「頓死(とんし)」と「形作り」、将棋用語の意味を解説

「頓死(とんし)」と「形作り」、将棋用語の意味

将棋用語の「頓死(とんし)」と「形作り」。

聞いたことはあっても、
どういう意味なのかわかりにくいですよね。

どちらも将棋の「形勢」が
深く関わっているのが重要なポイントです。

それぞれどんな意味でどういうときに
使う言葉なのか、
わかりやすく解説します。

「頓死」は勝ちそうなときに使う言葉

将棋用語の「頓死」はどういう意味でしょうか。

手元の国語辞書を見ると
「にわかに死ぬこと」などと書いてあります。

そのまま将棋に置き換えれば
「にわかに玉が詰むこと」となります。

しかし、将棋で「頓死」という言葉が
使われるときには、
それだけの意味ではありません。

重要な要素は、「形勢」です。

「頓死した」と言われるのはたいていの場合、
もうほぼ勝ちが決まったという「勝勢」の側の玉が
詰んでしまったとき
です。

負けそうになっている方の玉が詰んでも
「頓死」とはあまり言いません。

つまり、「頓死」の意味は
「勝ちそうになっている側の玉が、
ミスによって詰んでしまった」

ということです。

さらに、「頓死」と言われる場合を
もっと詳しく見てみると、
以下の2つのパターンがあることに気づきます。

①逃げ間違えて頓死
②詰めろに気付かず頓死

これらについて、順に説明します。

なお、「詰めろ」の用語の意味については
こちらの記事に詳しく書いています↓

パターン①逃げ間違えて「頓死」

「頓死」という言葉が
一番ふさわしいのがこのパターンです。

例えば、自分が勝ちそうになっていて
相手の玉に「詰めろ」を掛けたときを考えます。

そして、相手がその瞬間に反撃して
逆に自分の玉を詰まそうとしてきたとします。

このとき、相手の王手に
正しく応じていけば詰まないのに、
王手を続けられるうちにミスをして、
自玉が詰んでしまった

これが「頓死」です。

これは私も経験がありますが、
本当に悔しいです。

その王手を防ぎきるだけで勝てたはずが、
あと一歩のところで
勝ちを逃すわけですから。

「頓死」と言うときに肝心なのは
「正しく王手をかわしていれば勝っていた」
という状況であること。

その王手に正しく応じて詰まなかったとしても
結局は負けそうな将棋だった場合、
「頓死」とは言わないことが多い
です。

パターン②詰めろに気付かず「頓死」

一方、正確に逃げ続けた結果として詰んだ場合でも、
「頓死」と言われることがあります。

相手の王手に対してミスをしたわけではないのに、
「頓死」とされるのはなぜでしょうか。

この場合は、相手の王手が
始まる前にミスがあったということ。

つまり、「詰めろに気付かなかった」ということです。

例えば、自分が勝勢のときに
相手が詰めろをかけてきたとします。

自分はその詰めろを簡単に解除できるし、
その詰めろさえ解除してしまえば、
相手の攻め駒が不足しているため
それ以上の攻めはないとします。

それにも関わらず、
その詰めろに気付かないまま
攻める手を指してしまい、
自分の玉が詰まされてしまった

これも「頓死」と呼ばれるのです。

2018年12月24日に行われた
佐藤天彦名人と渡辺大夢五段の対局で
佐藤名人が逆転負けしたときが、
まさにこのパターンでの頓死でした。

その対局については
こちらの記事に詳しく書いています↓

「形作り」は負けそうなときに使う言葉

このように、「勝勢」の側が詰めろを掛けられて
それを解除しないまま詰まされると
「頓死」と言われます。

同じような場合でも
詰まされる側が「敗勢」のときには
別の言葉がしっくりします。

それが「形作り」です。

「形作り」というのは、
投了したときの局面が美しくなるように
敗勢の側が指し進めること
です。

例えば、以下のような状況。

自玉に詰めろがかかっていることには
気付いているが、
その詰めろを解除したとしても
自分が勝つ可能性はない。

そう判断して、
あえて自分の詰めろを解除せずに
攻めの手を指して
相手の玉に詰めろを掛ける。

そして、いざ相手が自分の玉を詰ましにきたら、
一番美しい局面になるまで指して
そこで投了する

これが典型的な「形作り」です。

アマチュアも行う「形作り」

プロ棋士が「形作り」をする意味は、
人に見られて後世に残る棋譜を美しくするため。

では、棋譜が人の目に触れることのない
アマチュアは「形作り」をしないのかというと、
そうでもありません。

私が将棋を指していても「形作り」はしますし、
相手が「形作り」をしてくることもあります。

なぜアマチュアも「形作り」をするのか。

それは「形作り」は美しいだけでなく、
勝負に勝つ確率を
上げることにもつながる
からです。

自玉の詰めろを無視して、
相手の玉に詰めろをかけて
「形作り」をした場合。

それは美しい登場図を作る準備であると同時に、
相手に「もし私の玉を詰まさなかったら、
あなたの玉を詰ましますよ」

とプレッシャーをかけてもいます。

そして、プレッシャーのかかった相手が
王手の掛け方を間違えて詰ますことができず、
そのまま逆転するということが
実際によく起こるのです。

また、自玉の詰みに自分は気付いていても、
相手は気付いていない場合もあります。

相手が詰みになんとなく気付いてたとしても、
「詰みそうだけど無理に詰まさなくても勝ちだから、
いったん受けに回ろう」
と考えて自陣に駒を投入することもあります。

そうした場合、
自分は「形作り」をしたつもりだったのに
自玉が命拾いをする
ということが起こるのです。

そして、その命拾いが逆転につながることが、
アマチュアの対局ではよくあります。

ではもし、「形作り」をしなかったらどうでしょう。

その場合は、自玉に詰めろが掛かったら、
その詰めろを解除することに徹することになります。

すると詰めを掛け続けられるうちに
「一手一手」の状態になって、
ジリ貧で負けてしまう場合が多いです。

相手は攻めて来られるプレッシャーを感じないまま
攻めることだけに専念すればいいので、
ミスが起こりにくいという点も見逃せません。

このように、特にアマチュアの場合の「形作り」は
「美しい投了図を作る」という目的の他に
「勝つため」にやっているという面もあるのです。

まとめ

「頓死」と「形作り」という言葉の
意味や使い方について書きました。

実はこれらの用語は
将棋の形勢と深く結びついているので、
「頓死」とあれば勝勢であったことが、
「形作り」とあれば敗勢であったことが、
説明がなくても察せられる便利な言葉です。

ぜひこれらの用語を
使いこなしてみてください。

将棋の終盤の用語については
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。