「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「大局観」を鍛える方法は?~将棋で「読み」と並ぶ重要な力~

 
大局観を鍛える方法
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

大局観を鍛える方法

将棋が強くなるには
「手をたくさん読むこと」が
大事なことはよく知られていますが、
「読み」と並ぶぐらい重要なのが
「大局観」です。

その「大局観」を鍛えるには、
「強い人と対局をして感想戦をすること」
が最も有効な方法。

こちらのサイトを利用すれば、
身近に強い人がいなくても
それができるのでオススメです↓

「読み」と同様に重要な「大局観」

将棋が趣味だと言うと、
将棋をあまり知らない人から
「何手ぐらい読むんですか」
と聞かれることがあります。

やはり
「将棋は手をたくさん読むもの」
というイメージは
多くの人にあるようです。

 

一方で、
「読み」と同じぐらい大事なのに
あまり知られていないのが
「大局観(たいきょくかん)」

将棋において
「読み」と「大局観」は
セットで重要なものです。

「大局観」と言われても
なじみがない人が多いと思いますが、
これはどんなものでしょうか。

大局観とは「形勢判断をする力」

大局観とは一言で言えば、
「形勢判断をする力」
のことです。

ある局面が自分にとって
有利なのか不利なのか、
どれぐらい勝ちやすいのかなどを
判断する力。

将棋においてこの力は、
「手を読む」ことと
同じぐらい大事なのです。

 

なぜ大事かというと、
手を読んだ後には必ず、
読んだ先の局面での
形勢判断が必要になる
から。

自分が次の一手を指して、
その後お互いに
最善手を指し続けたときに
盤上に現れる局面。

それが自分にとって
少しでも有利になるように
次の一手を選ぶのが将棋です。

 

だから、
たとえ10手先や20手先の局面まで
ちきんと読むことができたとしても、
その局面での形勢判断ができなければ、
次の一手として何を指せばいいのかは
決められません

そのため、
「読み」がいかに優れていても、
「大局観」がともなっていなければ
最善の次の一手を選ぶことはできず、
将棋は強くはならないのです。

将棋の形勢判断は難しい

この「大局観」というのは、
「読み」に比べると
わかりにくいものです。

現在ではプロ棋士以上の実力を
持つようになった将棋ソフトも、
以前はこの「大局観」を
人間並みにすることができず、
開発者は苦労していました。

将棋ソフトにおいて
大局観から導かれた形勢は
「評価値」という数字で
表すことができます。

ニコニコ生放送などで
すっかりおなじみになった
評価値ですが、
実はそれは将棋ソフトの
「大局観」を反映した
ものなのです。

 

将棋において
形勢判断をするために考えるべき材料は
とても多い
ので、
正しい形勢判断をするのは
簡単なことではありません。

例えば、
飛車は最強の駒であり、
飛車を相手に取られることは
普通は大きなマイナスになります。

ですが場合によっては、
飛車を捨ててでも
相手の歩を1マス前に進めることにより、
形勢が一気に有利になることもあるのです。

このように、
最強の駒であるはずの飛車でさえ
その価値は局面によって
大きく変わります。

 

駒の損得以外にも
駒の働き、玉の固さなどが
形勢判断の材料となりますが、
これらの価値はすべて相対的なもので、
絶対ではありません。

将棋の形勢判断はとても難しいため、
正しい「大局観」を身につけることは
人間にとっても将棋ソフトにとっても
苦労することなのです。

「詰み」だけは絶対的な価値を持つ

実は将棋の形勢判断において
絶対的な価値を持つものは
ただひとつだけ。

それは「詰み」です。

「詰み」だけは
常に無限大の価値があります。

 

だから、
「詰み」が現れる終盤になると、
序盤や中盤のように
大局観を働かせて
形勢判断をする必要がなくなります。

純粋に詰むか詰まないかを
正確に読む勝負になるのです。

将棋の上達法として
詰め将棋がありますが、
これは「読み」の力を鍛えることに
特化した方法です。

詰みがあることが
はじめからわかっている詰め将棋は、
読みの力をつけるのに
うってつけなのです。

 

このように
将棋が強くなるために必要な
「読み」と「大局観」のうち、
「読み」を鍛えるには
詰め将棋という
わかりやすい方法があります。

では、
「大局観」を鍛えるには
どうすればよいのでしょうか。

大局観を鍛える方法

大局観を鍛えるのに
最も有効な方法は、
「強い人と対局をして
感想戦をすること」

です。

まずは対局をすることで、
意識しなくても自分の大局観を
働かせることになります。

そのうえで、
対局が終わった後に
相手と一局を振り返る
「感想戦」を行うことが大切。

対局相手と意見を交換すると、
自分とは違う考え方や感覚に
触れることができます。

特に強い人は大局観も優れているので、
感想戦を行う中で
自分がまるで考えていなかった
視点があることに
気がつくでしょう。

 

ただ、
身近に自分より将棋が強い人がいない
という人も多いかと思います。

対戦アプリなどで
対局自体はできたとしても、
感想戦する機会は
なかなかないものです。

そういう場合に
強い人と対局をして
感想戦を行うなら、
こちらのサイトがオススメです↓

 

「将棋マッチ」を通して
指導対局を申し込めば、
講師とみっちり感想戦が行えるので、
大局観を身につけるのに最適です。

強い人と会話をする中で、
形勢判断に関する微妙な感覚を
自分のものにしていきましょう。

 

詰め将棋という特効薬がある
「読み」とは違って、
「大局観」を鍛えるのには
時間と手間がかかります。

でもそのぶん、
一度身につければ
他の人にはマネのできない
自分の大きな武器
になります。

「読み」だけでなく
「大局観」も鍛えることで、
ライバルに差をつけられますよ。

まとめ

将棋が強くなるためには、
「読み」と同じぐらい
「大局観」が重要です。

その「大局観」を鍛えるには、
「強い人と対局をして感想戦をすること」
が最も有効な方法。

「将棋マッチ」を活用するなどして
大局観を鍛える機会を作り、
将棋を上達していきましょう。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.