「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の戦法の魅力~好きな戦法を見つけて指そう~

 
将棋の戦法の魅力
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の戦法の魅力

みなさんは好きな戦法はありますか?

将棋には色々な戦法があり、
それぞれの戦法の魅力が
将棋を面白くしています。

好きな戦法を指すと
とても楽しいですし、
将棋を上達するのにも効果的。

今まで将棋の戦法に
あまり関心がなかった人にも
戦法の魅力を知ってほしい!
という思いで書きました。

好きな戦法を自由に指せる

将棋には序盤、中盤、終盤
とありますが、
私は昔から序盤が一番好きです。

将棋の序盤、
特に戦法を選ぶのは自由。

中盤や終盤のように
正解があるわけではなく、
自分の好きなように指せるのです。

 

例外として
自由に指せないのがトッププロ。

本当に高いレベルで
少しでも「勝ちやすい戦法」を選ぶなら、
自由はなくなってきます。

いま、トッププロに
最も選ばれている戦法は
「角換わり」です。

豊島将之名人、渡辺明三冠など
多くの棋士が得意としています。

あまりにも「角換わり」の戦法
ばかりなので、
ニコニコ生放送のコメントでは
「親の顔より見た角換わり」
なんて言われるほどです。

 

ただ、このように
戦法の勝ちやすさにこだわるのは
あくまでトッププロの話。

私たちアマチュアの場合は
プロのような厳密な将棋を
指すわけではないので、
選んだ戦法によって
勝敗が決まることはありません。

勝敗に直結するのは
「どの戦法を選ぶか」
よりも
「その戦法をどれだけ知っているか」
ということ。

自分の好きな戦法を何度も指して
その戦法のことをよく知れば、
対局相手よりもリードできます。

自分が選んだ戦法に対する
「愛」が大事なのです。

 

戦法に愛情を持って指せば、
その戦法の手筋やコツを
覚えるのも早いので、
自然と上達も早くなります

「なんとなくこの戦法が好きだな」
というものがあれば
どんどん試して、
自分に合う戦法を見つけましょう。

憧れのプロのマネができる

憧れのプロ棋士と
同じ戦法を指すことで、
その棋士のマネができる
のも将棋のいいところです。

スポーツなどで
プロ選手と同じことをやろうとしても
体がついていかないので
なかなかできないところ。

でも将棋であれば、
少なくとも序盤の戦法では
プロと同じことができるのです。

 

昔、升田幸三実力制第四代名人は
ものすごく人気がありました。

升田さんは斬新な新戦法である
「升田式石田流三間飛車」で
勝ちまくっていました。

升田さんの人気の理由のひとつとして、
この戦法が誰でもマネできたから
というのがあるとか。

たしかにマネは簡単です。

初手で角道を開けて、
その歩をもう1回突いて、
飛車を三間に振るだけで
気分は升田になれるのです。

そんなシロウトでもマネができる
わかりやすい戦法で
名人にまでなったのですから、
人気が出るのも納得です。

 

今であれば、
マネする対象はやはり
「角換わり」でしょう。

角換わりは藤井聡太七段も
得意としています。

小中学生の大会では、
藤井七段に憧れて
角換わりを指す少年たち

がたくさんいるそうです。

角を交換して
今流行の「▲4八金、▲2九飛」
の形にすればマネができますから、
これもわかりやすいですね。

ただ、角換わりは
中盤以降が難しい戦いになるので
あまり初心者向きの戦法
ではありませんが。

自分のオリジナル戦法を考えられる

プロの将棋をマネするという
話を書きましたが、
それとはまったく逆の
楽しみ方もあります。

それが、
自分のオリジナルの戦法を考える
ということ。

自分なりに序盤で工夫をして、
その指し方に
「○○戦法」とか「○○システム」と
名付けたりしつつ指してみるのです。

私自身もやりましたし、
ネットで見ていても
自分なりの戦法を研究している人は
けっこう見かけます。

 

自分なりの新しい戦法を
指し始めたばかりのころは、
相手にその弱点を突かれて
すぐに負けてしまうことがあるもの。

でも、対局の後には
その弱点をカバーする手を考えて
改善します。

そんな負けと改善を繰り返して
自分なりの戦法を作ると、
すごく愛着がわきますし、
満足できる指し方を発見すると
達成感があるのです。

将棋の序盤には
本当にたくさんの可能性がありますから、
色々な指し方が成立します。

すでにある定跡を学ぶのも
大事なことですが、
自分なりの戦法を考え出すのも
とても楽しいですよ。

戦法を使いたくて将棋をはじめる

戦法というのは、
それを指したいがために
将棋をはじめる
ぐらいの
魅力があるものです。

これは私の体験談なのですが、
私は藤井システムを指したいがために
将棋を本格的に勉強しました。

私の藤井システムとの出会いについては
こちらの記事に詳しく書きました↓

 

将棋をはじめる動機は
人によって色々だと思います。

私の場合は、
「藤井システムってなんだかカッコいい」
「藤井システムを自分でも指してみたい」
という思いが最初だったのです。

それぐらい
戦法の魅力は強いもの。

色々な戦法にふれて、
お気に入りの戦法を
見つけられるといいですね。

まとめ

将棋の戦法には
魅力がたくさんあります。

憧れのプロ棋士のマネができたり、
オリジナルの戦法を考えたり、
どの戦法を指すかは自由だったり。

私自身は
「藤井システム」という戦法を
指したくて将棋自体をはじめましたし、
戦法にはそれぐらいの力があるのです。

今まであまり戦法に興味がなかった人は、
ぜひ今後は戦法にも
注目してみてください。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.