梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

詰将棋の本の活用法3ステップ~短手数、正解を見る、繰り返す~

 
詰将棋の本の活用法
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

詰将棋の本の活用法

詰将棋は将棋の上達に
すごく役立ちます。

でももしかしたら、
詰将棋が嫌いだったり、
苦手意識を持っている人も
いるかもしれません。

その気持ちはよくわかります。

なぜなら、
私も昔は詰将棋が苦手だったからです。

詰将棋をやらなきゃと思いつつも、
詰将棋から逃げてばかりいました。

 

そんな私も、
なんとか詰将棋をできるようになりたいと
いろいろ工夫を重ねたことで、
苦しまずに詰将棋ができるように
なっていきました。

いまでは四段の棋力があります。

今回、そんな私が編み出した
「詰将棋が苦手な人のための
詰将棋の本の活用法3ステップ」

をお伝えします。

 

3ステップは以下の通りです。

①1手詰か3手詰の本を買う
②わからなかったら正解を見る
③一冊の詰将棋の本を繰り返し解く

 

この記事を読めば、
詰将棋が嫌いな人も
苦しまずに詰将棋ができるようにはるはず。

それによって終盤力が鍛えられて、
将棋で勝てるようになるでしょう。

ステップ①1手詰か3手詰の本を買う

最初のステップは、
1手詰か3手詰の本を買う
です。

 

私もかつてそうだったので
わかるのですが、
詰将棋が嫌いな人は意外と
手数の長い詰将棋をやりがちです。

詰将棋が苦手なのであれば、
5手詰や7手詰をやる必要はありません。

まずは1手詰か3手詰の本を買いましょう。

多くの人にオススメなのは1手詰。

どうしても1手詰がイヤな人は
3手詰にしておきましょう。

 

どの本にしようか迷うなら、
ハンドブックシリーズを買っておけば
間違いありません。

シンプルでありながら、
将棋の上達にとても役立つ問題が
そろっています↓

 

なぜ詰将棋が苦手な人が
5手詰以上の詰将棋を
やりたがるかというと、
終盤力を鍛えたい
という気持ちが強いからです。

なぜ嫌いな詰将棋を
あえてやろうとするかといえば、
終盤力を鍛えるため。

そして、せっかく鍛えるなら
難しめの問題に取り組むことで
高い負荷をかけて、
一気に終盤力を伸ばそうという
作戦なわけです。

 

しかし、
この作戦はたいてい失敗します

難しい詰将棋はなかなか解けないので
イライラしてきて、
ますます詰将棋が嫌いになってしまうからです。

すると、やがて詰将棋をやらなくなって、
終盤力は鍛えられないまま。

昔の私がまさにこのパターンでした。

 

この失敗のパターンに
ハマらないようにするためには、
1手詰か3手詰の本を選ぶことです。

これならわりとスラスラ解けるので、
詰将棋を嫌いになりません。

むしろ、どんどん解ければ
詰将棋が楽しくなってきます

そして、1手詰や3手詰でも、
じゅうぶんに終盤力を鍛える効果があります。

そもそも、
超手数の詰将棋のほうが終盤力を鍛えられる
というわけではないのです。

 

スラスラ解けることで楽しくなって、
詰将棋に取り組む時間が増えて、
終盤力が向上する。

このいい流れを作るために、
詰将棋の本は1手詰か3手詰のものを
買いましょう。

ステップ②わからなかったら正解を見る

2つ目のステップは、
わからなかったら正解を見る
です。

 

詰将棋を解くときには、
ある問題をしばらく考えて解けなかったら
さっさと正解を見たほうがいいです。

意地になって考えつづけても
いいことはありません。

 

なぜなら、
解けない問題をずっと考えていると
ストレスがたまってくるから。

ストレスがたまれば、
詰将棋がますます嫌いになって、
詰将棋をやらなくなってしまいます

すると終盤力が上がらないままになるので、
それはなんとしても
避けなければいけません。

だから、詰将棋を嫌いにならないために
さっさと答えを見た方がいいのです。

 

実は私も、
わからない問題をウンウンうなって考えつづけ、
結局解けなくてイヤになったという経験が
何度もあります。

いま思えば、
バカなことをしていたなと思います。

 

 

詰将棋を解く最大の効果は
「詰みのパターンを覚える」
ところにあります。

こういう形になれば詰むという
パターンを覚えて実戦で使うことで、
終盤が強くなるのです。

 

そして、1手詰や3手詰の詰将棋が
解けないということは、
自分がまだ知らないパータンが
出題されている
ということ。

だから、解けないのは
仕方がないと言えます。

その場合は、
答えを見ることでそのパターンを知って、
覚えていきましょう。

 

詰みのパターンというのは
山のようにたくさんあります。

ひとつを覚えるのに
やたらと時間をかけていては、
効率が悪いです。

解けない問題はすぐに答えを見て、
次の問題にとりかかる。

これによって、
多くの詰みのパターンに触れる方が
終盤力は鍛えられる
のです。

ステップ③一冊の詰将棋の本を繰り返し解く

最後のステップは、
一冊の詰将棋の本を繰り返し解く
です。

 

詰将棋の本は
ひと通り読んで終わりというわけではありません。

むしろ1回読み終えてからが本番で、
その後に何回も解くのが大事です。

 

さきほど詰将棋の最大の効果は
詰みのパターンを覚えることにあると
お伝えしましたが、
問題に1回触れただけでは
なかなか覚えることはできません

初めて見るパターンを自分のものにして
実戦で使えるところまでもっていくには、
2回3回と繰り返しそのパターンに
触れる必要があるのです。

だから、詰将棋の本は
1回読むだけにしてはもったいないです。

何回も解きましょう。

 

 

詰将棋を解くときにオススメなのが、
解けなかった問題に印をつけておく
ことです。

すると、2回目を解いていったときにも
同じ問題で苦戦することに気づくはず。

その問題で使われている詰みのパターンが
まだ自分のものになっていないということです。

3回目を解いていっても、
まだ解けない問題もあるかもしれません。

そうして何回も繰り返して、
全部の問題がスラスラ解けるようになるのが
ゴールです

そこまでいったら、
もうその詰将棋の本は卒業でいいでしょう。

 

逆に言えば、
全部がスラスラ解けるようになるまでは、
一冊の詰将棋の本を
徹底的に解いたほうがいいです。

5手詰以上の手数に挑戦するのは、
その後にしておきましょう。

 

わからなかったら答えを見ようと言ったのは、
この繰り返しの時間を作るためでもあります。

じっくり考えながら時間をかけて
詰将棋の本を1回だけ解くよりも、
さっさと答えを見ながら
同じ本を2回解いた方が
将棋の上達には効果的です。

この意識はぜひ持っておいてください。

まとめ

詰将棋の本の活用法3ステップ
①1手詰か3手詰の本を買う
②わからなかったら正解を見る
③一冊の詰将棋の本を繰り返し解く

 

詰将棋が苦手だった私が、
同じような思いを持っている人向けに
詰将棋の本の活用法をお伝えしました。

この活用法を実践すれば、
詰将棋を嫌いにならずに
終盤力が鍛えられて、
将棋で勝てるようになるはずです。

ぜひ試してみてください。

 

 

詰将棋については
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験を
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

この本を読めば、

・決断力が上がる
・周囲の人から信頼される
・スキルアップして年収が上がる
→人生が変わる!

誰でもこうした成果を期待できます。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「失敗しない思考法」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.