将棋の持ち時間の方式、ストップウォッチとチェスクロックの違い4つ

将棋の持ち時間には、
「ストップウォッチ方式」と「チェスクロック方式」の
2種類があります。

初めて見た人には違いがわかりにくいので、
違いを4つにまとめて紹介。

これを理解しておくと、
将棋観戦がより深く楽しめます。

昔ながらのストップウォッチ方式

まず「ストップウォッチ方式」。

昔からほとんどの棋戦で採用されている
消費時間の測り方で、
今でも将棋界の主流です。

その最大の特徴は、
「1分未満の消費時間は切り捨てになる」
ということ。

例えば、3分ちょうどで指したとしても、
3分59秒で指したとしても、
消費時間は同じ「3分」となります。

そして、59秒以内に指した場合には、
持ち時間はまったく減らないのです。

最近増えてきたチェスクロック方式

一方の「チェスクロック方式」。

テレビ棋戦など早指しの対局で
採用されてきた消費時間の測り方。

最近では、順位戦などの持ち時間の長い対局でも
採用されるようになってきました。

チェスクロック方式の特徴は、
「秒単位で持ち時間が消費される」
ということ。

例えば、3分ちょうどで指せば消費時間は「3分」で、
3分59秒で指せば消費時間は「3分59秒」です。

チェスクロック方式のときのように
持ち時間がまったく減らないということはなく、
どんどん時間がなくなっていきます。

持ち時間をムダに消費するのを避けるため
対局者がさっさと指すので、
指し手がどんどん進んで対局にスピード感が出ます

その方が見ている分には面白いので、
チェスクロック方式は
観戦者を意識した時間方式と言えます。

チェスクロック方式が採用されている棋戦は
NHK杯、銀河戦、JT杯、そして叡王戦など。

どれも観戦者がいることを意識した棋戦です。

違い①持ち時間の減り方

「ストップウォッチ方式」と「チェスクロック方式」の
違い4つを順番に紹介します。

まず最初は、「持ち時間の減り方」。

一言で言うと、
「チェスクロック方式」の方が
どんどん時間が減っていきます

秒単位で消費時間が測られるチェスクロック方式では、
ほとんどの場合で分単位のストップウォッチ方式よりも
持ち時間が多く減ることになるのです。

対局の雰囲気も
ストップウォッチ方式とチェスクロック方式で
違ってきます。

序盤の定跡どおりの展開だと、
相手が指した後に次に指す手が
決まっている場合はよくあります。

そのようなときでも、
相手が指した後一呼吸置いてから着手をする
というのが将棋のテンポです。

ストップウォッチ方式であれば
一呼吸置いたとしても1分未満に指せば
持ち時間はまったく減らないので、
余裕がある
わけです。

一方、ストップウォッチ方式では
持ち時間は秒単位で減っていきます。

相手が着手した後、
相手の手が引っ込んで姿勢が元に戻る間にも、
自分の持ち時間が減っていくのです。

だから、棋士によっては
相手の手が引っ込まないうちに
次の手をすぐ指したりします。

対局時の雰囲気が変わり、
序盤からスピード感と緊迫感を増すのです。

違い②対局にかかる時間と終局時刻

2つめの違いは、「対局にかかる時間と終局時刻」です。

消費時間の方式が変わると、
対局にかかる時間も変わります。

チェスクロック方式の方が
ストップウォッチ方式よりも時間がすぐになくなるので、
対局にかかる時間が短くなり、
終局時刻が早くなる
のです。

終局時刻が早まることを狙って、
消費時間の方式を変えた棋戦があります。

それが順位戦。

B級2組、C級1組、C級2組の対局限定ですが、
2016年度から従来のストップウォッチ方式を
チェスクロック方式に変更したのです。

その主な目的は、記録係の負担を減らすことです。

順位戦は持ち時間が6時間で、
タイトル戦を除けば
持ち時間が最も長い棋戦です。

そのぶん終局時刻は遅くなりがちで、
朝10時から対局を始めても
決着が日付が変わった後になることが
珍しくありません。

さらにその後に感想戦をやって、
それから片付けとなると
記録係への負担がとても重いのです。

そこで、チェスクロック方式を導入。

対局者の持ち時間が秒刻みでどんどん減ることで、
終局時間は平均で1時間程度早まるようになりました。

これによって記録係が終電に間に合うことが増えるなど、
狙いの効果は出ているようです。

チェスクロック方式は
「観戦者」を意識した方式だと上で書きましたが、
それだけではありません。

「記録係」を気遣う方式としても
活用されているんですね。

違い③終盤に時間を取っておきやすいか

違いの3つ目は、
「終盤に時間をとっておきやすか」ということ。

チェスクロック方式にすることで
記録係の負担軽減など良いことがあるのであれば、
もっと多くの対局で
チェスクロック方式に変更すればいいのにと思えてきます。

ただ、棋士の感覚としては
ストップウォッチ方式とチェスクロック方式では
かなり違いを感じるそうで、
従来のストップウォッチ方式が好まれています。

特に違いが出てくるのが終盤です。

終盤の勝負どころで
3分なり5分なり考えられれば、
その効果はかなり大きいです。

だから、その時間を勝負どころまで
なるべく取っておきたい。

このとき、ストップウォッチ方式であれば
最後の方まで時間を残しておきやすいのです。

例えば、持ち時間が「残り10分」だとします。

この10分を残しておきたい場合には、
常に59秒以内に指すようにします。

そうすれば持ち時間は「残り10分」から減らず、
時間をかけて考えたい局面になるまで
その時間をとっておける
のです。

時間をとっておきやすいように、
棋士は記録係に秒の読み方を指示することができます。

よくあるのが、
考慮時間が「50秒」のときと「55秒」のときの秒を読むこと。

棋士は「55秒」を読まれたらすぐに指すようにして、
持ち時間を減らさないようにするわけです。

一方、チェスクロック方式の場合には、
終盤で持ち時間を取っておくことが難しくなります。

持ち時間が秒単位で減っていくため、
なるべくすぐに指すように気をつけていても、
どんどん時間がなくなってしまいます。

だから、「勝負どころで考えるために何分かとっておく」
ということが実現しにくいです。

ストップウォッチ方式で
時間を取っておくことが習慣となっている棋士の中には、
チェスクロック方式になると
やりにくさを感じる棋士
も多いようです。

このように、ストップウォッチ方式から
チェスクロック方式への変更した場合、
棋士に与える影響は
観戦者が考える以上に大きい
です。

それだけに、消費時間の方式の変更は
気軽にできるものではないのですね。

実際、チェスクロック方式を取り入れた順位戦でも、
A級とB級1組の対局では
ストップウォッチ方式のままです。

ここでもA級とB級1組の特別さが際立っています。

順位戦の話はこちらの記事に詳しく書きました↓

違い④消費時間のカウントの考え方

ストップウォッチ方式とチェスクロック方式の
違いの4つ目は、
「消費時間のカウント考え方」です。

将棋の棋譜中継を見ると、
投了した局面に両者の消費時間が
「○○時間○○分」と記載されています。

消費時間の方式によって違いが出てくるのが、
「1分以内に指さなければ時間切れ負け」
という状態で終局したとき。

例えば、持ち時間が6時間の対局の場合を考えます。

このとき、ストップウォッチ方式であれば
消費時間は「5時間59分」となります。

つまり、「持ち時間を使い切ったら負け」
という考え方です。

最後の1分は、59秒以内に指せばなくなることはありません。

「分単位で時間を測る」という
ストップウォッチ方式には、
初めから秒読みという仕組みが組み込まれているわけです。

このことを初めて理解したとき、
私は「なんてうまくできているんだろう」と
感動したものです。

秒読みの仕組みがすでに組み込まれているので、
「持ち時間を使い切ったら、その後の秒読みは○○秒とする」
というルールを付け加える必要はありません。

「持ち時間○時間」という、とてもシンプルなルールにできます。

一方のチェスクロック方式。

「1分以内に指さなければ時間切れ負け」
という状況で終局になった場合、
消費時間は「6時間」となります。

つまり、「持ち時間を使い切ってから秒読みが始まる」
という考え方です。

チェスクロック方式では
最後の1分を使い切っても時間切れ負けにはならず
そこからが秒読みになります。

秒読みの時間は「1分」とは限らず、
棋戦によって定められています。

といっても色々な種類があるわけではなくて、
自分の知る限り「30秒」か「60秒」のどちらかです。

秒読みの時間を自由に設定できるというのは、
チェスクロック方式だからこその利点と言えそうですね。

まとめ

ストップウォッチ方式とチェスクロック方式の
違いについて紹介しました。

ストップウォッチ方式では
終盤での持ち時間の取っておき方が見どころです。

チェスクロック方式では
対局のスピード感が増すのが魅力です。

両者の違いを理解したうえで観戦をすると、
将棋の対局の駆け引きがより深く理解できるので面白いですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。