「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

腕時計の電池交換、時計屋での電子マネー払いで大変なことに

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

腕時計の電池交換って、
どこでやってもらうのがいいのか
迷いますよね。

私は今日、
近所にある昔ながらの町の時計屋さんで
電池交換をしてもらったのですが、
面白い体験をしました。

要点としてお伝えしたいのは以下の2点です。

1.
腕時計の電池の種類は色々。
値段だけ見て交換する場所を
決めてはいけない。
2.
電子マネーに慣れていないお店には注意!
支払い情報の反映にかかる時間のせいで、
二重払いしてしまうことも。

■腕時計の電池交換の選択肢

腕時計の電池交換は
色々なお店でできます。

・家電量販店
・ホームセンター
・メーカーの直販店舗
・色々なブランドを扱う時計屋
・時計を扱う修理店

などなど。

どこでやってもらうのがいいのか、
難しいところですが、
どこに頼むにせよ
自分が電池交換に何を求めるのかを
きちんと考えるこ
とが大切です。

お金や時間がかかるところでは、
それ相応の品質とサービスが
受けられますし、
安いところではそれ相応です。

 

私は1年半ほど前に
色々なものを修理する
お店でやってもらったのですが、
たしか600円という
格安なお値段でした。

ただ、そのときの電池は
1年ほどしか持ちませんでした。

時計を買ったときに入っていた電池は
そのまま3年ほど持ったので、
ずいぶんと違います。

やはり、安いところで交換してもらうと
電池の品質もそれなりに低いため、
またすぐに電池切れに
なってしまうようです。

 

さすが、多様な電池交換の手段が
存在しているというのは
それなりに意味があるんだなと感じました。

それぞれの場所に
長所と短所があります。

自分に合った
交換の方法を選ぶのが大事ですね。

■小さな町の時計屋さん

さて、今回。

わずか1年ほどで切れてしまった電池を、
また交換しないといけません。

そこでネットで調べてみると、
歩いて行ける距離に
時計屋さんがあることが判明。

そこに行ってみることに。

 

そのお店は駅から少し離れたところ、
さびれたお店が
ポツポツと並ぶ一角にありました。
昔からこの町でやっているという感じの
たたずまい。

「腕時計電池交換」
「SEIKO ◯◯電池使用」

という「のぼり」が立っていたので、
そもそも電池交換のサービスを
やっているのだろうかという
私の不安を取り除いてくれました。
電池の種類を明示しているところも
好印象です。

 

店に入ると
いかにも「町の時計屋」らしい
雰囲気の店主が一人で店番中。

おじいちゃんと言ってよさそうな年齢で、
基本的に無口。

「腕時計の電池交換をしてほしいんですけど」
と言って持参した時計を渡すと、
何も言わず
すぐに作業に取り掛かり始めました。

値段がいくらだとか、
時間はどれぐらいかかるとか
教えてほしいんだけどな…。

 

まあでもこの様子なら
すぐに終わるのであろう、
と見当をつけて
立ったまま待っている間、
お店の中を見回します。

年季の入ったショーケースの中に、
腕時計はもちろん、
金やダイヤモンドなどの
宝飾品がキラキラ。

こういうの、ここで買う人は
いるんだろうか…
などと考えてしまいます。

 

そして店内に張り紙を発見!

腕時計電池交換
800円
1日と15日

すぐに日付を確認すると、
今日はドンピシャの15日。

どうやら800円で
やってもらえそう。

 

でも、たまたま15日だったからよかったものの、
他の日だったらどうなっていたんだろう…。

この点は後に店主に聞いてみて、
それ以外の日だと1500円であることが判明。

毎月1日と15日だけ
サービスで安くしているらしい。

ラッキーでした。

■各種電子マネー対応

店内を見回していて、
もうひとつ気付いたことが。

このお店、色々な電子マネーが使える!

近ごろはレジのところなどに
対応している支払い方法のマークを
表示しているお店が多いですが、
それがこのお店にもあったのです。

しかも、Suicaやnanacoなど、
有名どころにはほとんど対応。

なぜ、町の時計屋さんがここまで…?

 

それはともかく、
自分はなるべく現金を使わない方針で
日々暮らしているので、
これはありがたい。

電池交換自体はほんの5分ほどで終わり、
せっかくなので支払いは電子マネーの
「楽天Edy」を試してみることに。

 

 

…そしてこの選択が、
騒動のはじまりとなってしまいました。

 

 

見たところ、
店内にカードの読取機などは置いていません。

どうするのかと見ていると、
店主はカウンターの下から
おもむろに小型の読取機を取り出しました。

そして意外にもスムーズに
スマホを操作すると、
読取機が支払い可能な状態に。

これにカードをかざすと
聞き慣れた「シャリーン」という音がして、
支払い完了。

 

その後店主は
「レシートを出すね」と言って、
別の小さな機器を取り出しましたが、
こちらは使い方がよくわからないのか、
レシートを印刷できず。

じゃあ領収書を書こうかと
提案してもらいましたが、
それをもらっても自分には意味がないので、
「不要です」と言って店を出ました。

 

これで話が終わっていれば
よかったのですが…。

 

■店に戻ったことで一騒動

お店を出てから腕時計をはめて、
きちんと動くようになったことに満足。

と、ここで、
腕時計についでに見てもらいたい
不具合箇所があったのを思い出し、
店に戻りました。

 

そこで、
店主から思わぬ言葉を
かけられることになります。

「さっきの支払いは
うまくできてなかったみたいだから、
もう一度支払ってほしい」と。

店主のパソコンに、
支払いの情報が残っていない
と言うのです。

 

 

オイオイ。

 

 

それは自分がたまたま戻ってきたから
よかったものの、
そうでなければどうなっていたのか。

それに、さっきちゃんと
「シャリーン」と音がしていたから
大丈夫だと思いますよ。

そういうことを言ったものの
確信は持てないので、
改めてもう一度、
読取機を準備して支払い。

 

支払い後のEdyの残高を見たものの、
支払い前の残高を
正確に把握しているわけではないので、
最初の精算がうまくいったのかを確認できず。

コンビニのレシートに
最新のEdy残高が記載されているはずなのですが、
ちょうどレシートを整理して
捨てた直後だった
のが痛かった。

二度目の支払いが終わった後、
店主のパソコンにも
支払い記録が表示された様子。

そこで私は、
「支払い時刻はいつになってます?」と
聞いてみました。

確認した店主が告げたのは、
今から15分ほど前の時刻。

 

 

「それって、今の支払いじゃなくて、
さっきの分ですよね」

と、思わずツッコミ。

 

 

その時刻を聞いて、
どうやら支払いがパソコンに反映されるまでに
15分程度かかるようだと、
推測ができました。

そこで、店主に
自分の電話番号と名前を書いて渡し、
「少し時間が経てば、
2回分の支払いが
両方確認できるようになるかもしれません。
そのときは、電話してください」
と伝えました。

店主も
「そのときは返金します」
と応じてくれたので、
私はいったん自宅に帰ることに。

 

ちなみに、気になっていた
腕時計の不具合箇所は、
店主がサービスで
ささっと直してくれました。

■そして返金へ

自宅に戻って、
まずは最近のコンビニのレシートを
ゴミ箱から拾います。

今日の支払い前の
Edy残高を確認するためです。

するとEdy残高は
そこから1600円分減っており、
やはり2重支払いをしていたことが判明。

 

これは連絡が来そうだと待っていると、
間を置かずにスマホに電話あり。

「やはり2回分払ってもらって
しまっていたようですので、
返金します」
とのこと。

そこで私はまた
てくてくと時計店に歩いて戻りました。

 

店主は約束どおり
「すみませんねぇ」と言いながら
返金をしてくれました。

500円玉1枚と100円玉3枚です。

ようやく一件落着となり、
私も「お互い勉強になりましたね」と言って、
時計屋さんを後にしました。

ただ腕時計の電池交換をしただけなのですが、
なかなか面白い体験になりました。

 

 

ということで、
今回学んだことは以下の2点。

1.
時計屋さんがわざわざ店先の「のぼり」で
アピールしているぐらいだから、
電池の種類はやっぱり大事なんだな。
2.
昔ながらの小さいお店が
電子マネーに対応しても、
使う人は少ないんだろうな。
お店の人も慣れていないから注意しないと。

今回は近所で少額の支払いだからよかったものの、
こうしたことが旅先で大金を使ったときに起きたら
対処が大変だったに違いありません。

私の体験が
みなさんの参考になればと思います。

 

 

ともあれ、
無事に電池交換を済ませられてよかった。

今回交換してもらった電池は
どれぐらい長持ちするのか、
楽しみです。

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.