梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

菅井竜也七段vs渡辺大夢五段、叡王戦本戦ベスト8の情報まとめ

 
菅井竜也七段vs渡辺大夢五段、叡王戦
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

菅井竜也七段vs渡辺大夢五段、叡王戦

菅井竜也七段と渡辺大夢五段の
叡王戦の準々決勝の対局。

前局で佐藤天彦名人を破り
勢いに乗る渡辺五段を、
格上の菅井七段が止められるかという一局。

菅井七段が攻めて渡部五段が受けに回り、
両者の持ち味が出る展開でした。

一局の流れなど、情報をまとめました。

対局の情報まとめ

2019年1月15日
菅井竜也七段vs渡辺大夢五段(先手)
関西将棋会館「水無瀬」
持ち時間:各3時間(チェスクロック使用)
開始 15:00
終了 20:05
92手まで菅井七段の勝ち
消費時間
菅井:1時間26分
渡辺:2時間58分

 

夕食
菅井:天とじ丼(やまがそば)930円
渡辺:天ざる(やまがそば)

 

解説者:
木村一基九段
聞き手:
安食総子女流初段
メールテーマ:
「成人式の思い出」

 

夕食は両対局者とも
「やまがそば」というお店の
天ぷら料理を注文。

写真を見るとどちらも
エビの天ぷらがメインで
おいしそうでした。

菅井竜也七段と渡辺大夢五段

菅井竜也七段は本戦1回戦で
強敵の羽生善治竜王(当時)を破り、
さらに2回戦で行方尚史八段に勝って
本局を迎えました。

 

渡辺大夢五段は1回戦は抽選の結果シードで、
2回戦では佐藤天彦名人を相手に
劇的な逆転勝ちを収めています。

渡辺大夢五段としては
タイトル戦でベスト8まで勝ち進んだのは
初めてでしょうから、
叡王戦でのこのチャンスは
何としてもつかみたいところでしょう。

 

両者は本局が公式戦初対局。

格上の菅井七段が、
渡辺五段に胸を貸す形です。

一局の流れ:渡辺五段の用意の対策

振り駒の結果、渡辺五段の先手に。

序盤から後手番の菅井七段が
工夫を見せました。

△8四歩と飛車先の歩を突いて
居飛車にするかと思わせて角交換をさせ、
それから振り飛車にする
「陽動振り飛車」の作戦。

手損なしで向かい飛車にできるというのが、
菅井七段のこの作戦の主張です。

 

ただ、菅井七段はこの作戦を
つい最近にすでに採用しています。

5日前のB級1組で、谷川浩司九段を相手に
ほとんど同じ指し方をしていたのです。

そのため、渡部五段としては、
その作戦に対する対策は
事前に考えてあった
ことでしょう。

実際、それほど時間を使わずに、
「地下鉄飛車」の形に構えて、
菅井七段の銀冠を
飛車で狙える構想を見せました。

 

渡部五段はさらに▲5六角と
筋違い角を打って、
積極的に攻めていきます。

菅井七段が反撃をして、
菅井七段が攻めて
渡辺五段が受けに回るという
棋風通りの展開
となりました。

渡部五段は駒得、
菅井七段は駒の働きを主張します。

菅井七段の銀冠も攻められて
だいぶ危険な形にされました。

 

まだまだ難しい攻防が続くかと思われた局面で、
菅井七段が△2六香と放り込んだのが鋭い手でした。

▲2六同飛とタダで取らせてから
△3八歩成と「と金」を作って、
渡辺陣を一気に受けなしに追い込んだのです。

あっという間の展開で、
渡辺五段も粘りようがありませんでした。

 

結果、菅井七段が
持ち時間を半分以上残して快勝

終局時間は午後8時5分で、
叡王戦本戦にしては
かなり早い決着となりました。

解説は木村一基八段

本局の解説は木村一基九段。

2日前の「茶王戦」でも解説者として
活躍したばかりで、
その「茶王戦」の話もしてくれました。

ルー大柴さんとの共演して
「ルー語」に対応したときの感想などが
聞けたのがうれしかったです。

「茶王戦」については
こちらの記事に詳しく書きました↓

 

今日のメールテーマは「成人式の思い出」。

聞き手の安食総子女流初段は
「成人式には行ったけれど出席していない」
という思い出を語っていました。

成人式の会場に行って
なつかしい友達などと話しているうちに、
式が終わってしまっていたそうです。

人生で一回しかない成人式が
知らないうちに終わってしまっていて、
悲しかったとのこと。

おっとりとした性格の「あじあじ」らしい
エピソードですね。

 

今日は将棋の展開が早かったこともあって、
読まれたお便りの数が少なかったです。

私はお便りのコーナーも
楽しみにしているので、
今日はちょっと残念でした。

まとめ

本局は菅井達也七段の勝利となりました。

実績のない若手ながら
ここまで勝ち上がってきた渡辺大夢五段に対し、
菅井七段が「格上」の強さを見せつけた
といった感じの将棋の内容でした。

菅井七段は準決勝で
渡辺明棋王と対戦することが決まっており、
「渡辺」さんと連戦です。

渡辺棋王は菅井七段より格上の棋士で、
本局とは逆に菅井七段が挑んでいく形になります。

どんな将棋になるか、準決勝の対局も楽しみですね。

 

叡王戦の記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

----------------------------------

私には悩んでばかりで苦しい時期がありました。

自分が何をしたいのかわからなくて、
思い切って転職までしたのに、
何も変わらなかったのです。

そんな私が変われたのは、
「論理的思考」を鍛えたからです。

論理的思考を身につけたことで
自分のやりたいことや
目指したい方向が明確になりました。

そして、人生の転機を作る方法を
自分で見つけられたのです。

いまでは私は情報発信ビジネスで起業して、
自宅で自由に働いています。


かつての私のように
悩んでいる人の力になりたくて、
私の経験を電子書籍にまとめました。

大学受験、就職活動、仕事、転職、そして起業と、
ストーリー形式になっているので、
おもしろく読み進められます。

いま、同じような状況にいる人であれば、
読むだけで悩みを解消できるかもしれません。


メルマガのなか限定で
その本を無料で公開しているので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.