「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「峰王戦@筑波山」登山後に将棋対局する企画の概要と感想

 
峰王戦@筑波山
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

峰王戦@筑波山

「峰王戦@筑波山」が
本日10月22日に行われました。

昨年も行われた
ニコニコ生放送の企画の第2弾。

そのときと同様、
窪田義行峰王と中川大輔八段が
まず登山をして、
その後山頂付近で将棋を指す
という試みです。

私は朝から視聴していたのですが、
今回もとても面白かったです。

どんな番組だったのか、
そしてどんな将棋が指されたのか、
お伝えします。

冒頭の写真は、
今回の対局場となった
筑波山の「コマ展望台」。

私自身が過去に訪れたときに
撮影したものです。

「峰王戦」のはじまり

今回の「峰王戦@筑波山」は
去年10月8日に行われた
「【盤外企画】将棊頭山のほぼ頂上決戦」
が元になっています。

そのときは将棋にちなんで
中央アルプスの「将棊頭山」という山に登り、
将棋の対局では
窪田義行七段が中川大輔八段に勝利。

視聴者から寄せられたアイデアを元に
勝者の称号として「峰王(ほうおう)」
与えられることとなりました。

そのときから
「第2回もやりたい」と
両対局者は語っていたのですが、
それが本当に実現。

 

中川八段は普段から
通称「登山研」という活動をしており、
棋士など将棋関係者を集めて
山に登っています。

窪田峰王もその常連メンバー。

普段から山に慣れていいる
お二人だからこその企画です。

特に中川八段は
週に2回は山に登っているらしく、
登山にかける情熱ははかりしれません。

「峰王戦@筑波山」の番組

今回の番組の名称はこちら↓

【叡王戦本戦トーナメント開幕記念】
峰王戦@筑波山

 

今回登る山は
標高877mの筑波山ということで、
前回の標高2730mの将棊頭山と比べると
スケールが小さくなっています。

将棊頭山では
前日に登山をして山小屋に1泊し、
翌日に持ち時間2時間の対局だったのですが、
そのあたりも変更。

今回は日帰りで
対局の持ち時間も30分に短縮
です。

 

スタジオでの解説を務める棋士は
黒沢怜生五段と上村亘五段。

お二人とも
中川八段主催の登山研には
参加経験があるそうです。

最近のニコ生将棋番組では
ギフト機能が活用されています。

以前の番組でギフトが多かったため、
この番組では
以下の特典が追加されました。

「スタジオにタピオカミルクティーを差し入れ」
「出演棋士のお弁当がランクアップ」
「峰王戦のカメラが1台増える!」
「中川八段と窪田七段の打ち上げ風景を公開」
「コメントで皆様のアイデアを募集」

 

この中で特に影響が大きいのが
「カメラが1台増える」
です。

筑波山にはいくつか登山コースがあり、
窪田峰王と中川八段は
それぞれ別のコースを進みました。

カメラが増えることによって、
それぞれの登山の様子が
リアルタイムで放送される

ことになったのです。

2つのコースから登山

番組は9時半にスタート。

天候が心配されましたが、
番組開始時には現地は小雨。

なんとか登山可能な
状態でした。

まず出発したのは中川八段で、
筑波山神社から
「白雲橋コース」
で山頂を目指します。

私が2012年に
訪れたときの写真ですが、
筑波山神社はこんな感じ↓

峰王戦@筑波山

 

登山道の様子↓

峰王戦@筑波山

 

一方の窪田峰王は
バスで「つつじが丘駅」
まで移動した後、
「おたつ石コース」
登っていきます。

今回の番組の最大のポイントは、
登山の様子を生中継した
ということ。

将棊頭山のときには
前日に撮っておいた映像と写真を
紹介するだけだったので、
ここが大きく違います。

でも、撮影した運営の方
カメラを構えながら
登山しないといけないので、
かなり大変でした。

登山中の映像はブレブレで、
撮影者のハアハアという息づかいも
聞こえてきます。

スタジオ解説では
映画「カメラを止めるな!」
のようだと言われていました。

電波状況が悪くて
しょっちゅう映像が途切れていましたが、
臨場感を感じられて
素晴らしい試みだったと思います。

 

登っているうちに
だんだんと雨と風が強まってきて、
他の登山客も
ほとんど見かけない状況。

それでもなんとか
筑波山の女体山の山頂に
たどり着きました。

先に着いた中川八段が
電話出演しているところに
窪田峰王も到着。

無事に合流して、
対局場である
「コマ展望台」
に移動しました。

こちらの場所も
将棋に関係ある名前なのが
いいですね。

 

今回は雨のため山頂では
景色が何も見えませんでした。

もし晴れていれば
景色は素晴らしくて、
女体山の山頂から
となりの男体山の方を見ると
こんな感じ↓

 

「コマ展望台」は
ここから男体山の方に移動する
途中にあります↓

峰王戦@筑波山

 

対局の流れ

午後2時に対局開始。

持ち時間は30分、
切れたら一手30秒です。

ふだんの対局のように
記録はいないので、
対局者みずから一手一手
チェスクロックを押します。

 

振り駒の結果、
中川八段の先手に。

窪田峰王は
角交換をしてから
向かい飛車
に振ります。

中川八段は銀冠から
右銀を8六まで運び、
8七銀との並びが美しく
解説では「銀連峰」
呼ばれていました。

対して窪田峰王も
6筋に位を取って△6四銀と構え、
こちらも山のような立派な形。

熱戦を予感させる序盤戦です。

 

窪田峰王が
5筋から仕掛けて
本格的な戦いに。

中央の戦いは窪田峰王のペースなので、
中川八段は端を攻めて
戦線を拡大。

激しい戦の末に
終盤では中川八段がリードし、
勝利まであと一歩かと思われました。

しかし、そこで窪田峰王は
金銀を次々に自陣に打ち付け、
三段目に上がった玉を
金銀5枚で守って安定させて
「窪田ワールド」を展開。

そして、一瞬のスキを突いて反撃。

中川八段の玉は
まるで山を登るかのように
どんどん上に逃げて、
9一にまで到達。

それでも逃げ切れず、
窪田峰王が寄せきって勝利
となりました。

すごい大熱戦。

去年にも負けない
面白い将棋でした。

これで窪田峰王は
峰王戦2連覇です。

下山後の打ち上げ

打ち上げの様子は
18時ごろから放送が開始され、
19時過ぎまでありました。

場所は筑波駅周辺の居酒屋。

対局後は悪天候のため
ロープウェーで下山してから
バスで移動したとのこと。

打ち上げのメンバーは
両対局者と
運営の方2名の計4人。

ニコ生らしいゆるい雰囲気の中で、
窪田峰王と中川八段の話が
たくさん聞けました。

ニコニコ生放送の
「盤外企画」は
これまでにも色々ありましたが、
こうした打ち上げの放送は初めてで
新鮮でした。

まとめ

「峰王戦@筑波山」は
去年に続いて2回目の企画。

今回も窪田峰王と中川八段による
登山と山頂付近での将棋対局の様子を
楽しめました。

登山の様子をリアルタイムで放送するのは
画期的な試みで、
より臨場感が感じられてよかったです。

こうなると来年は第3回があるのでは
と期待するところですが、
どうなるでしょうか。

楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.