「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

広瀬章人竜王vs豊島将之名人、竜王戦第1局~台風接近の中で開幕~

 
広瀬章人竜王vs豊島将之名人、竜王戦第1局
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

広瀬章人竜王vs豊島将之名人、竜王戦第1局

今期の竜王戦七番勝負が開幕。

広瀬章人竜王への
挑戦権をつかんだのは
豊島将之名人。

「竜王vs名人」という
将棋界の最高峰のタイトル保持者
どうしの対戦となりました。

大型の台風19号が
日本に接近する中で
行われた本局。

「角換わり」の泰大熱戦となり、
豊島名人が勝利しました。

対局の情報まとめ

2019年10月11日、12日
第32期竜王戦七番勝負第1局
広瀬章人竜王vs豊島将之王位(先手)
東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」
持ち時間:各8時間
開始 9:00(11日)
終了 19:55(12日)
173手まで 豊島名人の勝ち
消費時間
広瀬:7時間59分
豊島:7時間59分

 

1日目
<午前のおやつ>
広瀬:ホットコーヒー
豊島:フルーツ盛り合わせ
<昼食>
広瀬:鶏照り焼き重
豊島:国産牛の網焼きステーキ重
___(温野菜添え)
<午後のおやつ>
広瀬:洋梨のムース
___ホットレモンティー
豊島:ぶどうのジュレ
___アップルジュース

 

2日目
<午前のおやつ>
広瀬:ホットコーヒー
豊島:フルーツ盛り合わせ
<昼食>
広瀬:鶏照り焼き重
豊島:ビーフカレー
___(温野菜添え)
<午後のおやつ>
広瀬:黒糖マロンのロールケーキ
___ホットレモンティー
豊島:アップルパイ
___アップルジュース

 

立会人:
島朗九段
副立会人:
中村太地七段

 

■ニコニコ生放送

<1日目>
解説者:
塚田泰明九段
聞き手:
塚田恵梨花女流初段

 

<2日目>
台風の影響で放送なし

 

■アベマTV

<1日目>
解説者:
飯島栄治七段
阿部健治郎七段
聞き手:
貞升南女流初段
里見咲紀女流初段

 

<2日目>
台風の影響で解説なし

 

本局が行われたのは
渋谷にある能の舞台の上

「和」の空間という意味では
将棋と共通ですが、
少し異様にも見える光景。

とはいえ竜王戦の開幕局は
3期連続でこの場所で指されているので、
もはや恒例です。

日本中が台風で
大騒ぎをしているときにも、
アベマTVで見る対局風景は
いつも通り静かで、
ちょっと不思議な感じがしました。

一局の流れ:角換わりの大熱戦

振り駒の結果、
豊島名人の先手に。

となれば戦型はやはり
「角換わり」となりました。

豊島名人も広瀬竜王も
「角換わり」を得意としているので、
第2局以降も
「角換わり」は多く出現しそうです。

 

そして、
豊島名人のタイトル戦では
恒例となりましたが、
序盤の手が進むのが
本当に早い
です。

対局開始から
たった1時間ほどで
50手ほども進みました。

研究範囲は時間を使わずに
どんどん指す豊島名人のスタイル。

広瀬竜王も持ち時間に
差をつけられないように、
同じように早指しでついていきます。

 

前例で似た形のある展開でしたが、
豊島名人が65手目に
「▲2四桂」と桂をぶちこんだ
のがすごい手でした。

すぐに「△同歩」と
取られてしまう形ですが、
桂を損してでも
攻めていこうという手です。

しかし、
広瀬竜王はこのタダで取れる桂馬を
あえて取らず、
平然と駒組みを進めました。

豊島名人の桂馬は不発となり、
広瀬竜王は桂馬をいつでも
好きなときに取れる権利

を確保したのです。

豊島名人からは
仕掛ける手がなくなってしまい、
苦労する展開に。

豊島名人がどう攻める形を作るか
という局面で午後6時となり、
豊島名人が次の一手を封じて
1日目が終了しました。

 

2日目入ると、
広瀬竜王の方から
仕掛けていきました。

十分な態勢から攻めていき、
2四の桂馬もうまいタイミングで取って
好調でした。

ただ、豊島名人も
自陣の被害を最小限に抑えながら反撃。

広瀬竜王の玉を
左右両側から挟み撃ち
にする形に持ち込みます。

すると終盤に入るころには
形勢が逆転して、
豊島名人の方が有利となりました。

残り時間も124手までの時点で
豊島名人が1時間56分あるのに対し、
広瀬竜王はたったの17分

まだ難しい局面ながら、
広瀬竜王にとっては
勝ちにくい状況となりました。

 

最後は広瀬玉が受けなしとなり、
豊島玉が詰むかという勝負に。

両者持ち時間を使い果たして
1分将棋。

広瀬竜王は王手を続けますが
ギリギリ詰まず、
豊島名人の勝利

終わってみれば
173手の大熱戦。

豊島名人としては
タイトル奪取に向けて
良いスタートとなりました。

台風の影響

本局は大型の台風19号
接近する中で行われました。

対局自体には
特に支障はありませんでしたが、
2日目の観戦には影響がありました。

ニコニコ生放送は
番組自体を中止

アベマTVは番組の放送はあったものの
解説などはなくなり
対局室の映像を流すだけとなりました。

 

番組の出演者やスタッフの
安全を確保するためにも、
やむおえない判断だったと思います。

鉄道の計画運休が増えるなどの
世の中の流れもあり、
今後も本局のように
台風がネット番組に影響することは
増えていきそうです。

まとめ

広瀬竜王に豊島名人が挑戦する
竜王戦七番勝負が開幕。

角換わりの熱戦となり、
豊島名人の勝利。

本局は台風が接近する中で行われ、
ニコニコ生放送が番組を中止し、
アベマTVでの解説がなくなるなど
影響が広がりました。

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.