「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

3手詰を逃して負けた経験と詰将棋の解き方の3つの工夫

 
詰将棋の解き方の3つの工夫
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

詰将棋の解き方の3つの工夫

私には3手詰を逃して負けた
経験があります。

詰将棋として出題されれば
簡単な詰みを、
実戦では詰ませられなかったのです。

そこで
「このままではマズイ」
と対策に迫られた私は、
詰将棋の解き方を独自に考え、
3つの工夫をしました。

すると、
詰みを逃さなくなる効果を
得ることができました。

私の経験とその工夫を
紹介します。

3手詰めを逃して負けた思い出

私が大学生のときのこと。

将棋部内での真剣勝負で、
当時ライバル視していた
1学年下の後輩と対局しました。

お互いに全力をぶつけ、
将棋は大熱戦。

周りには対局を終えた
他の部員が集まってきて、
勝負を観戦。

終盤で相手の玉の囲いを攻略して
玉が上部に脱出してくる展開で、
私に勝ちがありそうでした

しかし、
私は相手玉を追い回しましたが
ギリギリでつかまりません。

王手が途切れたところで
逆に自玉を詰まされて、
負てしまいました。

 

ところが私が投了した後、
周りの部員から
「詰んでいたよ」
と指摘されたのです。

私はとっさには何のことか
わかりませんでした。

よく聞いてみると、
後輩の玉に詰みがあったのに、
それを私が逃したというのです。

「ええ!ウソ!」
と驚きつつ、
ともかくその局面に戻して
検討してみます。

そうして改めて
その局面を見てみると、
たしかに詰みがあります。

しかも、3手詰です。

難しい詰みならともかく、
あとたったの3手。

 

対戦相手の後輩も
その詰みには気付いていたらしく、
「あと一手指されたら
投了しようと思っていた」

と言うではありませんか。

詰んでいることに気付いているなら
すぐに投了してくれよ、
と私は思いましたが、
仕方がありません。

本来なら勝っていた
将棋を負けたわけで、
このときは
ものすごく悔しい思いをしました。

それに3手詰を詰ませられないなんて、
恥ずかしかったです。

もう将棋なんかやめてしまおうか、
と思ったほどです。

詰将棋として出題されれば解ける

そのときの悔しさはすさまじくて、
絶対に同じことは繰り返さないと
心に誓いました。

ではどう対策しようか。

そのときに逃した3手詰というのは、
詰将棋の問題として出されれば
確実に解ける
ものでした。

同時の私は二段ぐらいの
実力はあったので、
たいていの3手詰は
ひと目で解けます。

ただ、
このときの経験で
身にしみてわかったのは、
詰将棋を解くことと
実戦で詰ますのは別物

だということです。

 

詰将棋の場合には、
絶対に詰むことはわかっていますし、
多くの場合には手数もわかっています。

だから、玉を詰ますことだけ
考えていればいいので、
詰ましやすいのです。

でも、実戦ではそうはいきません。

相手玉に詰みがあるのかわからないので、
詰みを探しつつも、
詰まなかったときのことも
考えないといけません

攻めだけではなくて
受けのことも考える必要があります。

 

それに、
実戦は詰将棋よりも
駒の数が多くて複雑。

詰ますときには
色々な手筋がありますが、
実戦では駒が入り乱れているので、
その手筋が思い浮かびにくくなります。

こういった状況の実戦で詰ますのは、
詰将棋の問題を解くことよりも
はるかに難しい
のです。

詰将棋の解き方の3つの工夫

今回のように
3手詰を逃すようなことがないようにするには
どんな勉強をすればいいのかと、
当時の私は悩みました。

はじめは実戦の対局を繰り返す中で
詰ます練習をしようかと考えました。

しかし、
詰みがあるのは
一局の最後の方だけです。

これでは詰みの力を鍛えるための
練習としては、
かけた時間のわりに効率が悪すぎます。

 

効率よく詰みの力を鍛えるには、
やはり詰将棋を使うしか
思いつきません。

そこで、
詰将棋を解くにしても、
今までとは違う
工夫をすることにしました。

それが以下の3つです。

①一手前の局面を想像

まず、
問題の局面の一手前の局面を想像する
という工夫。

詰将棋の問題を見たときに、
この直前には何が指されたのかを
考えてみます。

例えば、
「この玉は銀で王手をされて、
ここに逃げてきたところかな」
などと想像するのです。

すると、
詰将棋の問題が
実戦の流れの中でできた局面
のように見えてきます。

②駒がそこにある理由を想像

さらに、
駒がそこにある理由を想像する
という工夫もしました。

例えば、
詰将棋の問題の中に
攻め駒の馬があったとします。

そうしたら、
「あの馬はもともとここにいて、
そこから引いて来たんだろうな」
などと想像するのです。

端以外の場所に
守りの香車が置いてあったら、
「この香車は飛車で王手をされて
合駒として打ったのかな」
などと考えます。

 

すると、
実戦で自分が玉を追い詰めた
ような気分になってきます。

その玉をここまで追い詰めたという
イメージを持って、
そこからの詰みを考えられるのです。

③詰みを逃した自分を想像

さらには、
その局面で詰みを逃して負けた自分を想像する
という工夫もしました。

対局が終わった後に、
「あの局面で詰みがありましたよ」
と観戦者や対戦相手に指摘されて、
この局面に戻して改めて考えている
自分をイメージするのです。

私は実際に経験しているので、
想像するのもカンタン。

これをすることで、
自分が負けたときの悔しさを思い出すので、
詰将棋の問題を解くのに
必死さが加わります。

負ける恐怖の中で必死に考える
という練習ができることで、
実戦に役立つのです。

ハンドブックシリーズがオススメ

これらの工夫をしながら
詰将棋を解く場合には、
実戦で現れそうな形の問題だと
想像がしやすくていいです。

そこで私が使っていたのが、
浦野真彦八段の
ハンドブックシリーズ

今は新版で1〜7手詰の本が
たくさん出版されています。

詰将棋でどの本をやればいいのか
迷っている人にオススメです。

こちらは5手詰の本です↓

工夫して勉強した効果

自分で考えた方法なので、
私自身も効果がある勉強法なのか
最初は疑っていました。

でも、
「もう二度と3手詰を逃して負けたくない」
という思いが強かったので、
試しにやってみることに。

すると自分でも驚いたことに、
詰みを逃しにくくなる効果
を実感するようになりました。

相手の玉に詰みがある局面では
きちんと詰ますことができるようになった
という手ごたえがあったのです。

 

この理由を考えると、
実戦で自分が指しているような感覚で
詰将棋の問題に取り組めたことが
大きかったと思います。

詰将棋を解く場合には
派手な捨て駒などから考えがちですが、
実戦のイメージだと
駒損をしないような手
まずは考えます。

しかし、
それでは詰ませられないので、
次に捨て駒をする手を
考えるようになるのです。

これは実戦を指すときと
同じ思考の順番。

この順番で必死に考えることで、
実戦に近い状況で詰ます練習が
できたのです。

 

3手詰を逃して負かされた後輩と
後日にまた
真剣勝負を戦う機会がありました。

勉強の成果を出そうと、
気合を入れて対局。

中盤戦でなんとか優勢になり、
上部に逃さないように追い詰めて、
今度はきっちり詰まして
勝つことができました。

勝ちそうになった終盤の緊張感と
詰ますことができたときの快感
今でも忘れられません。

負けたときに将棋を投げ出さずに
勉強を続けてよかったな、
と心から思いました。

一般的な方法とは違うが効果あり

詰将棋の解き方として
一般的に言われているのは、
「問題を見た瞬間に
ひと目で解けるようにしろ」

というもの。

そして、
時間をかけずに次から次へと
問題を解いていく
という方法です。

こういう詰将棋の解き方も
もちろん有効だと思います。

 

ただ、
「実戦で詰みがあるときに
それを逃さず詰ませられるようにする」

という目的のためには、
今回紹介した解き方が効果的だったという
実感があります。

1問あたりにかける時間は
長くなりますが、
それだけの価値はあると
感じたのです。

詰みを逃して負けて悔しい思いして、
どう対策すればいいのか悩んでいる人の
参考になればうれしいです。

まとめ

私は実戦で3手詰がある局面で
詰ますことができず、
負けた経験があります。

もう二度と同じことをしない対策として、
詰将棋の解き方を工夫。

以下の3つを想像をしてから、
解くようにしました。

①一手前の局面を想像
②駒がそこにある理由を想像
③詰みを逃した自分を想像

 

この方法を試したところ、
詰みを逃すことがほぼなくなったことを
実感しました。

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.