スタンレーパークのシーウォールを歩いて一周~北米旅行記16~

スタンレーパークにある遊歩道
「シーウォール」を歩いて一周しました。

自転車などでは反時計回りにしか
進めないところを、あえて逆周り。

美しい風景がずっと続きつつ、
カーブを曲がるたびに新しいものが見えて、
とても楽しい時間でした。

スタンレーパークの「シーウォール」

スタンレーパークは
繁華街であるダウンタウンの
西側にある広大な自然保護公園です。

面積は4平方キロメートル。

3方を海に囲まれている半島が
丸ごと公園になっています。

スタンレーパークには
「シーウォール」という
遊歩道
があります。

こんな感じ↓

一周の長さは8.8kmで、
公園の周囲を回るように
海岸線沿いを進むことができます。

この遊歩道を
私は歩いて時計回りに1周しました。

道は舗装されていて坂道もほとんどないので、
自転車やローラースケートを
利用するのにも適しています。

スタンレーパークの入口あたりには
レンタサイクルもあるので、
自転車で回るのもいいですね。

ただし、その場合には進む方向が決まっていて、
反時計回りに回らないといけません。

なので、時計回りに回るというのは
歩行者ならではの特権と言えます。

歩道と自転車などが通る道とは
きっちり分けられているので、
安心して歩くことができます。

今回は時間もたっぷりあったので、
歩いて巡ってみました。

遊歩道沿いの色々な風景

海沿いを歩いていくと、
美しい風景がずっと続いています。

ひとつカーブを曲がるたびに
それまで見えてたのとは
まったく違う風景が現れるので、
飽きるということがありません。

どこを見ても美しい景色なので、
私は歩きながらひんぱんに立ち止まって
写真を撮りまくっていました。

写真をたくさん撮るのであれば、
自転車などに乗らずに
歩くのが一番いい
ですね。

また、遊歩道を歩いていると
ときどき変わったものを見つけられます。

冒頭の写真の変な形をした岩は
「Siwash Rock」と呼ばれるもの。

別の角度から撮った写真がこちら↓

遊歩道のちょうど脇にあるので、
すぐ近くから岩を観察することができますし、
記念撮影をするのにも楽です。

実際、多くの人が
足を止めていました。

さらに歩いていくと見えてくるのが、こちらの橋。

「ライオンズゲートブリッジ」です↓

海の向こうにあるノースバンクーバー地区と
ダウンタウンを結ぶ吊り橋。

青空をバックにした緑色の橋がきれいです。

夜景のライトアップも良いらしいのですが、
残念ながら今回は見ることはできませんでした。

別の角度からもう1枚↓

歩きながら写真を撮ると、
ひとつのものでも違う角度から
撮れる
のがいいですね。

同じものでも全然違うように
見えたりもするので。

涼しげなウォーターパーク

橋の下をくぐってさらに歩いていくと、
「ウォーターパーク」がありました↓

この日のように夏の晴れた日には
こういう場所で遊ぶのは最高ですね。

子どもたちが元気に遊んでいました↓

この場所には広いトイレもあるので、
一休みするには最適な場所です。

元気に遊んでいる子ども達の姿を見つつ、
この公園がこうやって遊んでももらえるのは
夏のごく短い期間だけなんだろうなと
考えてしまいました。

基本的に寒冷な気候のバンクーバーですから、
水遊びを喜んでできる期間は短いはずです。

でもだからこそ、
バンクーバーに住む人は
夏を精一杯楽しみたいという思いが強そう。

そういう人達のための公園なのでしょうね。

遊歩道を歩いていると、
様々な鳥たちをすぐそばに見られるのも
面白かったです。

こちらの鳥の群れは水を飲むために
集まっているようでした↓

他にも水に潜って狩りをしている鳥や、
ヒトデをくわえて食べようとしているのか
遊んでいるのかわからない鳥がいたりして、
私はときどき立ち止まって興味深く見ていました。

あとはボートや飛行艇などの乗り物が
近くをたくさん通っていって、
それを見るのも面白かったです。

さらに歩いていった場所にあったのが、
「ウェットスーツを着た少女」という像↓

別の角度から↓

満潮のときには
この少女像がちょうど海面あたりに来るように
見えるらしいです。

そのことを考えると、
このときは干潮の時間帯だったんですね。

これだけの高さまで水面が上がってくるとなると、
周りの景色の見え方もけっこう変わってきそうです。

歩いているときは
そこまで考えていなかったのですが、
潮の満ち引きによっても
違う風景が楽しめる
んですね。

もちろん朝や夕方などの時間帯や
季節によっても風景は変わるわけで、
スタンレーパークを楽しみ尽くそうとしたら
なかなか奥が深そうです。

名物のトーテムポール

スタンレーパークの名物スポットに
やってきました。

先住民が作ったという
トーテムポール
です↓

色々なトーテムポールが
集められています↓

各トーテムポールには説明文があって、
どういう動物の組み合わせを
表現しているのかなどの解説が
面白かったです。

お土産屋さんもあって、
なかなか充実した品ぞろえでした↓

スタンレーパークの歴史や
先住民との関わりを紹介するパネルも
展示してありました。

このトーテムポールのあるスペースは、
先住民との関わりを象徴する場所
なっているようです。

対岸のダウンタウン

半島をぐるりと回ってきて、
遊歩道も終わりに近づいてきました。

対岸にダウンタウンが見えてきます↓

ボートがたくさん停泊している
場所もありました↓

公園から見るダウンタウンのビル群は、
「人と自然が調和する都市バンクーバー」
が感じられていい光景だなと思います。

これでスタンレーパークを一周しました。

かかった時間は
午後1時過ぎから午後5時まで、約4時間

途中で立ち止まったり、
座って休憩しながらで
これぐらいの時間でした。

スタンレーパークでは
馬車や車でのツアーも行われていて、
公園をぐるりと回る方法は色々あります。

でも時間に余裕がある場合には、
歩いて回ってみることをオススメします。

私も最初はレンタサイクルで
一周するつもりだったのですが、
バンクーバー在住の叔父に歩くことを勧められて
予定を変更したのです。

実際に歩いてみたら、
じっくり風景を楽しめるうえに
写真も撮りやすかったので、
すごくよかったです。

私は、もし滞在中にもっと時間があれば
2度3度とスタンレーパークを
訪れたいと思いました。

それぐらい良い場所ですよ。

なお、私は明日から旅行に出かけるので、
ブログの更新はしばらくお休みします。

ではでは。

アメリカ・カナダ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓



       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告