ワットプラシーサンペットとワットマハタート~タイ,カンボジア14

アユタヤ遺跡のワットプラシーサンペットと
ワットマハタートを訪れました。

ワットプラシーサンペットと言えば、
アユタヤ遺跡を代表する景色である3つの仏塔。

そしてワットマハタートには
有名な「木の根で覆われた仏頭」があります。

この2つの遺跡はとても近くにあるので、
楽な移動でどちらも楽しめました。

ワットプラシーサンペット

象乗り体験を終えて次にやってきたのが、
「ワットプラシーサンペット」。

冒頭の写真が、
アユタヤを代表する有名な景色である
3つの塔です。

この3つの塔のように
ブッタの遺骨を納めた大きな塔や
仏教信仰のために建てられた塔のことを
「チェディ(仏塔)」と呼びます。

色々な様式があるのですが、
この3つのチェディは「スリランカ様式」

仏塔の先端が鋭く尖っており、
釣鐘のような形になっているのが特徴です。

この塔は美しいままの姿で現在まで残っているのですが、
そのすぐ横には廃墟が広がっています↓

廃墟の部分と3つの塔を
同時に撮った写真がこちら↓

全盛期にはもっと色々な建物や仏像が
3つの塔の周りにあったのですが、
1767年にビルマ軍の侵攻によって
破壊されてしまいました。

こちらの展示では、
破壊される前の姿が再現されていました↓

3つの塔と同じぐらいの高さがある
大きな建物がたくさん並んでおり、
巨大な寺院であったことがわかります。

ノラ犬がたくさん

アユタヤ遺跡で驚いたのが、
ノラ犬が多いこと。

色々な場所でノラ犬を見かけました。

でも、元気に活動している犬はほぼ見かけず、
どの犬もこんなふうに、ぐでーんと寝ていました↓

暑い日だったのでみんな日陰にいて、
地面に少し穴を掘って
ひんやりした地面に腹をつけ、
涼んでいる犬も多かったです。

犬は通りかかる人にも無関心なので、
基本的に無害でした。

ただノラ犬なので、
いざ何かのときに人を噛んだりしたら、
狂犬病とかが怖いです。

寝ているのを起こさないように、
なるべく近づかないようにしつつ
そっと歩いて通り過ぎました。

ワットマハタート

ワットプラシーサンペットから
車でわずか5分ほどで
ワットマハタートに到着です。

ちなみに名前の最初に付いている
「ワット」というのはタイ語で
「寺院」を表す言葉

「ワット○○」というのは、
日本語でいえば「○○寺」という意味です。

さて、ワットマハタートを訪れてみると、
「とにかくむちゃくちゃに破壊されている」
という印象を持ちました。

まず、こちらの展示で
破壊される前の姿を確認しておきましょう↓

このように、建設された14世紀の当時には
立派な寺院だった様子。

中央には高さ44mの黄金の塔
そびえていたらしいのですが、
その今の姿がこちら↓

中央の塔の上部は破壊されて
なくなってしまっています。

破壊をまぬがれた周りにある小さな塔も
見るからに傾いてしまっているありさま↓

ワットマハタートは当時の人々の信仰の中心だったため、
侵略者たちの手によって
他の寺院と比べても徹底的に壊されてしまったようです。

ちなみにワットマハタートのチェディは、
「クメール様式」というもの。

仏塔の先端が丸みを帯びており、
トウモロコシのような形になっているが特徴です。

木の根で覆われた仏頭

侵略者はチェディだけでなく、
仏像も破壊したり盗んだりしていきました。

例えばこちらの写真↓

少しわかりにくいかもしれませんが、
中央の仏像はあぐらをかいた足の他は
なくなってしまっています。

周りには頭の部分がない仏像も多数。

無事に見える仏像もありますが、
これは復元されたもので、
元は他と同じように壊されていたそうです。

こんな無残な姿にされてしまった仏像たちですが、
破壊されたおかげでできた人気スポットがあります。

それがこちらの木の根で覆われた仏頭

破壊されて落ちた仏像の頭部を
覆うように木の根が育った結果、
根の間から仏像が顔をのぞかせている
神秘的な光景が自然に生み出されました。

観光ガイドブックなどを見ると、
この仏頭の写真は必ず使われています。

建物や仏像が破壊され尽くした
ワットマハタートですが、
この仏頭を見るために多くの観光客が訪れます。

そして、木の根で覆われた仏頭と
記念撮影をするときには
忘れてはいけないルールがあります。

自分の頭が仏像の頭より
高い位置にならないようにする必要がある
のです。

これは仏像に敬意を示すため。

この仏頭はかなり低い位置にあるため
立っていたのではこのルールは守れないので、
座って記念撮影をすることになります。

仏頭の周りはロープで囲まれており、
こんな風になっています↓

仏頭の前には撮影スペースの板があるので、
この上に座ればルールを守れます

私も含めて多くの人がここに座って
写真を撮っていました。

仏頭だけでなくそれを覆っている木も
根が何重にもからまり合っていて立派ですね。

ワットマハタートの見学を終え、
次はワットヤイチャイモンコンを目指しました。


タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓

将棋マッチ


       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告