「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋ソフトの活用は初心者には難しい~対局を振り返る場合~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

みなさんは将棋ソフトを使っていますか?

将棋を指した後には、
その一局を振り返るのが大事だという話を
前回書きました。

将棋ソフトの活用法のひとつが、
自分の将棋の棋譜を
将棋ソフトに読み込んで分析すること。

なのですが、
将棋の初心者の方には
私はこの方法はオススメしません。

将棋がある程度強くなってからでないと
将棋ソフトが示す「評価値」や「候補手」を
使いこなすことが難しいからです。

なぜそう考えるのかという理由と
ではどうすればいいのかをまとめました。

 

前回の記事はこちらです↓

「評価値」はわかりやすいが活用しにくい

将棋ソフトはとても便利です。

色々な機能がある中でも、
一局を振り返るときに
役に立てやすいのが「評価値」

「評価値」は
ある局面での形勢を
数字で表したもので、
これは将棋にとっては
画期的な機能です。

 

それまで将棋の形勢判断は
「互角」「有利」「優勢」「勝勢」
といった言葉で表現するしかなく
とてもあいまいでした。

しかも、形勢判断は
人によって違うものなので、
ある棋士が「互角」だという局面で
他の棋士は「優勢」と言ったりします。

それが数字で
「先手が300点良い」
などと表されれば、
あいまいさはなくなります

将棋ソフトの評価値によって、
将棋が強くない人にも
一目で形勢がわかりやすくなったのです。

 

わかりやすい評価値は
初心者の味方のように思えるのですが、
実は良いことばかりではありません。

自分の対局を振り返るときに使うには
注意するべきことがあるのです。

それは、
評価値はその局面から
お互いに最善手を続けることを
前提にした数値

だということ。

もし最善手以外の手が
たくさん出てくる将棋であれば、
その局面の「評価値」を見るのは
あまり意味がありません。

プロの指す将棋ならともかく、
初心者の方が
最善手ばかりを目指すのは無理があります。

そのため、
初心者の方の将棋で
評価値を活用するのは
難しいのです。

「候補手」は最善手を指し続けることが前提

将棋ソフトの機能としては
「候補手」も便利です。

「候補手」とは、
ある局面で次にどう指すのが良いのかという
「最善手」を
将棋ソフトが示してくれるもの。

しかもその候補手の後の
「読み筋」も表示してくれるので、
その読み筋を見れば
ソフトがどういう手を読んで
その手が良いと判断しているのかを
知ることができるのです。

 

ただ、初心者がやってしまいがちな失敗は
候補手の一手ばかりに
気を取られてしまうこと。

候補手の通りに指せばいいと思って、
その一手だけを覚えようとしてしまうのです。

候補手はあくまでも
その後も良い手を続けるから
最善手になる
のだということを
忘れてはいけません。

 

ソフトが示す候補手には
人間の感覚からすると
変だと感じるものが
少なくありません。

そういう場合でも、
例えばその手の後の5手の読み筋を見ると
人にもその候補手の良さがわかったりします。

ここでのポイントは、
候補手の後の5手まで
ソフトと同じように考えて指せないと、
候補手は良い手にはならない

ということです。

それどころか、
ソフトの読み筋どおりの手が
指し続けられない場合には、
その手はものすごい悪手になってしまう
可能性もあります。

 

そのため初心者の場合には、
一局を振り返ったときに
将棋ソフトが示す候補手を活用するのは
難しいわけです。

基本的な考え方を学ぶべき

初心者の方にオススメしたいのは、
将棋の基本的な考え方
を学んでその通りに指すことです。

将棋には
「これが良い形」
「こういうときにはこう指すもの」
という考え方があります。

そういう考え方を
自分のものにしていくことが
上達への近道です。

 

そういう基本的な考えは、
いつでも将棋ソフトが示す候補手と
一致するとは限りません。

基本通りに指すよりも
良い手がある場合もあります。

でも、そういった手は
前に書いた通り
その後で最善手を
指し続けられてこそのものなので、
指すのは難しいものです。

 

その点、
基本的な考え方を身につけた場合には
一手だけではなくひとつながりの手順
をセットで覚えられます。

そのため、
失敗をすることが少なくて済むのです。

人に見てもらう方がいい

自分が指した将棋を振り返るなら、
将棋の基本的な考え方を
身に付けられるようにしたいところ。

そしてそのためには、
将棋ソフトを使うよりも
自分より強い人に見てもらう方がいいです。

 

人に見てもらうことで、
自分のレベルに合った
アドバイスをしてもらえます。

最善手を指し続けることを前提とした
将棋ソフトの候補手ではなく、
その人でも指しこなせるレベルでの「良い手」
を人は教えることができます。

将棋ソフトが示す最善手を100点とすれば、
強い人が初心者に教える手は80点かもしれません。

でも、実際に初心者の人の
上達に役に立つのは、
80点の手の方なのです。

 

そもそも将棋には
マイナスの手がたくさん存在します。

80点どころか、
-60点などと手もあります。

初心者のうちは
そういったマイナスの手を
指さないようにすることが大切

マイナスの手を避けるためにも
将棋の基本的な考え方は役に立ちます。

ぜひ、人に教わりながら
考え方を身に付けていきましょう。

 

もし身近に将棋を教えてくれる人がいない場合は、
「将棋マッチ」
将棋の講師を探すことができます。

インターネットを通じて
自分の都合のいい時間に
教わることができるので、
サイトをのぞいてみてください↓

まとめ

自分が指した対局を振り返るとき、
初心者の方には
将棋ソフトを活用するのは難しいです。

なぜなら、
「評価値」や「候補手」という
便利そうに見える機能は
「最善手を指し続ける」ことを
前提としたものだから。

初心者の方はまずは
将棋の基本的な考え方を身に付けるのが大事で、
そのためには人に教わる方がいいです。

参考にしてみてください。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.