バンコクのホステルに到着、タイ料理に挑戦~タイ,カンボジア5

バンコクのホステルに
無事にチェックインした私は、
さっそくタイ料理を食べに行きました。

ホステルのすぐ近くにあるレストランに
閉店間際に運良く入店。

タイ料理の「トムヤンクン」と
「ガパオライス」を味わえて満足でした。

目的地の建物を間違える

ドンムアン空港からホステルまで
タクシーで移動したことは、
前回の記事で書きました↓

タクシーを降りた私は、
チェックインをするため、
建物の中のフロントに向かいました。

ところが、予約をしてあると言って名前を告げたところ、
予約は入っていないと言われてしまいました。

そんなバカな!

その後、フロントとやりとりをしているうちに、
私が入る建物を間違えていることが判明。

今回泊まるホステルは
「iSanook Hostel」という場所なのですが、
私が間違えて入ったのは
「iSanook residence」という名前の
同じ系列の「ホテル」だったのです。

両者の位置関係は、
道を挟んだ向かい側どうし。

まぎらわしい。

どうりで、建物やフロントの様子が
あまりに立派で高級そうだと思いました。

ホテルを出て、
目の前にあるホステルに
改めて向かいました。

ホステルとホテルの看板がこちら↓

道の両側にあって間違えやすいので、
この看板を設置しているのでしょう。

ちなみにこの場所は繁華街の通りから
路地を入ったところに位置しており、
周囲は住宅地になっています。

人通りがあまりないので、
暗い時間帯に歩くのは少し怖かったです。

ホステルにチェックイン

ホステルの方の入り口はこんな感じ↓

立派な構えではありませんが、
清潔な感じで印象は悪くなかったです。

チェックインの対応をしてくれた女性スタッフは
新人なのか仕事に慣れていない感じでしたが、
なんとか料金の支払いまで済ませてくれました。

ホステルでは英語が通じるので助かります。

時刻は午後9時過ぎ。

腹ペコだったので
外に食べに出たいところですが、
この時間では営業しているお店が
限られている
かもしれません。

ホステルの女性に聞いてみると、
大通りに出れば飲食店はいくつもあるが、
何時まで営業かはわからないとのこと。

ただ、向かいあるホテルの中にあるレストランなら
午後10時まで営業していると教えてくれました。

それなら、今からすぐに行けば間に合う。

疲れていたので、
歩き回ることなく食事にありつけるのは、ありがたい。

しかも、私はタイに来たからには
タイ料理が食べたかったところ、
そのレストランでは
タイ料理を提供しているらしい。

そのうえ、ホステルの宿泊者の特典で
レストランで使える10%割引券をもらったので、
そこに行く理由が色々整いました。

ホステルの部屋に荷物だけ置いて、
レストランへと急ぎました。

写真入りのメニュー表

そんなわけで、
ついさきほど間違ってチェックインしようとした
ホテルに戻ってきました。

フロントの人に目であいさつをしつつ前を通り、
エレベーターでレストランに向かいます。

エレベーターを降りるともうそこはレストランですが、
人があまりいません。

というか室内には客が一人もおらず、
貸し切り状態

やはり閉店間際ですからね。

私が席に座っている間にも
他の席に置いてある食器が片付けられて、
ちょっと肩身が狭かったです。

照明が落とされた落ち着いた雰囲気で、
高級感のある店内でした↓

バーも兼ねているようで、
外にはテラス席もあります。

料理のメニュー表を確認すると、
片面にはお店の雰囲気通り、
サラダ、ステーキ、パスタなどの
西洋料理が並んでいました。

一方、もう片面を見ると、
私が食べたかったタイ料理がたくさん↓

こんな豊富にメニューがあることに喜びました。

しかも、メニュー表には英語で
どんな料理かが丁寧に書いてあり、
ほぼすべての料理に写真まで付いています。

英文を読むだけではよくわからない料理も
写真を見れば一発で理解できます。

こういうメニュー表は素晴らしいです。

店員さんも親切で、
料理のことを質問すると色々教えてくれました。

タイで初めて入ったお店が
こんなにメニューがわかりやすいところで、
ラッキーでした。

このお店でメニューを熟読しておいたおかげで、
後の旅行中の食事のオーダーが楽になりました。

トムヤンクンとガパオライスを味わう

タイらしいものが食べたいという基準で
料理を選びました。

まずは「トムヤムクン」

世界三大スープのひとつらしいです。

ちなみに他2つはフランスのブイヤベースと
中国のフカヒレスープ。

トムヤンクンを味わってみると、
意外と酸っぱい。

そして辛い。

そんな特徴がありつつも、
エビの旨味が染み出していて、すごく旨い。

クセになる味です。

そして、もう一品が「ガパオライス」

鶏肉をバジルと共に炒めた料理。

お肉からすごくいい香りがして、
すごくおいしかったです。

通常はごはんと目玉焼きとセットで
提供されることが多いようですが、
こちらのお店では別にオーダーするやり方でした。

私はごはんは注文したものの、
目玉焼きはオーダーせず。

その結果、冒頭の写真のような
組み合わせとなりました。

自分としてはスープ、おかず、ごはんがそろって、
とてもいい感じの食事になったと思います。

長旅で疲れて空腹の体に、
このおいしい食事は染みました。

満腹になって、満足満足。

クレジットカードは使えない

こちらのお店での料金は、
283.5バーツ(約940円)

上記の料理と水を注文して、
10%割引券を適用した値段です。

こんなお上品なレストランで食べたにしては、
安く済みました。

ただ驚いたのが、
支払いはクレジットカードが使えなくて
現金のみだった
こと。

こんな立派なレストランで、
しかもここはホテルの中なのに…。

この食事に限らず、
今回の旅では色々な場所でクレジットカードが使えず、
現金不足に悩まされることになりました。

直近の旅行がクレジットカード文化の発達した
アメリカとカナダへの旅行で、
ほぼすべての支払いがカードだったため、
そのギャップの大きさに対応できず。

タイに旅行に行く人は、
クレジットカードがあまり使えないことは
頭に入れておいたほうがよさそうです。

ホステルへのチェックインと
最初の夕食について書きました。

なんとかここまで無事に進行しており、
旅行の1日目はうまくいきました。

次回は、宿泊したホステルについて
詳しく書きます。


ホステルについての他の記事はこちら↓

タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓



       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告