「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「清麗戦」新たな将棋女流タイトル戦の特徴3つ

 
清麗戦
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

清麗戦

「清麗戦」という新たな女流タイトル戦が
2019年に将棋界に誕生しました。

「清麗戦」は
①予選の仕組み、②参加資格、③棋譜の公開
に特徴があります。

この3つの特徴に注目して、
「清麗戦」について紹介します。

7つ目の女流タイトル戦「清麗戦」

「清麗戦(せいれいせん)」の正式名称は
「ヒューリック杯清麗戦」

ヒューリック株式会社が主催しているため、
その社名が入っています。

ヒューリックは、
都心でのオフィスビルを中心とした
不動産業を営んでいる会社。

2018年4月からは
棋聖戦の特別協賛をするなど、
以前から将棋界に協力的です。

 

「清麗戦」は、
女流将棋界としては
7つ目となるタイトル戦です。

タイトル称号は「清麗」。

女流の棋戦にも関わらず
棋戦の名前やタイトルの名称に
「女」の字が入らないのは、
これが初めてのことです。

一見しただけでは
女流のタイトルだとはわかりません。

 

優勝賞金は700万円で、
これは女流タイトル戦としては最高額。

女流タイトルとしての序列は
いきなり1位
です。

 

「清麗戦」は2019年度からの開催ということで、
この1月からは
すでに予選の対局が始まっています。

次々に誕生した女流タイトル戦

女流棋界ではここ10年ほどの間に
タイトル戦の新設が相次いでいます。

男性棋界でも2017年度から
新しいタイトル戦として「叡王戦」が
誕生しましたが、
男性棋界で新たなタイトル戦が生まれたのは
じつに34年ぶりのこと。

それぐらい、タイトル戦が増えるというのは
珍しいことなのです。

 

一方、女流棋界ではこの10年ほどだけで、
2008年度から開催されている
「マイナビ女子オープン」
同じく2011年度からの
「リコー杯女流王座戦」
そして「ヒューリック杯清麗戦」という
3つのタイトル戦が生まれました。

10年前まで女流タイトルは
「女流名人」「女流王位」「女流王将」
「倉敷藤花」の4つ。

それが短期間に3つも増えて、
「七大タイトル」となったのです。

 

新しい棋戦を作るときには、
その棋戦ならではの特徴を作るものです。

今までと同じものを作ったのでは、
新鮮さや面白みがないですから。

清麗戦にも他の棋戦にはない
特徴が盛り込まれています。

私が注目する特徴は3つあります。

特徴①予選の仕組み

1つ目の特徴は、「予選の仕組み」です。

清麗戦の予選システムは独特です。

一言で言えば
「6勝で予選通過、2敗で敗退」

これだけではわかりにくいので、
どんな仕組みか簡単に説明します。

 

まず、全ての参加棋士について
初戦の組み合わせを抽選で決めて対戦します。

すると参加棋士の半分が初戦で勝ち、
半分が負けることになります。

そこで次は初戦で勝った棋士どうし、
負けた棋士どうしが対戦
するように組み合わせて
2回戦を行います。

このように組み合わせを決めながら
対戦を繰り返して、
6勝すればその時点で予選通過

逆に2敗してしまうと
その時点で失格となるのです。

 

タイトル挑戦者を決める方法としては、
今までは「トーナメント戦」か「リーグ戦」しか
ありませんでした。

清麗戦の予選はどちらにも分類されず、
女流棋戦と男性棋戦を含めて
今までになかった初の試みです。

男性棋界のタイトル戦の仕組みについて、
こちらの記事に書きました↓

 

この仕組みの良いところは、
1回負けてもまだチャンスが残されているところです。

通常のトーナメントでは
1回負ければ即失格ですので、
参加する棋士としては
かなり気分が違うのではないでしょうか。

将棋連盟の佐藤康光会長は
清麗戦の開催を発表する記者会見で、
女流棋士の対局の機会を増やしたい
語っていました。

その狙いを達成するには、
「2敗失格」はとてもいい仕組みです。

 

また、清麗戦の予選には
シードが一切ないというのも
大きな特徴です。

タイトルホルダーも他の棋士と
同じ条件で戦うことになります。

そのため、他の棋戦よりも
実績のない若手棋士が活躍しやすくなります。

 

「6勝通過、2敗失格」で予選を行うと、
本戦に進出するのは4人となるようです。

つまり、今回の第1期では
本戦で1回勝てば次はもう
タイトル戦七番勝負
となるのです。

これも、実績のない棋士が
いきなりタイトルを獲得するのに適した条件です。

叡王戦の高見泰地叡王のように、
一気にタイトルホルダーとなる女流棋士が
現れるのではないかと注目しています。

特徴②アマチュアや奨励会員は参加できない

2つ目の特徴は、
「アマチュアや奨励会員は参加できない」
ことです。

清麗戦の参加資格は、
現役の女流棋士にしか与えられません。

これは10年前の女流棋界であれば
当たり前のことだったのですが、
2019年の今ではむしろ新鮮です。

 

なぜなら、近年新たに設立された
「マイナビ女子オープン」と
「リコー杯女流王座戦」はどちらも、
アマチュアと奨励会員でも参加できる
「オープン戦」
だからです。

「オープン戦」の考え方としては、
「いま女流棋士であるかどうかに関係なく、
女性で一番強いのは誰かを決めよう」

ということです。

これは従来の女流タイトル戦にはなかった発想であり、
「マイナビ女子オープン」と「リコー杯女流王座戦」の
大きな特徴となりました。

 

男性棋界でもほとんどの棋戦で
アマチュアの出場枠が設けられている
ことを考えれば、
今となっては
アマチュアも参加できる方が
むしろ自然な感じさえします。

しかし、清流戦はそうした「オープン戦」の流れの
逆を行っているのです。

 

今回清流戦の参加資格が女流棋士に限定されたのは、
女性棋界での奨励会員の活躍の影響があるのではないかと
私は考えています。

はっきり言って、奨励会員が強すぎるのです。

2015年度から2017年度まで、
里見香奈さんと加藤桃子さんの奨励会員二人が
女流タイトル6つを独占。

奨励会員ではない女流棋士は、
ひとつもタイトルを取れませんでした。

 

女流タイトルホルダーが
奨励会員ばかりになるとどうしても
「女流棋士は奨励会員よりも格下」
というイメージができてしまいます。

それを避けるには、
はじめから奨励会員には
参加資格を与えなければいい。

そういった意図が
主催者側にあるのではないかと、
私は予想しています。

特徴③全対局の棋譜を公開

3つ目の特徴は、
「全対局の棋譜を公開している」
ことです。

予選も含めたすべての対局の棋譜を
無料で公開しているタイトル戦は、
男性棋界を含めても他にはありません。

女流棋戦は男性棋戦に比べると
棋譜中継やニコニコ生放送やアベマTVでの
放送の機会が少なくて、
指した将棋が将棋ファンの目に触れる機会が少ない
という現状があります。

そのため、
そんな状況を変える清麗戦の試みは
画期的なのです。

棋譜はこちらのサイトを
パソコンで開くと見ることができます↓

 

棋譜の一手ごとの解説は今のところ
スマホアプリの「将棋連盟ライブ中継」で
中継された対局のみに付いており、
それ以外の対局は解説なしのようです。

それでも一手ごとの消費時間は
わかるようになっていますし、
棋譜が見られるだけでもありがたいことです。

 

「2敗失格」の仕組みによって
対局の機会が増えるうえ、
その増えた対局の棋譜を見てもらえる

今までそうした機会が少なかった女流棋士にとって、
清麗戦はとても希望が持てるタイトル戦です。

まとめ

「清麗戦」は女流最高位のタイトル戦として
誕生しました。

予選の仕組み、参加資格、
全棋譜の公開に特徴があります。

このタイトル戦のおかげで
女流棋士の対局の機会が増え、
女流棋界がより盛り上がっていくことでしょう。

これまで目立たなかった棋士が
いきなり大活躍をして驚かせてくれないかと、
私は注目しています。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.