「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の順位戦の降級点、仕組みを図でわかりやすく解説

 
将棋の順位戦の降級点の仕組み
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の順位戦の降級点の仕組み

将棋の順位戦の
降級点の仕組みは
わかりにくいですよね。

そこで図を使って、
できるだけ
わかりやすく解説。

降級するとき、
降級点が付くときと
消せるときの仕組みを
まとめました。

 

順位戦の仕組みについては
こちらの記事も
合わせてどうぞ↓

降級点とは何か

順位戦は
以下のような構造に
なっています↓

将棋の順位戦の仕組み

 

そして、
順位戦の各クラスごとに
リーグ戦が行われます。

その成績によって、
所属するクラスが
1年に一度だけ
変わることがあります。

昇級したり降級したり
する棋士がいるのです。

 

まず昇級については、
各クラスの成績上位者から
毎年決まった人数が昇級
します。

また、降級については、
A級とB級1組からは
毎年下位2人が降級

です。

 

ここまでは
単純なのですが、
話が複雑なのが
B級2組、C級1組、C級2組の
降級の決め方。

これらのクラスでは、
「降級点」という仕組みが
使われています。

この仕組みは
言ってしまえば、
成績が悪かった棋士が
いきなり降級にならないように
作られたものです。

順位戦で下位の成績となっても
すぐに降級とはならず、
代わりに「降級点」が付きます。

この降級点が
決まった点数だけ
たまったときに、
はじめて降級となるのです。

 

B級2組とC級1組では
降級点が「2点」たまると
降級となります。

イメージしやすいように
図で表しました↓

B級2組とC級1組の降級点の仕組み

 

まず降級点を
持っていない状態から
始まって、
成績が悪い年があると
降級点が付いて
「1点」を持ちます。

それだけなら
大丈夫なのですが、
その「1点」を持った状態で
さらに「1点」が付くと降級

となるのです。

 

C級2組の場合は
「3点」がたまると
降級となります。

図にすると
以下の通りです↓

C級2組の降級点の仕組み

 

この場合、
「2点」を持った状態で
さらに「1点」が付くと降級

です。

3点たまるまで
降級しないので、
2点の場合よりも
余裕があります。

 

ただ、C級2組は
順位戦の一番下の
クラスであり、
そこから降級すると
「フリークラス」
となってしまいます。

「フリークラス」に
落ちるというのは、
棋士にとっては
大変なことです。

「フリークラス」に落ちて
10年経つと、
「引退」となって
しまうからです。

 

そうした事情があるため、
C級2組では
降級点が「3点」たまるまでは
降級しないという
余裕を持たせた仕組みと
されているわけです。

降級点が付く仕組み

では、どういう場合に
降級点は付くのでしょうか。

降級点が付く人数は、
順位戦の成績が
各クラスの下位の20%

と決められています。

各クラスの棋士の人数は
変わるので、
降級点が付く人数も
変動します。

例えば人数が24人であれば、
24人×0.2=4.8人で、
人数は切り捨てで計算する
と決まっているため、
降級点が付くのは4人です。

 

このように
各クラスで計算して、
その年の順位戦が
始まる前には、
降級点が付く人数が
決定されます。

第77期順位戦(2018年度)
の人数を
イメージしやすいように
図にするとこうなります↓

順位戦で降級点が付く人数

 

昇級するのが2人か3人と
少ないのに対して、
降級点は多くの棋士に付く
ことがわかります。

毎年誰かに必ず
降級点が付くわけで、
それを逃れようと
厳しい競争になるのです。

降級点を消す仕組み

降級点はたまるだけでなく、
消すこともできます。

降級点を消すには、
以下の3つの方法があります。

方法①昇級したり降級したりする

昇級や降級によって
クラスを移動すれば
降級点は
すべて消えます。

C級2組で降級点が
2点たまっていたとしても、
昇級さえできれば
それまでの降級点は
関係なくなるわけです。

方法②勝ち越す

順位戦で勝ち越せば
降級点を
1つ消すことができます。

B級2組、C級1組、C級2組では
順位戦は1年に10局なので、
6勝4敗以上の成績で
終えることができれば
いいわけです。

方法③2年連続で指し分ける

2年連続で指し分けの
成績であれば

降級点を1つ消せるという
決まりもあります。

指し分けというのは、
全10局であれば
5勝5敗のこと。

2年連続で5勝5敗の成績
になれば、
降級点が1つ消せます。

C級2組の特別ルール

この降級点を消す方法には、
C級2組でだけ
例外があります。

C級2組では、
ひとつ目の降級点は
昇級や降級でしか消せない

のです。

一度でも
降級点を取ってしまうと、
その後でどれだけ勝ち越しても
降級点を持った状態から
抜け出せません。

なぜこんな決まりが
あるのかは
わかりませんが、
厳しいルールですね。

まとめ

順位戦の降級点の
仕組みについて
まとめました。

降級点というは
将棋界の順位戦に
独特なルールなので、
私も最初は
よくわかりませんでした。

ただ、仕組みがわかると
将棋観戦が
もっと面白くなります。

順位戦の降級点争いで、
棋士の必死さが
より伝わってくるのです。

この記事で
降級点について
わかるようになれば、
うれしいです。

 

 

順位戦の仕組みは
こちらの記事も
合わせて読むと、
さらに理解が深まります↓

 

 

他のタイトル戦の
仕組みについては、
こちらをどうぞ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.