「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の上達に必須!「手が見える」ようになる方法3つ

 
将棋で「手が見える」ようになる方法3つ
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋で「手が見える」ようになる方法3つ

将棋を上達するためには
「手が見える」
ようになることが重要です。

なぜならば、
将棋では「読む」ことが
大切なことは知られていますが、
「見えた」手しか「読む」
ことはできないからです。

では「手が見える」
ようになるためには
どうすればいいのでしょうか。

じつは、
初心者でも取り組める
効果的な方法があるのです。

「手が見える」ようになる方法を
3つ紹介します。

「手が見える」とはどういうことか

将棋で勝つためには
手を「読む」ことが大切。

「読む」というのは
自分がこう指したら
相手がこう指して、
そうしたら自分はこう指して……、
というのを考えていくことです。

でも、きちんと「読む」ためには、
その前提として
忘れてはいけないことがあります。

 

それが、
「手が見える」
ということ。

「見える」というのは、
「ある手が有力な選択肢であることが
直感的にわかる」
といった意味です。

この「見えた手」をもとに、
読みを進めていきます。

だから、手を読むと言っても、
それはあくまでも
自分が「見えた」範囲の手を
読んでいくだけ。

見えていない手を
読むことはできない
のです。
将棋では、ひとつの局面で
ルール上可能な手が
100通り以上も存在したりします。

そのすべてについて
「読む」ことをしていると
キリがないので、
直感で候補を数個に絞り込んでから
その手の先を読み進めます。

この候補を絞り込むときに
有力な手を残すことができることを
「手が見える」というのです。

ちなみに
テレビやネット番組を見ていると、
棋士の紹介などで
「〇〇さんは早見え早指しで…」
などと言われることがありますが、
この「早見え」というのは、
早く「手が見える」ということです。

手が見えないとどうなるか

「手が見えない」とどうなるかを
考えてみましょう。

手が見えないのには、
大きく分けて
「相手の手が見えない」のと
「自分の手が見えない」
2つのパターンがあります。

 

まず、相手の手が見えない場合。

相手には良い手があるのに
それに気付かずに読みを進めると、
読みの中で
どんどん自分の都合のいいように
局面が進んでいきます。

こういう読みを
「勝手(かって)読み」
と言います。

勝手読みをしてから
自信満々で指してみたら、
相手に予想していなかった手を指されて
びっくりする。

そして、そのせいで
形勢が一気に悪くなる。

こういうことは
よく起こります。

 

相手の手は見えていても、
自分の手が見えない場合もあります。

このときには、
自分の側に本当はもっと良い手があるのに、
それに気付かないため、
その手が指せないことになります。

相手の手が見えない場合と違って
相手が指した手によって
びっくりすることはないので、
そもそも手が見えていなかったことに
気付くことすらないことが多い
のが
この場合の特徴です。

ただ、自分の手が見えていなかったことで
不利になってしまうことはよくあります。

そういうときには、
知らない間に形勢が悪くなっていた
と感じることになるでしょう。

 

このように、
「手が見えない」と
すぐに形勢が悪くなってしまいます

それでは将棋に勝つことはできず、
弱いままです。

では、どうすれば
「手が見える」ようになって
将棋が上達できるのでしょうか。

手が見えなくても指すのが大事

まず「手が見える」ようになるために
前提として大事なことがあります。

それは
「手が見えなくても
とにかく何か指す」

ということです。

 

正直なところ、
将棋が指す人なら程度の違いこそあれ
「手が見えない」ことに悩んでいます。

いつでもきちんと手が見えれば
誰も苦労しません。

トップクラスのプロ棋士でさえも
手が見えないことはあるのです。

だから、アマチュアの私たちが
なかなか手が見えないのは、
ある意味当然のこと

手が見えないなら見えないなりに、
とにかく一局を指すのが大事なのです。

 

それを前提として、
「手が見える」ようになるための
方法3つを紹介します。

方法①自分の対局を「振り返る」

1つ目の方法は、
「自分の対局を振り返る」
ということです。

大事なのは、
対局が終わった後。

一局が終わったら
すぐにもう一局指したくなるのを
ちょっとだけガマンして、
いま指した将棋を振り返ってみましょう。

将棋アプリやネットでの対局であれば、
自分の指した将棋の棋譜が
残っているはずなので、
手軽に対局を振り返えれるはずです。

相手の手が見えなかった場合には、
自分の気付かない手を指されて
マズイことになっているもの。

自分が気付かなかった手に注目して、
「こういう手があるんだな」
と覚えておきましょう。

そうすると、
次からはその手が見えるように
なってきます。

 

ただ、一度反省しただけでは
すぐに忘れてしまい、
またその手が見えなくて負けてしまう、
ということはよくあります。

そんなときは
また反省して覚えるのです。

これを繰り返すことで
「見える手」のパターン
自分の中に増えていきます。

そうすれば
自分の読みが「勝手読み」ではない
正確なものになっていき、
将棋が上達していくのです。

方法②最高の方法は「感想戦」

2つ目の方法は
「感想戦」

この方法の良いところは、
相手の手だけでなく
自分の手が見えない場合にも
有効なところです。

自分の手が見えていなかったことに
自分で気がつくのは大変なもの。

でも、相手に指摘してもらうことで、
それが可能になるのです。

 

特に感想戦が有効になるのが、
自分より強い人を相手にするとき。

強い人は手もよく見えているので、
自分の指した手に対しても
「この局面ではこう指した方が
よかったんじゃないの」
などと教えてくれます。

その手が自分の見えていなかった
手だった場合には、
「そういう手があるのか」
と気付くことによって、
次からはその手と同じような手が
見えるようになってくるのです。

 

実は「見えない手」のパターンには
人によって傾向がある
もの。

言い換えれば、
自分がなかなか指せない手です。

例えば、
「駒を捨てて攻める手」
「攻めずにじっと受ける手」
「働きの悪い駒を活用する手」
「持ち駒を打つ手」
などなど。

 

自分より強い人に
感想戦で教わる経験を積んでいくと、
自分が見えない手の傾向が
わかってきます。

それを意識することで、
見えなかった手が
見えてきやすくなります

例えば、
「じっと受ける手」
が見えにくい傾向のある人なら、
攻めの手を指す前に
「相手の攻めを受けた方がいいかもしれない」
と意識することで、
受けの好手が見えたりするのです。

 

感想戦が難しい場合は、
将棋ソフトを活用することでも
自分の見えなかった手を
探すことができます。

将棋ソフトの「評価値」が
悪くなった局面の
「候補手」を見るというやり方です。

ただ、このやり方が
効果的なのは
ある程度の棋力がすでにあって
将棋ソフトを扱える人に限られます。

初心者の場合は、
まずは自分の頭で考えて
対局を振り返ることと、
感想戦を大事にしましょう。

 

将棋アプリやネットでの対局だと、
感想戦をする機会が
あまりないかもしれません。

そんな場合は
こちらのサイトがオススメです↓

 

「将棋マッチ」では
講師にみっちりと感想戦をしてもらい、
自分が見えなかった手を
教えてもらうことができます。

授業はインターネットを通じて
マンツーマンで実施。

自分の都合の良い時間に、
自宅で教わることができます。

効果的に将棋を上達したい人は
活用してみてください。

方法③「棋譜並べ」で感覚を身につける

3つ目の方法は、
「棋譜並べ」です。

ここまでの2つの方法は
自分の指した将棋をもとに
「手が見える」ようにするための
やり方でした。

「棋譜並べ」は自分の将棋ではなく、
プロ棋士が指した将棋
将棋盤の上で再現する方法。

 

プロ棋士が指す手は、
そのほとんどが「良い手」です。

たくさん棋譜並べをしているうちに
「こういう手があるのか」
という気付きをたくさん得られるので、
「良い手」の感覚
身についてきます。

すると、いざ自分が対局するときにも
「手が見える」ように
なってくるのです。

 

ただ、棋譜並べは
上級者向けの勉強法です。

初心者のうちは、
自分の対局の「振り返り」と「感想戦」を
中心に行うのがいいでしょう。

まとめ

「手が見える」ことで
はじめて正確な読みが可能となるため、
それは将棋の強さに直結します。

「手が見える」ようになるには、
以下の3つの方法があります。

①対局の振り返り
②感想戦
③棋譜並べ

 

中でも最高の方法は、
自分より強い人と指して
感想戦をすること。

できるだけ感想戦を行う機会を増やして、
将棋を上達していきましょう。

 

 

こちらの記事も
合わせてどうぞ↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.