梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

将棋の本質は「考える」ではなく「決める」~決断力が鍛えられる~

 
将棋の本質は「考える」ではなく「決める」
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

将棋の本質は「考える」ではなく「決める」

「将棋をやる人はアタマがいいのか?」
といったことをたまに聞かれます。

なんだか考えることが得意そう
というイメージもあるようです。

 

私は将棋を10年以上にわたって
勉強して鍛えてきており、
いまではアマ四段の実力があります。

そんな私からすると、
将棋の「考える」という部分が
注目される一方で、
あまり気にされていない側面があると
感じています。

それが「決める」ということです。

 

将棋は「決める」ゲームだし、
将棋をやることによって
決断力が鍛えられます。

どういうことなのか、
詳しく書いていきます。

将棋は「考える」ではなく「決める」のが本質

先日、私はこういったツイートをしました↓

私は将棋が好きです。
将棋は「考える」ものだと思われることが多いのですが、
「決める」ことが本質だと思っています。
たしかに考えはするのですが、
いくら考えても正解はわからないんですよね。
それでも次の手を決めて、他の選択肢を捨てないといけない。
将棋のおかげで決断力が鍛えられました。

 

こちらのツイートはリツイートをされ、
いいねもたくさん付きました。

将棋の「決める」という側面を
新鮮に感じた人が多かったのかなと
思っています。

将棋はろくに考えなくても
最後まで指すことができます。

でも、次に指す手を決めなければ
局面はまったく進みません。

そういう意味で、
「決める」ことこそが将棋の本質
だと私は考えています。

「考える」ことで選択肢を生み出す

将棋において「考える」というのは、
選択肢を生み出すこと

そして、生み出した選択肢のうち
どれがいちばん良いのかを比べることです。

 

自分が指す番になったら、
何を指そうか考えます。

考えているうちに
「Aという手が良さそうかな」
「Bという手の方がいいかもしれない」
「Cという手もあるな」
と選択肢を広げていくのです。

それぞれの手を指したら
相手はどんな手を返してくるのか、
その後に自分はどう指そうか。

そんなふうに先を読みつつ、
どの選択肢がいちばんいいか
を「考えて」いきます。

 

 

例えるならば、
色々な種類の果物の種をたくさん持っていて、
それを地面にまいて育てる感じです。

A、B、Cというそれぞれの種からは
芽が出て木がどんどん大きくなって、
果物が実ります。

そうやって果物を育てることが
「考える」ということであり、
そのうちのひとつを収穫するのが
次の「決める」という段階です。

「決める」とは他の選択肢を捨てること

たくさんの手を考えたとしても、
いま自分が指せるのは一手だけです。

将棋では一手ごとに
「決める」必要があります。

決めるということをしなければ、
将棋は一手も進みません。

 

そして決めるということは、
選ばなかった他の選択肢を捨てる
ことです。

A、B、Cという選択肢があって
Aを選んだとすれば、
BとCは捨てることになります。

「決断する」という言葉は
「決めて(他の選択肢を)断つ」
と書きますが、
まさにその通り。

「捨てる」とか「断つ」というのは
ネガティブなイメージがあり、
実際のところ
決めることには痛みがあります。

選ばなかったものの方に
未練を感じたりするのです。

 

 

さきほどの果物の例で言えば、
収穫できる木はひとつだけ

他の木になった果物は収穫できないまま、
根本から切り落とさないといけません。

しかも、
収穫しようと選んだ木には
じつはあまり実が付いていなかった
という可能性もある。

決断するのは大変だし、
良いことばかりではないのです。

現実社会でも決断を求められる

将棋ではこのように、
「決める」ことが
つねに求められます。

そして、それは実は
現実の社会でも同じです。

私たちは常に、
色々なことに対して
決断を迫られています。

 

人生レベルでの大きな決断でいえば、
どの学校に入るかとか、
どの会社に就職するのかとか、
誰と結婚するのかとか、
どんな家に住むのかとか、
ぜんぶ自分が決めることです。

または、
反対にものすごくちょっとしたことでも
私たちは決めています。

ヒマな時間に
テレビを見るのか、
スマホでゲームをするのか、
ツイッターをながめるのか、
YouTubeで動画を見るのか、
お菓子を食べるのか、など。

つねに選択肢はたくさんあります。

 

 

大きなことであれ
小さなことであれ、
決めるということは
他の選択肢を捨てることであることに
変わりはありません。

そこには多少の痛みがあります。

 

子どものころは
将来の可能性は無限にあって、
希望にあふれています。

でも、大人になる過程で
「決める」ことを繰り返すことで、
選択肢をどんどん捨てることになります。

それがちょっと悲しく感じられたり
するものです。

「決める」ことは人生の本質でもある

一方で、選択肢というのは
実は捨てても捨てても
また生まれてくるものです。

これも将棋も現実世界も
似ています。

 

将棋であれば、
他の選択肢を捨てて一手に決めて指しても、
相手が一手指せば
また自分の番になります。

そうしたらまた、
たくさんの選択肢の中から選べます。

そうしたら、
また次に指す手をひとつだけ選んで、
残りは捨てる。

これを終局するまで
えんえんと続けるのです。

 

現実の世界でも同じです。

たとえば
ある会社に入ると決めたとして、
その後そこでどんなふうに働くかの選択は
自分しだいです。

会社を辞めて転職する選択肢も
つねにあります。

ヒマなときにテレビを見ると決めたとして、
どのチャンネルを見るのか
どんな姿勢でどれぐらい真剣に見るのかは
また選択肢があるのです。

 

決めても決めても
すぐに次の決断を迫られるのは、
将棋だけでなく
人生の本質だと言えます。

後悔せずに「いま何をするか」に集中する

将棋をやっていると、
後悔することがたくさんあります

悩んだすえに「これだ!」と決めた手が
実は悪い手で、
負けそうになることもしょっちゅうです。

そんなときは
「あのとき、あの手を選んでおけば…」とか
「あんな手を選んを選ぶなんて、自分のバカ!」
などと後悔して
色々と考えてしまいます。

 

でも、過ぎたことを色々考えても
どうしようもありません。

対局がまだ終わっていないなら、
なおさらです。

選ばなかった手のことはいったん忘れて、
「次に自分が何を指すか」
に集中しないといけません。

 

私は将棋をやっていて、
そうした決断力が鍛えられました。

私は転職とか起業とか
他の人があまりやらないことも
やってきていますが、
あまり後悔して引きずる
ということがありません

「じゃあ次になにをやろうか」
ということに考えが向かいます。

これも将棋のおかげかなと
私は思っています。

まとめ

将棋の本質は
「考える」ではなく「決める」ことにあると
私は考えています。

「決める」ことをしなければ、
将棋は一手も進みません。

そして、「決める」ことを常に求められるのは
現実世界での人生も同じです。

将棋によって決断力は鍛えられますし、
後悔せずに「いま何をするか」に
集中できるようになります。

将棋は良いですよ。

 

 

私はオンラインで将棋の指導もしているので、
興味のある方はこちらからどうぞ↓

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験と学びを
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

感想がどんどん届いており、
「読みやすくてためになる」
「この書籍に出会えてよかった!」
など、大好評です。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.