「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

バンコクのドンムアン空港からタクシーを安全に利用~タイ,カンボジア4

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

バンコクのドンムアン空港から
タクシーで市内に移動しました。

バンコクのタクシーはボッタクリが多く、
慣れていない人は被害に合いやすいです。

ですが、ドンムアン空港からであれば
比較的安全にタクシーに乗る方法がありますので、
私の体験をもとに紹介します。

ドンムアン空港からのタクシー

私は海外で空港から市内に行くときには
なるべく鉄道を使うようにしています。

それが一番安全で確実な移動手段であることが
多いからです。

しかし、ドンムアン空港からは
市内に向かう鉄道はありません

そのため代わりの手段として、事前の下調べの段階で、
今回はタクシーを利用することを決めていました。

 

ドンムアン空港に到着した私は、
タクシー専用乗り場に向かいます。

荷物がぐるぐる回って受け取る場所を出たら、
左の奥の方に向かっていくと
そのタクシー乗り場があります。

私が乗り場に到着したのは午後8時ごろ。

大勢の人が待っていて列ができていました↓

 

列に並ぶ前に、
すぐ近くにあるセブンイレブンで飲み物を買って、
大きな金額のお札を
小さい金額のお札や小銭にくずしました。

タクシーではお釣りが十分になく、
大きなお札を使ってもお釣りがないことがある
事前の情報収集でわかっていたからです。

 

その後、3つある列の中からひとつ選び、
最後尾に並びます。

写真にあるぐらいの人が列を作っていても
タクシーはどんどん来るので、
待ち時間は10分程度と短い

列の先頭まで行ったところで
受付にいる人に行き先を書いた
メモなどを見せれば、
その情報を書き取ったうえで、
その場で待つように言われます。

 

その後、やってきた運転手に
受付の人が行き先を告げてくれて、
あとは運転手に付いて行くように言われます。

そこから車が駐めてあるところまで
1分ほど歩いてき、
タクシーに乗り込みます。

冒頭の写真は、そのときに撮ったものです。

運転手に行き先を伝える

タクシーに乗り込んでから、
改めて運転手に行き先を伝える必要があります。

どうやら受付の人は、
だいたいの行き先しか
運転手に告げていない
ようです。

 

まずはスマホにメモしておいた
ホステルの住所を見せます。

ただ、住所を見せても
そこがどこなのかよくわからない様子。

まあ私もこの反応は予想していました。

住所を見せられただけでは、
なかなか理解できませんよね。

 

そこで、スマホのグーグルマップを使用

目的地にピンを建てた状態で、
運転手に見せました。

しかも、マップ上部の検索窓には
ホステルの名称を表示させた状態。

これならば、問題なく伝わるでしょう。

 

ところが、ここまでやっても
運転手にはよく伝わっていない様子。

やがて運転手は、
自分のスマホを私に渡してきました。

そして、ホテルの名称を入力しろとジェスチャーで
示してきます。

見ると、その運転手も
グーグルマップを使っています。

 

どうやら、「英語で目的地を入力する」
というのができない
ようです。

日本人なら英語は話せなくても
アルファベットの入力はできるものですが、
この運転手の場合は違うようです。

国際空港に出入りしている運転手にもかかわらず、
ここまで徹底的に英語ができないとは。

 

運転手のスマホのグーグルマップに
ホステルの名前を入力してあげて、検索。

すると目的地の場所が
運転手のスマホ上で確認できるようになり、
ようやく運転手も理解できたようです。

タクシー料金の3つの要素

バンコクのタクシーの料金は
以下の3つで構成されています。

①メーター運賃
②高速代
③空港使用料(50バーツ)

 

まず①は基本的に距離に応じてかかる料金

空港のカウンターに並んで
タクシーに乗った場合には、
このメーター運賃を払うことになります。

街中で拾ったタクシーだと
メーターを使わず、
運転手との交渉で値段が決まる場合もあります。

 

②の高速代は、
タクシーで高速道路を使った場合
かかってきます。

高速道路の料金は乗客が払うということで、
もし高速代をケチりたければ
運転手に高速道路は使わないように
指示することもできます。

 

③の空港使用料は、
空港からタクシーに乗った場合
必要となる料金です。

タクシーではボッタクリが怖いですが、
上記の3つの代金は
正式に必要になるもの
です。

請求されたら、おとなしく払いましょう。

 

ただ、遠回りをされて
メーターの料金を釣り上げられる可能性はあるので、
そこは注意が必要です。

移動中の車内の様子↓

 

赤く光っているメーターの数字が
だんだん増えてきます。

私はグーグルマップの画面をにらみながら
変な方向に車が行かないか
神経をとがらせていましたが、
特に問題はありませんでした。

高速道路代の支払いと領収書

高速道路に乗るかどうかは、
運転手がジェスチャーで確認を
とってくれました。

私は乗ってくれというのを
英語とジェスチャーで指示。

高速道路に乗るときには、
運転手が料金を建て替えてくれました

ちなみに後日乗ったタクシーでは、
その場で金を代わりに払うように
要求されました。

 

やがて目的地に到着。

降りるときに、
まずは①メーター料金と
③空港使用料金を請求されました。

そのあと、以下のような紙を渡されて
建て替えておいた②高速代70バーツの追加請求。

 

この紙はタイ語が多くて
見方はよくかわらなかったのですが、
あとでよく見ていいるうちに理解できました。

まず、地図に空いている穴は
ここから高速道路を利用したということを
表しています。

高速道路に入るときに料金を払うので、
入った場所で料金が決まるわけです。

 

紙の周囲に空いている穴は
利用した日付を表しています。

まず上下にある数字は「日にち」。

左右にあるタイ語は「月」で、
左側が上から1月〜6月、
右側が上から7月〜12月です。

両方を組み合わせて「何月何日」かを
表現しています。

今回の私の場合だと、「9月17日」を表すように
穴が開けられていますね。

 

代金の合計。

メーターが230バーツほどで、
そこに高速代70バーツと空港使用料50バーツが加わって、
全部合わせて約350バーツ(約1200円)でした。

高速道路を使ってこの値段なら、
日本人の感覚なら安いものですよね。

事前に調べておいた適正料金とほぼ同じくらいで、
ボッタクられずにほっとしました。

この紙を渡してくれるタクシーは信用できる

料金の精算が終わると、
運転手はこんな紙をくれました↓

 

画像上ではモザイクをかけていますが、
運転手の名前がタイ語と英語で書いてあり、
さらにIDの番号、電話番号などもあるうえ、
運転手がサイン
をしてくれます。

私は後日、バンコクでタクシーに3回乗りましたが、
こんな紙をくれたのは
このタクシーだけでした。

 

空港からタクシー専用乗り場を利用した場合には、
この紙を渡すルールになっているのでしょう。

ボッタクリをするようなタクシーなら、
こんな紙はくれません。

こういう対応をしてくれるタクシーは
信用できます。

 

車を降りるときには運転手は
両手を胸の前で合わせて
「クラップカー(ありがとう)」
と丁寧にお礼を言ってくれて、
非常に丁寧な対応

この運転手は非常によかったです。

英語はまったくできなかったですけれども。

空港ではタクシー専用乗り場を使おう

空港でタクシー専用乗り場を使うと、
待ち時間が必要になるうえ、
空港使用料が請求される
というデメリットがあります。

旅の上級者になると
他の場所からタクシーに乗る手もあるようなのですが、
初めてバンコクに来た人は
タクシー専用乗り場から乗った方がいいです。

こうして安心してタクシーに乗れる場所が
確保されているというのは、
非常にありがたいことです。

この後の旅行中、
私はバンコク市内で拾ったタクシーでボッタクリを
されることになるのですが、
この空港からのタクシーに最初に乗ることで、
「正しいタクシーのあるべき姿」
知ることができました。

 

 

ドンムアン空港からタクシーで移動した
体験について書きました。

ドンムアン空港のタクシー専用乗り場は
ボッタクリにあう危険が少ないので、
旅行者の強い味方です。

バンコクのタクシーに慣れていない人は
ぜひ利用しましょう。

 

タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.