梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

「ものの歩」全5巻の感想、連載打ち切りの理由を2つ考えてみた

 
「ものの歩」全5巻の感想
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

「ものの歩」全5巻の感想

「ものの歩」は
将棋を題材にした漫画作品。

全5巻を読んでみたところ
けっこう面白かったのですが、
これは「週刊少年ジャンプ」では
連載打ち切りになってしまった作品です。

なぜ人気が伸びなかったのか、
その理由を考えてみました。

 

結論から書くと
理由は以下の2つです。

①ライバルがいない
②かやね荘の深掘り不足

 

本文中には
ネタバレがあるので
注意してください。

冒頭のイラストは
私が描いたものです。

将棋を題材にした「ものの歩」

「ものの歩」は
2015年から2016年にかけて、
「週刊少年ジャンプ」
連載されました。

将棋の盤面も
力を入れて用意されており、
監修は橋本崇載八段です。

ただ、人気があまり
伸びなかったのようで、
全43話で連載打ち切り。

単行本は全5巻です。

 

最終第5巻では
作者の池沢春人さんが
突然の連載終了に関して
触れています。

やはり、
本当はもっと
続けたかったのに
打ち切られてしまった

ということのようです。

 

ストーリーとしては
高校1年生の主人公が
将棋に出会い、
プロを目指しながら
どんどん強くなっていく
というもの。

少年の成長を描く
王道のストーリー
ですね。

 

第1巻はこちら↓

 

「ものの歩」を読んだ感想

私はつい最近、
「ものの歩」を
全巻通して読みました。

読むきっかけになったのは、
電子書籍の全巻セットが
安く売っていたから。

「ものの歩」の存在自体は
以前から知っていて、
ネットの試し読みで
第1話を読んだこともありました。

せっかくの機会なので
買ってみて、
今さらながら
通しで全巻を読んでみたわけです。

 

感想としては、
けっこう面白いぞ
と思いました。

対局シーンは盛り上がって、
キャラクターに
感情移入できます。

 

主人公の前に敵として現れる
対局者たちが、
どんな思いを抱えて
戦っているのか。

そして、
主人公との対局を通じて
何を感じるのか。

そういう
内面のぶつかり合い
伝わってきました。

主人公と敵の双方が、
対局を通じて
成長していく様子は、
とてもすがすがしいです

 

 

これだけ面白いのに、
どうして連載打ち切りに
なったのだろうか?

思わずそれを
考えてしまいます。

「週刊少年ジャンプ」は
読者からのアンケート結果を重視して
連載作品を決めることで有名です。

連載が打ち切られた
ということは、
読者からの支持が
得られなかったということ。

 

なぜ人気が
伸びなかったのか。

私が考えた理由は
大きく2つです。

理由①ライバルがいない

理由の1つ目は、
「主人公の絶対的なライバルがいなかった」
ことです。

 

「ものの歩」を読んでいて
頭に浮かんだのは
「ヒカルの碁」です。

同じく「週刊少年ジャンプ」で
連載され、
全189話、単行本にして23巻
まで続いた人気漫画。

「ものの歩」と「ヒカルの碁」は
ストーリーの流れが
よく似ています

 

主人公がゲームのルールを
覚えるところから始まって、
学校の部活の大会の
団体戦に出場。

その後にプロ養成機関に入って
プロを目指す、と。

もちろん違うところは
色々あるのですが、
私が一番気になったのは
ライバルの存在です。

 

 

「ヒカルの碁」では
塔矢アキラという
主人公のライバルがいて、
彼と主人公の関係が
物語の骨格になっています。

私は中学生の頃に
「ヒカルの碁」が
大好きだったのですが、
当時から一番の見どころと
思っていたのは
主人公と塔矢アキラの
バチバチしたライバル関係
でした。

 

一方の「ものの歩」には
塔矢アキラに相当するような
ライバルがいません。

やはりこういう成長物語には
ライバルの存在は必須であり、
それがいないのは
人気を得るうえでは
大きなマイナスになった
と思われます。

 

 

ものの歩では
主人公の高良信歩(たからしのぶ)は
色々な相手と対局します。

その対局の途中で
対戦相手の過去の話が盛り込まれ、
相手が対局にかける思いなどが
伝わってくることで、
物語が盛り上がります。

ただ問題は、
その盛り上がりが
その一局限りと
なってしまっている
こと。

また次の対局が始まれば、
その相手の過去の話が
またゼロから新たに始まり、
つながりが感じられないのです。

 

これといった
ライバルがいなかった信歩。

それに対して
むしろ明確なライバルが
設定されていたのは
信歩の団体戦のチームメイトである
藤川竜胆(ふじかわりんどう)です。

彼には
百合峰蒼馬(ゆりみねあおば)という
幼少期からのライバルがいます。

竜胆はつねに
蒼馬のことを意識しており、
彼のことで頭がいっぱい。

こういう存在が
主人公にもほしかったですね。

 

 

信夫は将棋のルールすら
知らなかったという設定なので、
昔からのライバルを用意するのは
難しかったのでしょう。

本当であれば、
信夫が住む「かやね荘」
ライバルがいればいいのですが、
そういう展開にならなかったのは
もったいないと感じました。

 

「かやね荘」は
「ものの歩」という作品に独特な
おもしろい舞台設定。

シェアハウスで
奨励会員たちが
共同生活をしている

のです。

手違いによって
信歩が「かやね荘」に入居するところから
物語は始まります。

 

常に身近にいる同居人なら
共に成長していくのには
うってつけで、
本来なら
うまくライバルになれそうです。

ただ、
信歩の他に5人も
同居人がいるのに、
主人公以外は
すでに奨励会員なので、
全員が圧倒的な格上

「かやね荘」で
信歩が将棋を指しても、
その実力差のせいで
なかなか熱い展開に
ならないのが苦しいところです。

 

こうした事情があるため、
主人公の戦いの場は
外に求めざるをえません。

そのせいで
「かやね荘」の
存在感が薄くなって
しまっています。

そしてこの点が、
私が考える
連載打ち切りの理由その2
につながります。

理由②かやね荘の深掘り不足

理由の2つ目は、
「かやね荘のメンバーが
深掘りされなかったこと」

です。

ちなみに「かやね」とは
榧(かや)の駒音(こまね)が
鳴り止まないことからの
名付けだそうです。

奨励会員5人が
暮らしている「かやね荘」。

「かやね荘」のメンバー達は
物語の中で
もっと活用できたはずなのに、
もったいなかったと
感じました。

 

第1巻の最初のころこそ
「かやね荘」のメンバーが
活躍していたものの、
話が進むに連れて
出番がなくなっていきます

第2巻、第3巻、第4巻では
信歩の大会の話、
第5巻では奨励会入会試験の話なので、
「かやね荘」は
あまり登場しないのです。

 

本当は
「かやね荘」にいる人達は
それぞれ色々な事情を
抱えているはず

特に高校生の年齢の
奨励会員たちは、
親との関係なども
複雑なものがありそうです。

そういったところを
掘り下げていけば、
面白い話が
たくさんできたはずです。

なんなら
一人ずつ順番に
焦点を当てて、
群像劇を描くことも
できたでしょう。

それならば
「寮」とという舞台を
うまく活用しています。

 

ただそんなことを
描写していくと、
メインテーマである
主人公が将棋を強くなって
プロに上り詰めていくという物語の方が
おろそかになってしまいそう。

バランスが難しいところです。

 

 

また他の作品と
比べてしまいますが。

将棋で群像劇を描く作品といえば
「3月のライオン」や
「りゅうおうのおしごと!」が
あてはまります。

この2つの作品では、
主人公の成長を描きつつも、
その周囲の人達の描写
多くなっています。

 

主人公の成長から
話題がずれてしまっているのに、
どうして面白いのか。

どうして物語が
成立するのか。

改めて考えてみて、
わかりました。

 

それは、物語の開始時点で、
すでに主人公が十分に強い
からです。

「3月のライオン」の桐山零は
17歳でプロの五段。

「りゅうおうのおしごと!」の
九頭竜八一にいたっては
16歳で「竜王」の
タイトルホルダー。

両者とも
もはや将棋の「伸びしろ」が
もうあまりないので、
ガンガン強くなっていくのは
現実的ではありません。

だからこそ、
他のキャラクターに
焦点を当てるのが
理にかなっている

のだと言えます。

 

「3月のライオン」であれば
三月町に住む川本3姉妹の物語が
描かれます。

「りゅうおうのおしごと」であれば、
女子小学生の弟子を二人も引き受け、
彼女らの成長の物語が
展開するわけです。

 

 

「ものの歩」は、
「主人公の成長の物語」
なので、
そこをとにかく
大事にするべきでした。

それなのに
かやね荘という、
「群像劇」が展開されると
読者が期待してしまう舞台を
持ち込んでしまった。

そのことが
「アレコレ盛り込みすぎだった」
気がします。

 

かやね荘でいっしょに住んでいる
「ワケあり」っぽい
人たちを放っておいて、
かやね荘の外ばかりで
話が展開していく。

読者にとっては、
積み残された問題が
いつまでも解決されない

感じがして、
不満がたまってきます。

「主人公の成長」と
「群像劇」を
両方やろうとすると、
どちらも中途半端になって
消化不良になってしまう

ということですね。

まとめ

ここまで語ってきた2つの理由
①ライバルがいない
②かやね荘の深掘り不足
をまとめます。

「ヒカルの碁」のように
主人公の成長とライバルとの戦い
の話に絞るか、
「3月のライオン」や
「りゅうおうのおしごと!」のように
主人公の周囲の人の物語
で盛り上げていくか。

どちらかに決めないと
いけなかったのではないか、
というのが私の意見です。

「ものの歩」では、
どちらも中途半端に感じられました。

 

「ものの歩」は読んでみて
けっこう面白かっただけに、
連載打ち切りとなったのは
もったいないところ。

打ち切りにならなければ
描かれるはずだった、
信歩の奨励会での戦いも
見たかったです。

 

ただ、あえて言えば、
全5巻という短さで収まったことで、
気軽に手を出しやすくなった
とは言えます。

もしまだ「ものの歩」を
読んだことがないのであれば、
この機会に読んでみては
いかがでしょうか↓

 

他の将棋マンガの感想も
書いているので、
合わせてどうぞ↓

 

 

 

---------------------------

私の10年以上にわたる体験を
一冊の電子書籍にまとめました。

今なら無料でプレゼントしています。

この本を読めば、

・決断力が上がる
・やるべきことがわかる
・スキルアップして年収が上がる
→人生が変わる

誰でもこうした成果を得られます。


もし興味があれば
チェックしてみてください。

電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
すぐに受け取れます。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.