梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

将棋を指した後は一局を振り返ろう~「同じ失敗をしない」のが大切~

 
将棋を指した後は一局を振り返ろう
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。

将棋を指した後は一局を振り返ろう

将棋がうまくなりたければ、
将棋をたくさん指せばいい。

それはその通りではあるのですが、
実は対局することと
同じくらい大切なことがあります。

それは
「指した一局を振り返る」
ということ。

そして振り返ることによって
「同じ失敗をしない」
ようにすることです。

これができていない人は多くて、
それが将棋の上達が伸び悩む
原因になったります。

 

そこで今回は
一局の振り返りがなぜ大事なのかという理由と、
同じ失敗をしないようにして
将棋を上達していく方法をまとめました。

「将棋をがんばっているのに
なかなか強くなれない」
という人は、
これを読めば
その状態から抜け出せるかもしれません。

「同じ失敗をしない」のは実は難しい

なぜ一局の振り返りが大事かというと、
それは
「同じ失敗をしないようにする」
ためです。

これができるようになることが
対局の振り返りをすることの
最大の目的なのです。

 

同じ失敗をしないようにというのは
あたり前のことに思われるかもしれませんが、
実はこれが難しいもの。

というのも、
将棋ではそもそも
どこで失敗したのかがわからないことも多い
からです。

もし野球やサッカーであれば、
どのタイミングで相手に点を取られたのかは
誰が見てもわかります。

でも将棋の場合は
野球やサッカーのような
点数があるわけではないので、
まずは相手にどこでリードされたのかを
確認するところから
始めないといけません。

相手にリードを許すことになった
失敗を見つけるために、
振り返りが必要なのです。

 

将棋を指すのは楽しいので、
一局が終わったら
またすぐに次を指したくなります。

でも次々に将棋を指しばかりで
振り返りをしないと、
自分の失敗に気付かないので
それを修正することができません。

すると
せっかく将棋に時間を費やして
対局を何十回やっても
強くならなかったりします。

そうなってしまうのは
嫌ですよね。

だから、
「同じ失敗をしない」ためには
一局の振り返りをする必要があるのです。

ネット対局を活用しよう

自分が指した一局を振り返るには、
ネット対局がとても役に立ちます。

将棋をはじめたばかりの人だと、
対局で自分と相手が指した手を
覚えるのは大変
です。

一局の手順を正確に覚えるのは
有段者でもできなかったりするほどで、
それほど難しいことなのです。

 

そこで活用したいのが、
ネット対局です。

具体的には、
パソコンのサイトなら
「将棋倶楽部24」や「81dojo」、
スマホのアプリなら
「将棋ウォーズ」や「将棋クエスト」など。

こういったところで将棋を指すと、
どんな将棋を指したのかという記録(棋譜)が
自動的に保存されます

そして、対局が終わってから
その将棋を最初から最後まで、
一手ずつ進めながら
じっくり振り返ることができるのです。

 

ネット対局だと
感想戦がやりにくいという
デメリットがあるのですが、
その代わりに
自分一人での振り返りは簡単です。

一局を振り返るのに慣れていない人は、
まずはネットで指した将棋を振り返ることから
始めてみましょう。

自分が勝った将棋を振り返る

では、一局の振り返りは
どのように行えばいいのでしょうか。

まず、自分の指した将棋を開きましょう。

インターネットサイトやアプリによって
どこから開けるかは違いますが、
棋譜検索やマイページからできます。

自分が勝った対局と負けた対局がありますが、
これはどちらも振り返りましょう

どちらからも得るものがあります。

 

次に、負けた将棋であれば
自分が失敗した手を探します

自分でその一局を指していて
このあたりから形勢が苦しくなったというのは
なんとなく感じていると思うので、
そのあたりを中心に。

一手一手考えながら見ていくと、
形勢が悪くなった原因が
わかってくるはずです。

例えば、
「王手飛車取りをかけられてしまった」
ということがあったのであれば
「王手飛車取りをかけられるスキを作った
この手が悪かった」
と気づいたり。

「この銀に攻められて守りを崩されてしまった」
というのを見つけたら、
「この銀を前に出させてしまったこの手が悪かった」
と考えたりします。

自分が勝った将棋であっても、
振り返ると思わねピンチがあったり、
もっと良い手が見つかったりします。

 

そして、
そういう自分の悪かったところを見つけたら、
それならどうしていれればよかったのか、
ということを考え直してみます。

正解はすぐにはわからないかもしれませんが、
自分で考えてみることが大事です。

「次はこう指そう」
という修正案を決めること。

これが「同じ失敗をしない」
ということです。

 

今後も対局をしていけば、
同じような局面になることが
またあるはずなので、
そのときに修正案を試してみましょう。

もしかしたら
その修正案でも
うまくいかないかもしれませんが、
そのときはまた考え直せばいいのです。

それは「同じ失敗」ではないので、
あまり気にすることはありません。

修正案をきちんと考えたこと自体が、
将棋の上達にとても有効なのです。

将棋ソフトの利用

一局を振り返るときに
棋譜を将棋ソフトに読み込ませる
という方法もあります。

将棋ソフトを使えば、
「評価値」で形勢の動きがわかります。

野球やサッカーのように、
どこで点を取られたのかが
評価値によって表示されるわけです。

また、自分が失敗した局面で
どんな手を指せばよかったのかというのを
「候補手」で表示される機能もあります。

 

とても便利なのですが、
将棋が強くない人には
あまりオススメしません。

というのも、
将棋ソフトばかりに頼ってしまうと
自分で考える力が身につかないから。

将棋の上達には
有効でない場合も多いので、
まずは自分で修正案を考える習慣を
身につけましょう。

ずっと初段のおじさん

街の将棋道場に行くと、
「ずっと初段のおじさん」
がどの道場にもいるものです。

毎週のように将棋を指して
対局数を何百局もこなしても、
いっこうに強くならない

そういうおじさんは
勝負を楽しむばかりで、
対局の振り返りはしません。

だから同じ失敗を繰り返して、
それ以上は上達しないのです。

 

おじさんが強くならないのは、
自分の将棋を変えようとしないから。

逆に言えば、
自分の将棋を変えようすれば、
将棋は上達します

すんなり一直線に
上達するとは限りませんが、
もいつまでも強くならない
ということはないはずです。

 

ちなみに私は
「ずっと初段のおじさん」が
おじさんが悪いとは思いません。

私のモットーは
「アマチュアは将棋を楽しむのが一番」
なので、
おじさんが楽しく将棋をやれているのであれば、
他人がとやかく言うことではありません。

ただ、「将棋が強くなりたい」
という思いがある人であれば、
おじさんと同じことをしていたのではダメ。

将棋を指すことを楽しみつつも、
一局の振り返りもきちんとやりましょう。

自分のクセを直そう

自分の指した将棋を振り返ることで、
自分のクセを直すことができます

クセというのは
「無理に攻めてしまう」
「駒損を怖がってしまう」
などといったもの。

そして、
クセを直すのは他の将棋の勉強法では
できないことです。

 

例えば、
将棋に関する本を読むのもいい勉強法ですが、
本というのは
誰が読んでも役に立つように書かれています。

あなたのクセなどは反映していません。

だから、
本を読んで知識を蓄えたとしても
それだけでは
「勝てる」というところまでは
なかなか到達できないことがあります。

自分で対局をしてそれを振り返ることで
自分のクセを理解して、
悪いクセを直していかないといけないのです。

 

この「自分のクセを直す」には、
「対局をする → 振り返る」
という流れをふむのが
ほとんど唯一と言っていい対処法。

将棋の勉強法として、
対局をすることは
それほど好きではないという人も
いるかと思います。

そんな人こそ、
対局をしたときには
徹底的にその将棋を
振り返りましょう

そして自分のクセを見つけて
直していくことで、
他の勉強法では得られない効果を
得ることができますよ。

まとめ

将棋を上達するには、
自分の対局を振り返って
「同じ失敗をしない」
ようにすることが大切です。

ネット対局なら
振り返りが簡単なので、
まずはそこから始めましょう。

失敗した局面での
修正案を考えることで、
将棋の実力が自然とついていきます。

最近将棋が強くならないという人は、
自分の対局を振り返ることを
ぜひ試してみてください。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

----------------------------------

私は情報発信ビジネスで起業して、
自宅で自由に働いています。

起業する前は転職も経験しており、
自分が何をしたいのかわからなくて
悩みまくった時期もありました。

そんな私が変われたのは、
「論理的思考」を鍛えたからです。

論理的思考を身につければ
苦しいときを乗り越えて
人生の転機を自分で作る方法を
見つけることができます。


かつての私のように
悩んでいる人の力になりたくて、
私の経験を本にまとめました。

大学受験、就職活動、転職、そして起業
という流れを
ストリー形式でまとめており、
おもしろく読み進められます。

また、読むだけで論理的思考のことが
わかるように書いたので、
仕事や勉強などにすぐに役立てられます。


メルマガのなか限定で
その本を公開しているので、
もし興味があれば
読んでみてください。

電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.