梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

「億を稼ぐ積み上げ力」の書評・感想~行動を継続する極意~

 
「億を稼ぐ積み上げ力」の書評・感想
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

「億を稼ぐ積み上げ力」の書評・感想

「億を稼ぐ積み上げ力」
という本を読みました。

この本はタイトルに
「億を稼ぐ」と付いていますが、
お金儲けのやり方の話は
ほとんど書いていません。

本書のテーマは
「積み上げ力」
という言葉のほうです。

 

本書をオススメしたいのは
「成功のためには
行動や努力が大事だということは
わかってはいるのだけれど、
思うように行動できなくて困っている」
という人。

そんな人は
行動を継続する極意
を学ぶことができるので有益です。

逆に本書を読んでガッカリするのは
「ラクに稼げる方法を知りたい」
という人です。

「億を稼ぐ積み上げ力」と著者のマナブさん

「億を稼ぐ積み上げ力」
はこちらの本です↓

 

著者はマナブさん。

ブログとYouTubeを中心に活動していて、
個人で年間1億円以上を稼いでいる
すごい人です。

多くのフォロワーを抱える
インフルエンサーでもあります。

私自身、
マナブさんのTwitterやYouTubeで
毎日学ばせてもらっていますし、
YouTubeでは有料のメンバーシップ
にも加入しています。

 

「億を稼ぐ積み上げ力」は、
マナブさんにとって最初の著書

マナブさんが
日々の発信活動で伝えていることを
改めてまとめた本と言えます。

なので、
普段からマナブさんをフォローしている
私のような人からすると、
聞いたことのない新しい情報は少ないです。

マナブさんの情報発信に
触れたことのない人の方が、
本書を読んで得るものは多いでしょう。

「朝起きたら、何があっても、絶対に○○をする」

「億を稼ぐ積み上げ力」で
マナブさんが何をイチバン伝えたいのかは、
誰が読んでもすぐにわかるはずです。

なぜなら、
本書の最初と最後の2回、
大きな太字でそのメッセージが
強調されているから。

 

そのイチバン伝えたいこととは、

「朝起きたら、
何があっても、
絶対に○○をする」

です。

 

マナブさんいわく、
人生を変えるには
これだけでじゅうぶんだそう。

実際、これを実践することで
マナブさんは人生を変えており、
そのストーリーが本書では語られています。

行動の習慣化が大事だと
強調する本は多いですが、
本書はすべて
マナブさんの実体験を元に語られているため
説得力が強いです。

また、マナブさんの失敗談や
苦労した話が多く盛り込まれているので、
すごい実績がある人が書いた本だと感じさせず、
自分自身が体験したことのように
本の内容がスッと入ってきます。

努力を継続した先にあるのは絶望

努力を継続することについて、
私が衝撃を受けた箇所があるので引用します。

努力を継続すると、
その先には希望が待っています…
と書きたいところですが、
残念ながら、
そうではありません。

努力を継続した先に待っているもの、
それは「絶望」です。

継続しても、
そう簡単に成果は上がらないのです。

(中略)

絶望したからといって、
努力を中断するわけにはいきません。

メンタルが落ちた時でも、
やるべきことを続けるには、
コツがあります。

それは「才能の無さ」を自覚することです。

 

この文だけでも、
マナブさんの世界観が
だいぶ伝わると思います。

サラッと書いてありますが、
読めば読むほどキツい話です。

がんばって努力しても、
その先にあるのは絶望。

しかも、
その努力を続けるためには
「才能の無さ」を
自覚しなければいけないという、
苦しいスタンスです。

 

はじめからこういう姿勢でいるからこそ、
望む結果がなかなか得られなくても
コツコツ努力を続けられる。

これがマナブさん流の
行動を継続する極意
なんですね。

「楽して稼ぎたい人は、この本を読まないでください。」

「億を稼ぐ積み上げ力」
の最初のページには、
思わずつづきを読みたくなる
こんな言葉が書いてあります。

「楽して稼ぎたい人は、
この本を
読まないでください。」

 

この一言は
読者の注意を引くという
効果を狙っていると思われますが、
それだけでなく
マナブさんの本心でもあるでしょう。

この本を最後まで読んでも、
「楽して稼ぐ方法」は
どこにも出てきません。

ひたすら「地道な行動をつづけましょう」
という話題ばかりです。

 

マナブさんがこうした一言を
冒頭に入れているにもかかわらず、
「楽して稼ぎたい」という思いから
本書を読む人は一定数いることが予想できます。

なぜならば、
本のタイトルに「億を稼ぐ」
という言葉が入っているから。

この言葉に引き寄せられて
「億を稼ぐ積み上げ力」
を買う人はいるはず。

そうした人が求めているのは
1億円を稼ぐための具体的なノウハウです。

お金を稼ぎたい人が本書を読んでも、
期待した内容が載っていなくて
ガッカリすることは目に見えています。

「億を稼ぐ積み上げ力」のタイトルの裏話

なぜタイトルが
「億を稼ぐ積み上げ力」
となったのか、
その裏話が本書の中で明かされています。

最初、仮タイトルは単に
「積み上げ力」だったのに、
編集者さんが
「億を稼ぐ」という言葉を
勝手に追加したそうなのです。

 

たしかに「億を稼ぐ積み上げ力」の方が
インパクトがあるし注意を引けるので、
編集者さんはさすがのセンスだと思います。

その一方で、
タイトルと中身のギャップ
にとまどう人は多くなりそう。

マナブさんとしても
それが予想できたからこそ、
「楽して稼ぎたい人は、
この本を読まないでください。」
と最初に書いたのでしょうね。

まとめ

・「億を稼ぐ積み上げ力」はマナブさんの初の著書
・努力をつづけられない人にオススメ
・行動を継続する極意を学ぶことができる
・お金を稼ぐノウハウは書いていないので注意

 

私はマナブさんの発信から
本書にある
「朝起きたら、
何があっても、
絶対に○○をする」
ということの大切さを学びました。

アタマでわかっただけでは
意味がないので、
「毎日、音声配信をする」
ということを私は実践しています。

「努力を継続したいけれど、できない…」
という悩みのある人に、
「億を稼ぐ積み上げ力」はオススメです!

 

私の「積み上げ」である
音声配信については、
こちらの記事に詳しく書いています↓

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験と学びを
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

感想がどんどん届いており、
「読みやすくてためになる」
「この書籍に出会えてよかった!」
など、大好評です。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.