タクシーでボッタクられた経験とタイ料理~タイ,カンボジア21

タクシーにボッタクられてしまいました。

バンコク市内からドンムアン空港に
移動する際のことで、
ボッタクリには注意していたのに避けられず。

また、そのタクシーの前後には
トムヤンクン、タイカレー、
パッタイなどのタイ料理を楽しみました。

トムヤンクンとタイカレーの昼食

ワットプラケオの見学を終えたのが
午後2時過ぎ。

腹ペコだったので、
昼食を食べる場所を探しました。

旅の荷物を全部背負ったまま
朝から3大寺院を見て回ったので、
足もクタクタです。

ただ、ワットプラケオの周りは
あまり飲食店がなかった
です。

王宮の出入り口の前に
少しだけ飲食店がありますが、
とても狭いうえに混んでいます。

近くにタイ料理を食べられる飲食店はないかと
グーグルマップで探して、
出てきた情報を頼りに歩き回りました。

午後2時半ごろ、
王宮の東側にあるロード運河を渡ったあたりで、
ようやくレストランに入れました。

こちらの「Poj Spa Kar Restaurant」というお店↓

店内の様子↓

昼食と夕食の間ぐらいの時間帯ということもあり、
客は私一人でした。

荷物を背中から降ろして席に座り、
ようやく一息です。

メニューは写真入りで、
とても見やすくてよかったです↓

トムヤンクンとタイカレーとごはんを注文し、
冒頭の写真のように料理がそろいました。

空腹だったので、染みわたるおいしさ。

ただ両方ともスープ系になってしまったので、
別の料理を頼んだ方がよかったかもしれません。

トムヤンクンを食べたのは二度目で、
前回食べたときの味と比較することにより
自分の中で「トムヤンクンとはこういうもの」
という味のイメージが決まりました。

タイカレーはけっこう辛かったですが、
具だくさんで食べごたえがありました。

流しのタクシーでドンムアン空港へ

昼食を終えた後、流しのタクシーを拾って
ドンムアン空港へと向かいました。

バンコクでタクシーに乗るのはこれで3度目ですが、
ボッタクリに合わないように注意が必要なので、
毎回緊張します。

バンコクのタクシーについては
こちらの記事にも書きました↓

ただ、結果から言うと、
このタクシーではボッタクリに合ってしまったので、
その詳細を書いてみます。

まず、私はタクシーが走り出す前に、
メーターを使うかを確認しました。

走った距離に応じて料金を支払うということで、
メーターを使った方が
ボッタクリをされにくいと考えたのです。

運転手がメーターを使うと言ったので、
次に私は高速道路を使うように運転手に伝えました。

下道で行って渋滞にハマるのが嫌だったのと、
どうせ後で高速道路を使うか質問されるので、
早めに伝えておいたのです。

ただ、そのせいなのかわざとなのか、
タクシーはムダに高速道路を使いました。

ドンムアン空港はバンコクの北にあるのですが、
そちらにまっすぐに向かわず。

いったん南に進んで
バンコク市街地の外周部をぐるりと回り、
それから北へと向かうという
環状ルートの高速道路に乗ったのです。

これは明らかに遠回り。

そして、高速道路をガンガン走る間にも
メーターは進んでいって料金が高くなります。

メーターを使っていることが裏目に出てしまいました。

その遠回りする高速道路を
降りてしばらくすると、
今度は空港に向かう道で再び高速道路に乗りました。

高速道路に乗る度に高速道路代金を請求されるので、
それだけでも出費が増えていきます。

しかも、空港使用料の50バーツ
車を降りるときに請求してきました。

空港使用料は空港から客を乗せた場合にかかるお金で、
空港で降ろしてもらうときにはかかりません。

私もそのことをよく知らなかったので
そのときはおとなしく払ったのですが、
空港使用料の分は本来なら不要なお金で、
その分はあきらかにボッタクリでした。

なんだかんだとお金を請求され、
車を降りてからかかったお金を整理したところ、
以下の通りでした。

運賃 343バーツ
高速代1 50バーツ
高速代2 70バーツ
空港乗り入れ料 50バーツ
■合計 513バーツ

513バーツ(約1700円)というのは、
ボッタクリのせいで
ずいぶんと高くなってしまいました。

後日、タクシーでバンコク市内からドンムアン空港まで
高速道路を使わないで行くように指示したところ、
163バーツ(約540円)で行けました。

料金が3倍ぐらい違うわけで、
こんなにも料金が変わるんですね。

ただ、多少ボッタクられたとしても
総額で1700円ぐらいなので、
お金の損害は大したことはないです。

あまり金額のことは気にしすぎず、
おおらかに楽しく旅行をする方が
賢いのかもしれません。

手荷物の預け入れ

空港に着いてから
手荷物の預け入れをしました。

私はエアアジアのオンラインチェックイン
済ませておきました。

成田空港ではオンラインチェックイン済みの人
専用のレーンがあり、
荷物を預けるのに時間がかからなかったのです。

しかし、ドンムアン空港では
そういった専用レーンが見つけられず、
長い列に並ぶことになってしまいました。

荷物を預けるための混雑はすごくて、
けっこう時間がかかりました↓

ドンムアン空港で手荷物を預けるつもりであれば、
時間に余裕を持って空港に到着するように
旅行の予定を組んでおいた方がよさそうです。

甘口のタイ料理「パッタイ」

フライトは午後8時発。

飛行機に乗る前に、
軽く夕食を食べておくことにしました。

荷物の預け入れなどをするフロアより
1階上のフロアにある
「The Villa Halal」というお店↓

タイ料理のお店ということで、
入ってみました。

まだ食べていないタイ料理を
試してみようということで、
注文したのは「パッタイ」

米粉麺を炒めたタイ風焼きそばで、
辛くなくて香ばしい甘めの味が特徴です。

見た目はなんだか辛そうなのですが、
実際食べてみると、たしかに甘い。

辛くないおかげで、パッタイはタイの麺料理の中でも
特に外国人に人気のメニューらしいです。

写真にもあるように、
味を調整するものとして
唐辛子のようなもの、砂糖のようなもの、ココナッツの
3つが添えられています。

砂糖ようなものとココナッツは
甘いので問題なかったのですが、
唐辛子のようなものはものすごく辛くて、
これをかけたせいでせっかくの甘口のパッタイが
辛くて食べにくいものになってしまいました。

パッタイの味を調整する際には、
辛くしすぎないように注意が必要です。

次回は、いよいよカンボジアへ移動します。

タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓

将棋マッチ


       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告