ランディングページ(LP)のワードプレスでの作り方【初心者でも1日で完成】

ランディングページ(LP)のワードプレスでの作り方

「ランディングページ(LP)をワードプレスで作りたいけれど、作り方がわからない」
「LP制作の外注も検討したけれど、高額なのであきらめた」
「初心者の自分がひとりでLPを作るのは無理だろうか」

こうした悩みをお持ちではないでしょうか。私も初めてLPを作ったときは同じことを考えたので、気持ちはよくわかります。

そんな私はLPを簡単に作れるワードプレスのテーマ「カラフル」を知ったことで、それまでの不安が吹き飛びました。簡単にLPが作れるようになり、自分ひとりでメルマガ読者を60人集めることに成功したのです。この記事では私の経験をふまえて、LP作りの初心者の方に向けて以下の内容をお伝えします。

  • 初心者でもできるLPの作り方の3つの手順
  • 「カラフル」をおすすめする3つの理由
  • LPを作る際の3つの注意点

この記事を読めば、初心者であっても自分でLPを作れるようになり、「商品を売りたい」「メルマガ読者を増やしたい」といった希望を叶えられるでしょう。ビジネスの売上を大幅にアップさせる、きっかけになるはずです。ぜひ最後までお読みください。

目次

ワードプレスでランディングページ(LP)を作る3つのメリット

ランディングページ(LP)は、ワードプレスで作るのがおすすめです。「 本当に他の方法より良いのかな」と悩んでいる方のために、ワードプレスでLPを作るメリットを3つ紹介します。自信を持ってLPを作り始めましょう。

メリット①自分で修正やカスタマイズができる

ワードプレスで自分でLPを作れば、修正やカスタマイズが自由にできます。 LPのデータを全て自分で管理しているので、手元のパソコンでいつでも手を加えられるのです。

LPの制作を外注した場合は、ちょっとした修正やカスタマイズをするだけでも、指示を出したり変更後のチェックをしたりと手間がかかります。修正やカスタマイズのたびに費用を請求される場合もあるでしょう。自分でワードプレスでLPを作れば、手間や費用を減らせます

メリット②プラグインが利用できる

ワードプレスを使えば、豊富なプラグインが利用できます。プラグインとはワードプレスの拡張機能のことで、プログラミングの知識がなくても、様々な機能を簡単にLPに追加できるのです。たとえばLPにアニメーションを付けたり、LPを訪れた人の行動を解析できりします。

しかも多くのプラグインは無料で使えます。「LPでこんなことをしたい」というアイデアがあれば、Googleで検索をするだけで、それを実現するプラグインが見つけられるでしょう。
LPを自分で作れるツールは他にもあるのですが、プラグインが充実している点が、ワードプレスならではの魅力です。

メリット③費用が安く済む

ワードプレスなら、LPを安く作れます。もし制作会社に依頼すれば、ひとつのLPで20万円ほど請求されることも珍しくありません。特にこれからビジネスを始める人にとっては、初期費用を抑えることが重要なので、LPは自分で作る方が良いでしょう。

安さを追求するのであればっば、無料でLPを作る方法もあります。ただし操作が難しかったり、がんばってもイマイチなLPしか作れなかったりするので、初心者には向いていません。

私は有料のワードプレステーマのカラフルの利用をおすすめします。有料とは言っても、カラフルの価格はたったの8,760円です。しかも一度購入すれば、LPをどれだけ大量に作っても、追加料金はかかりません

ビジネスを進めていけば、新しいLPが必要になる場面は多いものです。今後のビジネス全体を考えて、LPにかかるコストを抑えましょう。そのためには、カラフルを使ってワードプレスで自分でLPを作るのが、最適な方法です。

ワードプレステーマ「カラフル」がおすすめな3つの理由

「カラフル」は6年以上にわたって売れ続けており、累計で1万本以上の販売実績のあるワードプレステーマです。「カラフル」を使えば、初心者でも簡単にランディングページ(LP)を作れます。

どんな特徴のあるテーマなのかは、公式サイトで詳しく説明されており、そのLP自体もカラフルで作られています。私がカラフルをおすすめする理由を3つ厳選して紹介します。

理由①操作が簡単で初心者でも扱える

カラフルは直感的に操作できて、初心者でも簡単に扱えます。 LPは様々なパーツで構成されていて複雑に見えるため、初心者が作るのは難しいと思われがちです。実際に初心者がイチからLPを作ろうとしても、何をすればいいのかわからず、途中で挫折してしまうでしょう。

ところがカラフルなら、はじめからLP用のパーツが用意されていて、パーツを組み合わせるだけでLPが完成します。 「このパーツを追加しよう」「パーツの順番を入れ替えてみよう」など操作するだけなので、プログラミングの知識も一切必要ありません。

そのためLPを初めて作る初心者でも、問題なく扱えるのです。私もプログラミングは全然できませんが、初めてLPを作るときにもまったく困りませんでした。たとえば以下のようなパーツを作るとします。

カラフルで作成したヘッドパーツ
カラフルで作成したヘッド

「こんなオシャレなものを作るのは大変そうだ」と思われるかもしれませんが、やることは以下のようにクリックを1回するだけなのです。

カラフルのパーツ選択画面
パーツ選択画面

他にも色々なパーツをクリックだけで作れるので、例を示しましょう。

カラフルのサブヘッド、ボタン、ボックス
サブヘッド、ボタン、ボックス
カラフルの登録フォーム
登録フォーム
カラフルのQ&A
Q&A

カラフルでどんなふうにLPが作れるのかは、こちらの公式動画を見るとわかりやすいです。3分ほどの短い動画なので、チェックしてみてください。

理由②デザインにこだわれる

カラフルを使えば、デザインに徹底的にこだわれます。「簡単に作れる」と「デザインにこだわる」は両立が難しいものですが、カラフルではそのバランスが絶妙なのです。
カラフルでデザインにこだわれるのは、以下の特徴があるからです。

  • 画像の加工・装飾機能
  • 300種類以上の画像素材
  • パーツの形や色のパターンが豊富
  • パーツの色や大きさは自由に変更可能
  • 簡単にオリジナル画像をアップロードして使用可能

「この部分のデザインを変更したい」と思えば、初心者でもプログラミングなしですぐに変更できます。他にも様々な機能が用意されているので、LP制作の上級者になればなるほど、LPのデザインをどんどん高めていけるでしょう。

たとえばボタンのデザインの一部を紹介すると、以下の通りです。

カラフルのボタンパーツの例
ボタンパーツの例

理由③マニュアルと講座が充実している

マニュアルと講座が充実している点も、カラフルをおすすめする大きな理由です。マニュアルの動画だけでも約100分のボリュームがあるので、動画の通りに操作するだけで使い方をマスターできて、LPの作り方の基礎も身につきます。
おかげでLPの初心者でも、迷うことなくLPを作っていけるのです。

さらにありがたいことに、カラフルを購入すると2ヶ月以上ににわたってメール講座が届きます。LPの作り方についてはもちろん、ビジネスを成功させるための集客ノウハウなどを基礎から学べます。メール講座の内容は、たとえば以下の通りです。

【メール講座の内容】

  • LPの基本構成と各パーツの役割
  • 集客できない原因分析とその解決策
  • これからの時代の集客コンテンツの作り方
  • 成約させるためのLPのレイアウト構成と文章術

私自身、ビジネスを進めるうえでメール講座の内容は本当に勉強になりました。正直、この講座だけでもカラフルの価格以上の価値があると思います。

ビジネスをこれから始める方はもちろん、いまビジネスの集客で悩んでいる方であれば、メール講座だけを目当てにカラフルを購入しても損はしないでしょう。

ランディングページ(LP)の作り方、3つの手順

ランディングページ(LP)の作り方を3つの手順で紹介します。カラフルを使えば、初心者でもワードプレスでLPを作るのに苦労することはありません。早く作業に取り掛かって、きょう1日でLPを完成させてしまいましょう

手順①カラフルを購入してインストールする

まずはこちらのリンクから、カラフルを購入してください。

>>カラフル公式ページはこちら

その後、カラフルをワードプレスにインストールしましょう。まだワードプレスの導入が済んでいない場合は、「サーバー」や「ドメイン」を用意する必要があります。

やり方はカラフルのマニュアルで詳しく解説されているので、いまわからなくても問題ありません。マニュアルの動画の通りに進めるだけで、カラフルのインストールまで完了します。

手順②パーツを配置する

いよいよLP作りの開始です。 カラフルではワードプレスに固定ページを追加する形でLPを作るので、ブログを書く感覚で操作できます。最初に行うのは、LPのパーツを配置することです。

LPのパーツには代表的なものとして「ヘッド」「登録フォーム」「ボタン」などがあります。いずれもクリックするだけで簡単に追加できるので、 マニュアルを見ながら配置していきましょう。

商品の購入や申込みをしてもらうLPなら「ボタン」、メルマガやLINEの登録をしてもらうLPなら「登録フォーム」さえあれば、とりあえず最低限のLPの役割は果たせます。後からでもパーツの数は増やせるので、最初のうちはパーツの数は少なめにしておきましょう。

手順③文章とリンクを入力する

最後にLPの文章とリンクを入力します。 パーツにデフォルトで入力されている文字を変更して、自分用のLPに仕上げていきましょう。

「ボタン」や「登録フォーム」にURLを設定することで、「商品の販売」や「メルマガ登録」といったLPの目的を達成できます。

ここまでできたら、あとはワードプレスの「公開」ボタンを押すだけ。初心者でも簡単にLPを作って公開できます。ぜひ挑戦してみてください。メルマガを活用する場合はこちらの記事も合わせてどうぞ。

ランディングページ(LP)を作る際の3つの注意点

ランディングページ(LP)を作ること自体は簡単ですが、それだけで商品が売れたり、メルマガ読者を集められたりするわけではありません。LPを成果につなげるために注意するべき点を3つ紹介します。

特に初心者の方はよく読んで、やりがちな失敗を避けてください。

注意点①「誰」に「何」をしてほしいのか決める

LPを作る際には、「誰」に「何」をしてもらうためのLPなのかを明確にしましょう。これらが明確になっていないLPでは、LPを訪れた人に望む行動をしてもらえないからです。
たとえば以下のように決めると良いでしょう。

  • 自社のイベントの最新情報を知りたい人に、メルマガに登録してもらう
  • ゴルフの練習法に悩む人に、ゴルフの練習法を教える動画教材を購入してもらう
  • 敏感肌のせいで化粧品が合わなくて困っている人に、化粧品の無料お試しに申し込んでもらう

このようにLPの目的を決めることで、LPに盛り込むべき情報がはっきりして、作るときに迷わなくなります。初心者にありがちなのが「色々なリンクを盛り込んでしまう」という失敗なので、気をつけましょう。

「ホームページはこちら」「公式YouTubeチャンネルはこちら」などとLPからのリンクの種類を増やすと、LPの本来の目的が達成しくくなります。「購入する」「メルマガに登録する」など、ひとつのLPにつきリンクは1種類だけに絞ることが大切です。ちなみにボタンを増やしたりして、リンクの数を増やすことは問題ありません。

注意点②完璧を目指さず早く公開する

LPはなるべく早く公開しましょう。「完璧なLPが完成したら公開しよう」と考えてLPの公開が遅れるほど、お客さんを集めるチャンスを逃してしまうからです。

LPを公開しなければ、「商品を販売する」「メルマガ読者を集める」といった本来の目的が、いつまでも達成できないままになってしまいます。

はじめから完璧なLPを作る必要はありません。自分でワードプレスでLPを作ったのであれば、後からいくらでも修正できるからです。
ビジネスを成功させたいのであれば「1日も早くLPを公開する」ことを意識しましょう。

注意点③データを見ながら改善する

LPに関するデータを集めて、LPの改善に活かしましょう。適切にLPを修正できれば、ビジネスの大きな成果につながるからです。

初心者がいきなり多くのデータを確認するのは難しいので、まずは「LPを訪れた人の数」と「購入や登録をしてくだあた人の数」だけでも確認するのがおすすめです。「LPを訪れた人」のうち「購入してくれた人」の割合を「購入率」と呼びます。

LPを色々と改善してみて、購入率がどうか変わるかを観察しましょう。改善後に購入率が上がったら改善箇所はそのままにして、下がったら改善箇所を元通りに戻します。これを繰り返すことで、初心者でもLPの購入率をだんだんと高められます。

たとえばLPを改善した結果、購入率が1%から2%に上がれば、それだけで売上は2倍になります。改善前の売上が100万円だとすれば、売上が100万円もアップするのです。
購入率などのデータを見つつ、LPを改善していきましょう。

まとめ:ワードプレスでランディングページ(LP)を作ろう

ランディングページ(LP)のワードプレスでの作り方を紹介しました。ワードプレスのテーマ「カラフル」を使えば、初心者でもたった1日でLPを作れます。

作ったLPは何度でも修正できるので、改善を繰り返しながら、商品の購入やメルマガの登録などを増やしていきましょう。

カラフルはいったん購入すれば、何ページでもLPを作れます。LPの作り方や集客方法についてのメール講座も付いてくるので、気になる方はチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる