梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

アメリカ・カナダの西海岸への今回の旅の概要~北米旅行記1~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

アメリカとカナダの西海岸に
旅行に行ってきました。

訪れたのはサンフランシスコ、
サンノゼ、バンクーバーの3都市。

今回の旅の主な目的は、
友人2人と叔父に会いに行くことでした。

そんな旅の概要をお伝えします。

旅行の目的

今までの私の海外旅行は、
「観光」ありきでした。

「ここに行きたい」
「これを見たい」

というものがまずあって、
それを実現するために
旅行の行き先を決めていたのです。

 

そんな中で、
今回の旅行は少し違いました。

まず、海外に住んでいる
会いたい人がいて、
「あの人に会おう」という目的で
旅行に出かけたのです。

ですから
今回は「観光」が主な目的ではないという、
自分としては今までにないパターンの
旅行となりました。

旅行の日程

今回の旅で会う人は3人いて、
うち二人はバンクーバーに、
一人はサンノゼに住んでいます。

この2都市は行き先として決定。

あとはサンノゼに行くなら
ついでにサンフランシスコにも
寄ってみたい。

ということで、
3都市を巡る旅行にすることに
決めました。

 

あとは会う人の都合を考慮して、
旅の予定を詰めていきます。

予定通りにいかなかった部分もありますが、
実際の旅の日程は以下の通りでした。

1日目:サンフランシスコへ移動
(成田からバンクバー経由)2日目:パスポート紛失騒ぎ3日目:現地在住の友人Aと合流
サンフランシスコ、サンノゼ観光

4日目:サンタクルーズ観光
バンクーバーへ移動、叔父と合流

5日目〜7日目:バンクーバー観光
現地在住の友人Bと食事

8日目:バンクーバー空港から帰国

9日目:成田空港着、自宅へ

 

この中でまったくの予定外だったのが
「パスポート紛失騒ぎ」です。

これには本当に大変な思いをして、
ブログのネタにでもしないと
気が済まないトラブルでした。

なので、後日詳しく記事にします。

3都市での宿泊先

今回訪問した3都市で、
それぞれ宿泊をしました。

宿泊先は以下の通り。

サンフランシスコ=ホステル:2泊
サンノゼ=友人宅:1泊
バンクーバー=叔父宅:4泊

 

サンフランシスコでは
普段どおりホステルに泊まったものの、
他は会いに行った人の自宅に
泊めてもらいました。

おかげで宿泊費がかかったのは最初の2泊だけで
あとは費用はタダ

今回訪れた都市では
どこも宿泊費が高かったので、
泊めてもらえたのは非常にありがたかったです。

飛行機はどんな便を使ったか

今回の旅行では、
航空会社はエアカナダを
初めて利用しました。

今回の目的地の周遊チケットを
探したところ、
航空会社をエアカナダで統一するのが
最も安かった
のです。

乗った便は以下の4つです。

1. 成田 → バンクーバー
(所要時間:8時間35分)
2. バンクーバー → サンフランシスコ
(所要時間:2時間28分)
3. サンノゼ → バンクーバー
(所要時間:2時間12分)
4. バンクーバー → 成田
(所要時間:9時間50分)

 

安さと利便性のバランスを考えて
この旅程に決めたのですが、
ポイントは2つあります。

ポイント1: 往路もバンクーバー経由

往路はなるべくなら、
成田からサンフランシスコまで
直行便を使いたいところ。

ですがそこで直行便にこだわると
全体の料金がかなり高くなってしまうので、
妥協して経由便にしました。

 

ただ、ここで面倒なことが。

元々の予定でもバンクーバーでの
乗り継ぎ時間が4時間10分もあって、
空港での待ち時間が長かったところ。

そこにさらにトラブルが重なったのです。

当日はサンフランシスコ行きの飛行機の
出発時間が2時間35分も遅れてしまい、
乗り継ぎ時間が
なんと6時間45分にもなってしまったのです。

 

バンクーバー空港で長時間座って待ちながら、
やっぱり直行便にしておけばよかったと
後悔することしきり。

経由便にはこういうリスクもあるのだという
教訓になりました。

ポイント2: アメリカでの空港が往路復路で違う

今回の旅程では、
行きはサンフランシスコ空港を利用したのですが、
帰りはサンノゼ空港を使いました。

これは最終結果で、
このように決める前には色々と検討したのです。

 

実は、この2つの空港は
車で1時間もかからないぐらいの
とても近い距離にあります。

どちらの空港を使っても目的地には行けるので、
2つの空港の組み合わせで
より値段の安い便を探そうと考えました。

そこでエアカナダのホームページで
サンフランシスコ空港を使う場合と
サンノゼ空港を使う場合の組み合わせと
日程の条件を変えて、
値段を比較してみたのです。

 

ところが、条件を変えても
値段はほとんど変わりませんでした

これはちょっと意外でしたね。

そこで値段を安くすることはあきらめて、
移動するのに一番都合がいい
「サンフランシスコ着、サンノゼ発」
の組み合わせに決めたのです。

 

ちなみに航空券の値段は、
成田↔バンクーバーでは日程を1日ずらしただけで
1万円変わったりしていました

日程によって日本とカナダ間では
値段が大きく変わるのに、
アメリカとカナダ間では
値段がいつでも変わらなかったというわけ。

このことから、長距離の路線の方が
値段が変動しやすいのかもと感じました。

 

 

今回の旅の概要をまとめてみました。

旅行で訪れたそれぞれの場所で
面白いことが色々あったので、
次回から詳しく書いていくつもりです。

 

 

アメリカ・カナダ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

---------------------------

私の10年以上にわたる体験を
一冊の電子書籍にまとめました。

今なら無料でプレゼントしています。

この本を読めば、

・決断力が上がる
・やるべきことがわかる
・スキルアップして年収が上がる
→人生が変わる

誰でもこうした成果を得られます。


もし興味があれば
チェックしてみてください。

電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
すぐに受け取れます。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.