LPtoolsとカラフルを11のポイントで比較!どちらを選ぶべきかズバリ結論

LPtoolsとカラフルの比較

「LPtoolsは値段に見合う価値がある?」
「カラフルの方が安くていいのでは?」
「機能やデザインはどれだけ違うの?」

こうした疑問をお持ちではないでしょうか。

LPtoolsとカラフルは、どちらもランディングページ(LP)をWordPressで作るためのツールです。違いがよくわからないと、どちらを選ぶべきなのか、迷ってしまいますよね。

私自身は、カラフルを2020年3月から、LPtoolsを2021年12月から愛用して、これまでにたくさんのLPを作ってきました。LPの制作依頼を受注して、クライアントに納品する仕事もしています。

結論から言うと、お金に余裕があればLPtools、なければカラフルの通常版を選ぶべきです。この記事では、どちらを購入すべきか迷っている方に向けて、以下の内容を解説します。

  • ひと目で違いがわかる比較表
  • リニューアルしたカラフルの特徴
  • LPtoolsとカラフルを11のポイントで比較

読み進めれば、LPtoolsとカラフルをじっくり比較したうえで「自分はLPtoolsのカラフルのどちらを購入すべきか?」を判断できるようになるでしょう。ぜひ最後までお読みください。

目次

LPtoolsとカラフルの比較表

LPtoolsとカラフルの違いがひと目でわかる比較表を作成したので、チェックしてみてください。それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

LPtoolsのロゴ
LPtools

カラフル
カラフル(上位版)

カラフル
カラフル(通常版)
テンプレート利用できる利用できる利用できない
扱いやすさプラグインなので
扱いやすい
テーマなので
扱いにくい
テーマなので
扱いにくい
表示速度高速化設定あり特別な設定なし特別な設定なし
余白の微調整簡単にできるできないできない
デザインスタイリッシュレトロな感じレトロな感じ
特別ライセンスありなしなし
マニュアル充実大充実大充実
ヘッド画像
テンプレート
なしありあり
価格32,780円12,800円9,800円
詳細ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

なお、LPtoolsについては以下の記事で詳細に解説しています。あわせてお読みください。

LPtoolsとカラフルの3つの共通点

LPtools

まずはLPtoolsとカラフルの共通点から紹介する必要があるでしょう。

というのも、カラフルは2022年5月に大幅にリニューアルしたからです。リニューアルによりカラフルは大幅に進化して、LPtoolsに似たツールになりました。

ネット上のカラフルに関する情報のほとんどは、リニューアル前についてのものです。誤った古い情報を信じないように注意してください。それでは以下の3つの共通点について解説していきます。

  1. ブロックエディタで編集する
  2. テンプレートを利用できる
  3. 手軽にキレイなランディングページを作れる

1. ブロックエディタで編集する

LPtoolsとカラフルは、どちらもWordPressのブロックエディタで編集します。

以前のカラフルはクラシックエディタを使っていたのですが、リニューアルしたことで操作方法がガラッと変わりました

そもそも「ブロックエディタとかクラシックエディタとかよくわからない!」という人もいるでしょう。その場合は、この点は気にしなくても大丈夫です。

2. テンプレートを利用できる

LPtoolsとカラフルは、どちらもテンプレートを利用して、とても簡単にLPを作れます。

テンプレートを利用した場合のLP作成手順は、以下の通りです。

  1. テンプレートを選ぶ
  2. 不要なブロックを消去し、足りないブロックを追加する
  3. 文章や画像を編集する

たったこれだけの手順なので、最短でたったの5分ほどでLPが完成します。なおカラフルでは、リニューアルによってテンプレートの機能が追加されましたが、利用できるのは上位版のみです。

3. 手軽にキレイなLPを作れる

LPtoolsもカラフルも、手軽にキレイなLPが作れるのは同じです。

  • LPを作るのは初めて
  • プログラミングができない
  • デザインのセンスがない

こういった方でも、パソコンの基本的な操作さえできれば、きちんとしたLPを作れます。

LPtoolsもカラフルもあまりに手軽かつ簡単にLPが作れるので、このほとんど差はありません

カラフルは通常版が上位版よりおすすめ

カラフル

カラフルには「通常版」と「上位版」の2種類があります。「どちらを選んだらいいの?」と疑問に思う方が多いと思うので、LPtoolsとの比較をする前に解説しておきましょう。

通常版と上位版の違いは、以下の2点のみです。

  1. 価格(通常版:9,800円、上位版:12,800円)
  2. 上位版のみ「カラフルテンプレーツ」が使える

「カラフルテンプレーツ」は、前述したテンプレートのことであり、1クリックでLP全体のブロックすべてが配置される機能です。

私の結論をお伝えすると、カラフルは通常版の方がおすすめです。「カラフルテンプレーツ」には、3,000円分の価値はありません。カラフルテンプレーツが不要である理由は以下の3つです。

  1. 1つのテンプレートに含まれるブロックが多すぎて扱いにくい
  2. 複数のブロックを一括で追加できるので、テンプレートの必要性を感じない
  3. LP制作初心者にはテンプレートの選び方がわかりにくい

「LPtoolsより価格が安い」というカラフルの最大の利点を生かすためにも、カラフルを購入するのであれば、通常版を選びましょう。なお後から4,500円を払うことで、通常版を上位版にアップグレードすることも可能です。

LPtoolsの方がカラフルより優れている5つのポイント

LPtoolsの公式PV

LPtoolsの方がカラフルよりも優れている点を5つ紹介します。

  1. プラグインなので扱いやすい
  2. 表示高速化の機能が充実している
  3. 余白の微調整ができる
  4. デザインが洗練されている
  5. 特別ライセンスを使える

1. プラグインなので扱いやすい

LPtoolsはWordPressの「プラグイン」なので、「テーマ」であるカラフルよりも扱いやすい点が優れています。

テーマではなくプラグインであることで、LPtoolsには以下のメリットがあります。

  • ドメインを別に用意する必要がない
  • 管理するログインIDとパスワードが増えない
  • Googleアナリティクスなどでアクセス管理をしやすい
  • テーマの機能とLPtoolsの機能を併用できる

私はカラフルの後にLPtoolsを使ってみて、その導入の簡単さに感動しました。すでにWordPressでサイトを運営してる人であれば、プラグインとしてツールをメリットは大きいと感じられるでしょう。

2. 表示高速化の機能が充実している

LPtoolsには表示高速化の機能があり、カラフルにはありません。具体的には、LPtoolsでは以下の項目を各ページごとに設定できます。

  • 画像やiframeの遅延読み込みを利用するかどうか
  • テーマやプラグインの機能を利用するかどうか

ユーザーがアクセスしたとき素早く表示されて、スムーズにスクロールできることは、LPではとても重要です。表示が遅かったり、動作が重かったりすれば、すぐにLPを離脱される危険性が高まるからです。

LPtoolsの表示高速化の機能はすばらしくて、画像や動画をたくさん盛り込んだLPでもサクサク動作します

一方でカラフルのLPは、画像や動画を使って作り込むほど、ページが重くなってしまいます。実際にカラフルのLPを見てみると、表示の遅さや動作の重さを感じる人は多いでしょう。

3. 余白の微調整ができる

LPtoolsは余白の微調整ができる点が、私はとても気に入っています。

LPtoolsでは、ほぼすべてのブロックで、下図のように細かく余白の大きさを指定できるのです。

LPtoolsの余白設定

LPを制作していると「画像と説明文、申し込みボタンを1画面に収めたい」などと思うよくあります。そんなときは、デザインを損なわ余白をなくすことが大切なのです。

しかし、カラフルでLPを作っていると「このムダなこの余白が消せない!」とイライラすることが少なくありません。LPtoolsなら自由自在に余白をコントロールできるので、本当に心地よいです。

4. デザインが洗練されている

LPtoolsの方が、カラフルよりもデザインが洗練されていると感じます。これは好みによるとは思うので、ぜひ見比べてみてほしいです。

LPtoolsカラフルのLPは、それぞれのツールで作られています。LPtoolsは「スタイリッシュ」、カラフルは「レトロ」というイメージを感じないでしょうか。

私は以前にデザイナーの方に、カラフルで作ったLPの添削をしてもらった経験があります。そのときに「昔はこういう色使いが流行していた」と言われたのです。

私はそれを聞いて、私がカラフルのLPに感じていた「レトロな雰囲気」は、色にも表れているんだなと納得しました。

LPtoolsの洗練されたデザインの方が、LPを訪れた人に好印象を与えやすいだろうと、私は思っています。

5. 特別ライセンスを使える

LPtoolsには「特別ライセンス」が用意されています。そして、特別ライセンスを保有していると、LP制作を受注して、LPtoolsで作って納品することが認められるのです。

LP制作の報酬は、1件あたり10万円を超えることも珍しくありません。月に数件を受注すれば、それだけで生活費を稼げます。LPtoolsのLP内でも紹介されている「LPtools起業法」というビジネスです。

特別ライセンスには年間43,780円が必要なのですが、LP制作を受注できることで、稼ぐチャンスが広がるでしょう。私自身も特別ライセンスの保有者であり、実際にLP制作の受注に成功しています。

一方、カラフルには「特別ライセンス」のような仕組みは用意されていません。LP制作の仕事を受注したいのであれば、LPtoolsを購入しましょう。

カラフルがLPtoolsより優れている3つのポイント

カラフルの公式PV

カラフルの方がLPtoolsよりも優れている点を3つ紹介します。

  1. 価格が安い
  2. マニュアルが充実している
  3. ヘッド画像テンプレートを利用できる

1. 価格が安い

カラフルを選ぶ 最大の利点は、価格が安いことです。

LPtoolsが32,780円なのに対して、カラフルは上位版でも12,800円、通常版なら9,800円で済みます。

特にビジネスを 始めたばかりの段階だと、何かと出費が多いので、LP制作にあまりお金をかけられない方も多いでしょう。

少しでも費用を抑えたい方には、低価格でしっかりしたLPが作れるカラフルがおすすめです。

2. マニュアルが充実している

マニュアルに関しては、LPtoolsよりもカラフルが優れています。カラフルを購入すると、以下のものが受け取れます。

  • 約100分の動画マニュアル
  • およそ2ヶ月間におよぶメルマガ通信

これらでマスターできるのは、カラフルの操作だけではありません。LPの各パーツの意味やビジネスで大切なマインドなど、LPに関わる大切なことをたくさん学べるのです。

率直に言って、動画マニュアルとメルマガ通信だけでも、カラフルの価格以上の価値があると私は思います。気になる方は、ぜひ購入して確かめてみてください。

なお、LPtoolsにも動画マニュアルは用意されており、質と量に問題はありません。ただ、カラフルのマニュアルがあまりにも充実しているため、比較すると負けてしまうだけです。

3. ヘッド画像テンプレートを利用できる

カラフルを購入すると「ヘッド画像テンプレート」を利用できます。

ヘッド画像テンプレートは、無料で利用可能なデザインツール「Canva」で編集できる形で受け取れます。テンプレートをCanvaで自由自在に編集することで、思い通りのヘッドを作れるのです。これはLPtoolsにはない、カラフルならではのメリットです。

カラフルでもLPtoolsでも、他のツールを使わず簡単にヘッド(ファーストビュー)を作ることは可能です。しかし、LPの中級者以上になると、手軽に作ったヘッドでは物足りなくなる方が多いでしょう。私もそうです。

ヘッド画像テンプレートは、カラフルのリニューアルで追加された機能です。「もっとヘッドを作り込みたい!」というユーザーのニーズに対応した、すばらしい試みだと思います。

まとめ:LPtoolsとカラフル、それぞれがおすすめな人

LPtoolsとカラフルを11のポイントで比較した結果をまとめると、以下の通りです。

【共通点】

  1. ブロックエディタで編集する
  2. テンプレートを利用できる
  3. 手軽にキレイなランディングページを作れる

【LPtoolsの方が優れている点】

  1. プラグインなので扱いやすい
  2. 表示高速化の機能が充実している
  3. 余白の微調整ができる
  4. デザインが洗練されている
  5. 特別ライセンスを使える

【カラフルの方が優れている点】

  1. 価格が安い
  2. マニュアルが充実している
  3. ヘッド画像テンプレートを利用できる

結論としては、優れている点がカラフルより多いLPtoolsの購入をおすすめします。

ただし、できるだけ費用を抑えたい方は、カラフルの通常版を購入するのがよいでしょう。

LPtoolsとカラフルの比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる