「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

サンタクルーズの桟橋上のレストランとコーヒー~北米旅行記13~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

サンタクルーズの桟橋の上には
ステキなレストランがあり、
海を見ながらの食事は最高。

「VERVE COFFEE ROASTES」という
コーヒー店に行ったり、
サンノゼでは電気店の「Fry’s」で
内装に驚いたりと
楽しい体験が色々できました。

サンタクルーズの桟橋

サンタクルーズの遊園地で遊んで、
駐車場のある桟橋まで戻ってきました。

遊園地についてはこちらの記事をどうぞ↓

 

時刻は午後1時前。

このころには空も晴れてきて、
日光が降り注ぐビーチリゾートらしい
雰囲気が出てきました。

桟橋の上も明るく開放的です↓

 

橋の上では釣りをしている人がたくさん

釣れているかと脇のバケツの中を見ると、
小さい魚がけっこう釣れています。

大物を狙うのではないのは、
日本で言うとワカサギ釣りのような
感覚でしょうか。

 

桟橋の上から海の中をのぞき込んでみると、
日光が当たっている場所は
水中がよく見えます。

すると、バケツの中にいたのと同じ小さい魚が
群れになって大量に泳いでいるのが見えました。

これだけいれば、楽々釣り上げられそうです。

 

桟橋の上にいると、どこからか
動物の鳴き声が聞こえてきました。

足元をのぞいてみると、
海面近くの桟橋のハリの上で
アシカが休憩中

 

サンフランシスコでのピア39でも
驚きましたが、
こちらでは本当に
野生のアシカがいたるところにいるようです。

桟橋の上のレストランで食事

お腹も空いてきたので、
食べるところを探します。

桟橋の上にはおいしそうなレストランが何店もあって、
どこに入ろうか迷ってしまいます。

結局、桟橋の先端あたりにある
「DOLPHIN」というレストランに決めました↓

 

このレストランは、なんと言っても
眺めが良さそうなのがいいです。

桟橋の終点付近にあるので
店の目の前に車道がなく、
左右どちらも海に面しています。

 

レストランに入ると
店内の席とテラス席のどちらがいいか聞かれましたが、
ここは当然、テラス席を選択

青と白の内装で、ステキですね↓

 

期待通り海の眺めが最高で、満足。

ただ日差しが強烈だったので、
パラソルの影に隠れるように
座る位置に注意する必要はありました。

冒頭の写真の料理は、
友人が注文した「フィッシュ&チップス」。

私はシーフードパスタにしました↓

 

眺めのいい海の上のレストランで、
潮風を感じながらシーフードを食べる。

最高ですね。

桟橋の上のお土産屋さん

桟橋の上にはお土産屋さんも
何店舗もありました。

木でできた桟橋の上に
こんなにたくさんの建物があること自体に
驚いてしまいます。

お土産屋さんでは色々なものを売っていて、
見て歩くと楽しいです。

 

そんな中で特に面白かったのが
日本語が書かれたスケートボード。

カタカナで大きく文字が書かれた
スケートボードが、いくつかあります↓

 

その文字は、なぜか「クリーチャー」

まあ「クリーチャー」には
「架空の動物」という意味があるので、
竜のイラストなどと一緒にデザインされているのは
的外れというわけではないのですが。

だけど、そんなにデカデカと
スケートボードに書く言葉ではないような…。

言葉の意味はどうでもよくて、
このカタカナの字の並び
アメリカ人のセンスでは
カッコよく見えるのでしょうか。

謎です。

コーヒー店「VERVE COFFEE ROASTES」

桟橋の駐車場を出て、
近くにおいしいコーヒー店があるということで
友人が連れて行ってくれました。

「VERVE COFFEE ROASTES」というお店。

人気のあるコーヒー店で、
この店舗はコーヒー工場のすぐ脇にあると
友人が教えてくれましたが、
当時はそれ以上のことは知りませんでした。

 

この記事を書くにあたって改めて調べてみると、
このコーヒー店は日本にも進出していてびっくり。

日本で店舗のある場所は
表参道、新宿、そして鎌倉ということで、
ブランドを大事にしている印象を持ちます。

しかも、「VERVE COFFEE ROASTES」の
発祥の地はサンタクルーズということで、
日本にも進出するような人気のコーヒーを
よく知らぬ間に本場の地で味わえていました。

 

こちらが店内↓

 

街中から少し離れた場所にあるので、
開放的でありながら落ち着いた雰囲気。

私は「Cold Brewed Coffee」
(水出しコーヒー)を注文。

 

タッチパネルで注文するのですが、
これが便利でした。

チップの額は画面の表示から選択すればよく、
クレジットカードのサインまで
タッチパネルに指で書いて済ませてしまうので、
とてもスマート。

店員さんの手間は少なく、
時間もかかりません。

人手不足で悩む日本こそ
こういうシステムを導入するべきだ、
などと考えてしまいました。

 

こちらがテイクアウトしたコーヒー↓

 

雑味がなくてスッキリしつつ
深い味わい
のある、
おいしいコーヒーでした。

このコーヒーを飲みながら、
ハイウェイでサンノゼへと帰ります。

くもりの天気で霧もあった朝とは違い、
晴れ渡った空の下のドライブで気分は爽快。

やはり旅行中は天気が大事です。

サンノゼの電気店「Fry’s」の内装

サンノゼに帰ってきましたが、
飛行機の時間までは
まだ時間があります。

そこで友人の提案で
電気店に行ってみることに。

やって来たのは「Fry’s」というお店↓

 

カリフォルニアを中心に展開している電気店で、
冷蔵庫やテレビなどの家電はもちろん、
パソコンのパーツ類や部品も
売っているのが特徴です。

店内は広々としていて、
まさに郊外型大型店舗という感じ。

 

そして「Fry’s」で面白いのが、
店舗ごとに内装にテーマがあること。

今回行ったサンノゼのお店のテーマは
「古代エジプト」のようです。

見てください、
電気屋さんの中にこんなものが!↓

 

このファラオの像のようなものには
何の実用性もないと思います。

ただの飾りです。

まあ、僕は古代エジプトは好きなので
記念撮影をしたりしましたけれども、
こんなものを店内に設置してしまうとは、
ずいぶん面白いことをしますね。

 

次はこちら。

パソコン売り場、その台を支えているのは…↓

 

パソコンに気を取られながら台に近づいて
至近距離でこのヒョウに気づくと、
驚いてぎょっとしますね。

よく見ると照明も凝っています。

こちらでは棚と棚の間にさりげなく棺が↓

 

電気屋さんの中なのに
テーマパークにでも来たような感覚になって、
なかなか楽しかったです。

 

その後、車でサンノゼ空港まで送ってもらい、
ここで友人ともお別れ。

私が楽しめるように
色々なところに連れて行ってくれてありがとう。

友人が車で案内してくれたおかげで、
面白い体験がたくさんできました。

 

 

ここからは再び単独行動。

1列が4席しかない小型の飛行機に乗り込み、
この旅の最終目的地である
カナダのバンクーバーへと向かったのでした。

 

 

アメリカ・カナダ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.