

言ってみれば段位に「有効期限」があるわけで、
プロやアマの段位とは全然違います。

まとめ

将棋の段位について紹介しました。

将棋の段位の仕組みはけっこう複雑なのですが、
段位が実力を表しているわけではないことはたしかです。

段位はプロアマを問わず将棋を指す者にとって、
「名誉」という扱いだと考えるのが
一番しっくりくると思います。

「過去の名誉」は消えることも有効期限も
ないということですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.