「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋は「指す」という表現が正しく「打つ」ではない、その3つの論点

 
将棋は「指す」という表現が正しい
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋は「指す」という表現が正しい

将棋をすることは
「指す」と表現することが正しく、
「打つ」と表現するのは間違いです。

将棋好きの人はこの違いに敏感。

私自身、
この「指す」の問題は
長年気になっていたので、
以下の3つの論点から
調べて整理しました。

論点①なぜ「指す」と「打つ」を混同するのか
論点②なぜ「指す」と言うのか
論点③「打つ」ではなく「指す」だと指摘するべきか

 

この記事で私が一番言いたいことは、

将棋は「打つ」ではなく「指す」と言うんだ!
と他人に指摘するときには、
相手の気持ちを考えて
タイミングや言い方に気をつけましょう

ということです。

論点①なぜ「指す」と「打つ」を混同するのか

まず最初の論点は、
なぜ「指す」と「打つ」を混同するのか
ということ。

この混同が起きてしまう理由として、
以下の3つがありそうです。

理由(1)碁を「打つ」という表現

最大の理由は、
碁を「打つ」という表現
が存在していることでしょう。

囲碁の場合は将棋とは逆で
碁を「打つ」と言うのが正しくて
碁を「指す」は間違いです。

囲碁と将棋というのは
テレビや新聞などでも
セットで扱われることが多い、
仲間のような存在です。

囲碁と将棋のどちらに
より関心や知識があるかは
人によって偏りがあるところ。

将棋よりも囲碁を知っている人なら
将棋も「打つ」と言うのが
自然だと感じるでしょう。

理由(2)持ち駒を「打つ」という表現

また、将棋において
「打つ」という表現が正しい場面もある
ことが事態をややこしくしています。

将棋において「打つ」というのは
持ち駒を使う場合です。

 

・この局面では銀を打つしかない
・3五に角を打った
・歩を連打する

これらはいずれも正しい表現で、
将棋好きとしても違和感がありません。

ただし、将棋好きであれば
「将棋を打つ」
とは決して言いません。

将棋に詳しくない人からすれば
「打つ」と言っていい場合もあれば
言ってはいけない場合もある
わけで、
混乱するのもうなずけます。

理由(3)駒を「打ちつける」動作

さらに、将棋を指すときには
駒を「打ちつける」動作をしていることも
混同する理由になっていそうです。

将棋には「パシッ」という
気持ちのいい音がつきものですが、
あの音は駒を盤に
「打ちつける」ことで生まれています。

駒を「動かす」や「置く」だけでは
あんな音はしません。

将棋を指すときには
駒を「打ちつける」ことにもなるので、
これが将棋を「打つ」という表現に
つながってしまう
のでしょう。

論点②なぜ「指す」と言うのか

2つ目の論点は、
なぜ将棋を「指す」と言うのか
ということです。

日常で使わない「指す」という表現

そもそも「指す」という表現は
日常で使う機会が
ほとんどありません

使うのは
「ゆびを指す」
と言うときぐらいでしょうか。

一方、
囲碁で使う「打つ」という表現は
日常の色々な場面で使われています。

 

・頭を強く打つ
・ホームランを打つ
・キーボードを打つ
・丈夫なくいを打つ
・心を打つ言葉

少し考えただけでも、
たくさん出てきます。

「打つ」に比べると
「指す」という言葉自体が
少し特殊な印象です。

「目指す」のイメージで「指す」

日常であまり使わない「指す」を
将棋ではなぜ使うのか。

それは、
将棋の「指す」という言葉は
「目指す」というイメージ
を持っているからだと考えられます。

これは「目指して動かす」
ということであり、
動かしたい対象が
すでに置いてあることを
前提としています。

盤の上に置かれた駒を
特定のマス目を
「目指して動かす」
わけです。

 

このイメージをもとに考えれば、
持ち駒を使う場合だけ
「打つ」という表現をすることにも
納得がいきます。

持ち駒を使う場合には
駒を特定の方向に動かすわけではないので、
「打つ」という表現が
しっくりくるのですね。

論点③「打つ」ではなく「指す」だと指摘するべきか

3つ目の論点は、
他人が将棋を「打つ」と言ったときに
「打つ」ではなく「指す」だと指摘するべきか
ということ。

この論点こそが最も重要だと
私は考えています。

ここまで書いてきたように
将棋は「指す」と表現するのが正しく、
「打つ」というのは間違いです。

間違いではあるのですが、
将棋を「打つ」と言ってしまった人に対して
それを正面きって指摘して
すぐに直させるべきかというと、
それは別問題です。

私の意見は、
「指摘してもいいけれど、
相手の気持ちに配慮して
言い方に気をつけよう」

です。

なぜこう考えるのか、
2つの立場から説明します。

立場(1)正しい表現を使ってほしい

まずは指摘した方が良いという立場。

人と会話をしていて、
相手が将棋を「打つ」と
言ってしまう。

私自身もそういう場面は
何度も経験があります。

そんなときは、
将棋は「打つ」ではなく
「指す」と言うんですよ

と指摘したこともありました。

それは、
自分が好きな将棋について
相手に正しく知ってほしいから。

将棋をすることを表すのに
正しい表現を使ってほしいのです。

 

さらには指摘された側としても、
私が教えたことによって
その後の人生で間違わなくなれば
恥をかくこともなくなり、
得が大きいはず。

そういった親切心もあります。

間違っていることを
正しく直してもらうことには、
何の問題もないでしょう。

立場(2)気軽に将棋に接してほしい

一方で、
将棋は「指す」だと指摘しない方が良い
という立場もあります。

それはなぜかというと、
指摘することによって
将棋の印象が悪くなる危険
があるから。

将棋を「打つ」は間違いだと
指摘された側としては、
たとえそれが本当だとしても
いい気持ちはしないものです。

 

そもそも将棋を「打つ」と
言っているということは、
その人は将棋には詳しくないはず。

それにも関わらず
将棋を話題にしてくれるということは、
将棋に新たに関心を持とうと
してくれている
わけです。

将棋に興味を持とうとしない人は、
たとえ私が会話の中で
「私は将棋が趣味なんです」
という話をしたとしても、
「ふーん」で終わりますからね。

将棋を話題として
会話をしてくれるだけで、
将棋好きにとっては
喜ばしいことです。

 

そんな将棋への第一歩を
ふみ出そうとしている人が
最初に言われることが
「あなたの表現は間違っていますよ」
だったらどう感じるか。

いきなりガッカリしますよ。

そんなのどうでもいいじゃん、
と感じるかもしれません。

ともかくマイナスの感情が
生まれる可能性が高いです。

そして、
「将棋ってやっぱり難しそう」
「シロウトが話題にしていいことじゃない」
と考えるでしょう。

そうしたらもう、
その人が将棋を好きになってくれる
チャンスはなくなってしまいます

それは将棋好きの私にとって
悲しいことです。

 

将棋をよく知らない人にも
気軽に将棋に接してほしい
と私は思います。

どんな分野であれ、
誰でも何も知らない状態から始まって
だんだん詳しくなっていくのですから。

将棋はただでさえ
難しそうなイメージがあるのですから、
よく知らない人の間違いを指摘するのは
マズい行動です。

そうは言っても
将棋好きとしては、
早めに「将棋を指す」という
正しい表現を使ってほしいのも本心。

なので「将棋は指すと言うんですよ」
と指摘するときには、
タイミングをみはからって、
言葉遣いや言い方に気をつけて、
相手の気を悪くしないように
十分に注意しましょう

将棋好きの仲間を増やしたければ、
それが大切なことです。

 

そもそも、
将棋に興味を持ってさえくれれば、
いずれは誰かに指摘されるまでもなく
将棋は「指す」と言うんだ
自分で気が付くでしょう

なので、
将棋好きが本当にするべきことは
会話の相手が将棋に興味を持つように
することであり、
間違いを指摘することではないのです。

まとめ

将棋を「指す」と表現することについて、
以下の3つの論点から整理しました。

論点①なぜ「指す」と「打つ」を混同するのか
論点②なぜ「指す」と言うのか
論点③「打つ」ではなく「指す」だと指摘するべきか

 

将棋好き以外の人にとっては、
「指す」だろうが「打つ」だろうが
どうでもいい話かもしれません。

だからこそ、
人が「将棋を打つ」と言ったときに
間違いを指摘するのであれば、
相手の気持ちを考えて
タイミングや言い方に気をつけましょう。

将棋に興味を持ってくれる人が
増えることこそが、
将棋好きにとっては
うれしいことのはずです。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.