王宮内のワットプラケオの見どころを紹介~タイ,カンボジア20

王宮内にあるワットプラケオの
見どころを紹介します。

エメラルド仏が安置された本堂の他にも
仏塔や経堂など豪華な建造物がたくさんあり、
周りを囲む回廊の壁画も見事。

バンコクで観光するなら、
ワットプラケオは外せないスポットです。

ワットプラケオへ移動

ワットアルンの見学を終えて
対岸に戻ってきた私は、
3大寺院の最後のひとつである
ワットプラケオへ向かいました。

船着き場から歩いて行ったのですが、
想像以上に時間がかかりました。

ワットプラケオは王宮の中にあり、
その王宮は地図上で見ると
船着き場のすぐ近くにあるのですが、
入り口が船着き場とは反対側にあるのです。

王宮の敷地はとても大きいので、
城壁の外側をぐるりと回り込むと
けっこう距離があります。

こういう白い壁がずーっと続いているので、
壁に沿って歩いていくしかありません↓

途中の歩道には王家の方の写真が
飾られていました↓

王宮の近くに限らず、
タイ国内ではいたるところに
王家の人物の写真がかざってあって、
王家が人々の尊敬を集めていることがうかがえました。

旅行の荷物をすべて背負っているので疲れたのですが、
船着き場から歩くこと約15分。

ようやく一般の人向けの入り口まで来ました↓

大型バスで近くまで乗り付けたと思われる
観光客のグループが、
王宮の中へと吸い込まれていきます。

ワットプラケオでは、
ワットポーやワットプラケオと比べて
団体客がとても多いことに気が付きました。

団体ツアーの場合は3大寺院を全部回ると
時間がかかってしまうので、
一番大きいワットプラケオだけに訪れる場合が
多いのかもしれません。

王宮では入り口と出口ははっきり分けられていて、
それぞれ別の門なので注意しましょう。

王宮に入るのは無料ですが、
王宮の中にあるワットプラケオに入るには
入場料がかかります。

入場料は500バーツ(約1700円)で、
他の寺院に比べて圧倒的に高額です。

ワットアルンは50バーツ、
ワットポーは100バーツだったので、
あまりの高さに驚きました。

また、ワットプラケオの入場券の販売は
午後3時半まで
で、
閉まる時間がとても早いことにも注意が必要です。

入り口付近の3つの見どころ

高い入場料を払って入ったワットプラケオですが、
敷地内は驚くほど豪華。

入場料の高さにも、たちまち納得しました。

こちらの3つの建物が、
いっぺんに目の前に現れてびっくり↓

それぞれが豪華で大きな建物。

まず写真の一番奥にある
赤い屋根に黄緑色のとうもろこしみたいなものが
付いている建物は「王室専用の御堂」。

中にはラマ1世からラマ8世までの歴代国王の像を
安置しています。

一番手前にある金色に輝く塔は
「仏舎利を納める仏塔」↓

ラマ4世がアユタヤにある
ワットプラシーサンペットをマネして建てたもので、
内部に釈迦の遺骨である仏舎利が納められています。

ワットプラシーサンペットについては
こちらの記事に詳しく書きました↓

そして、金色に輝く塔の隣にある
尖った屋根の建物は「経堂」↓

「トリビカタ(金の法典)」と呼ばれる
経典を納めている書庫です。

「経堂」は金箔と色ガラスのモザイクで
装飾されていて、キラキラ輝いてド派手。

この3つの建物だけでも見応え十分ですが、
ワットプラケオの中には他にも見どころが
てんこ盛りです。

全部は紹介しきれませんが、
いくつかピックアップして見てみます。

ワットプラケオの内部

こちらの像はヤックとモック↓

ワットアルンの山門でも見かけましたが、
ここでも門を守っているようです。

門の両側にはワットプラケオをぐるりと取り囲むように
回廊がのびているのですが、
そこには見事な壁画が描かれています↓

描かれているのは、
インドの叙事詩をタイ風にアレンジした
「ラーマーキエン」という神話で、
壁に沿って物語の流れがあります。

ハデな建造物がたくさんあるワットプラケオですが、
周囲の回廊にまでこんなすごい壁画があって、
どんだけ豪華なんだという感じです。

ちなみに、ワットポーにもあった給水所が
ワットプラケオの中にもありました↓

まあ、これだけ見どころが多ければ、
歩き回っているうちにのども渇きますよね。

なぜか、アンコールワットの模型もあります↓

アンコールワットに感銘を受けたラマ4世が
作らせたものだそうです。

私はこの日の翌日にはアンコールワットを
訪れる予定でしたので、
模型を興味深く観察しました。

このあたりの場所で、思わぬ人と会いました。

前日のオプショナルツアーで一緒だった人と、
偶然再開したのです。

やはりバンコクを観光するなら
ワットプラケオは誰でも訪れるので、
こんなことも起こります。

こちらの仏塔はワットプラケオの中で
最も古い建造物で、
写真には写っていませんがもう1基あって
2つで1組です↓

ラマ1世が両親に捧げるために
建造したと言われています。

台座をヤックとモックが支えているのが目を引きますね。

こちらはとうもろこし型の美しい仏塔↓

東側の壁に沿って、同じ形の塔が8つも並んでいます。

そして、こちらが本堂↓

カラフルで豪華な造りです。

内部には翡翠(ひすい)で作られた
緑色の「エメラルド仏」が安置されています。

内部は撮影不可なので写真はありません。

本堂内部には靴を脱いで入るのですが、
タイ国民だけがエメラルド仏により近づけるように
前方のスペースが確保されていました。

多くの人が祈りを捧げていて、
信仰のうえでも特別な場所であることが感じられました。

ワットプラケオ博物館

有料ゾーンであるワットプラケオの外に出て、
王宮の出口付近には
「ワットプラケオ博物館」があります↓

こちらは入場無料

外には展示品だと思われる昔の大砲が
たくさん置かれていました↓

王宮で使われていた食器などの小物や
王宮全体のミニチュアなど
多彩な展示物を見ることができます。

2階分の展示スペースがあって、
ボリューム満点です。

ただ、説明がタイ語かせいぜい英語があるぐらいで
日本語はないので、
展示物の詳細を理解するのは難しい
です。

まあ無料なので、ちょっとのぞいてみるといいと思います。

王宮内のワットプラケオを紹介しました。

たくさんの見どころが狭い敷地にぎゅっと詰まっていて、
短時間で色々なものを楽しむことができます。

バンコクを観光する際には、ぜひ訪れましょう。

タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓



       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告