「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「超習慣術」の書評・感想~セルフ・コンパッションで挫折を防ぐ~

 
「超習慣術」の書評・感想
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

「超習慣術」の書評・感想

メンタリストDaiGoさんの著書
「超習慣術」を読みました。

良い習慣を身につけるための方法が
理論と具体的方法の両方から
説明されていて、
とても役立つ内容でした。

特に習慣化するときの挫折を防ぐ
「セルフ・コンパッション」
は学びになったので、
私も実践していきたいです。

メンタリストDaiGoさんの「超習慣術」

私がメンタリストDaiGoさんの本を読むのは
これで3冊目です。

「超集中力」と「超効率勉強法」
についても記事を書きました↓

 

今回読んだ「超習慣術」は
こちらの本です↓

 

タイトルの通り、
「習慣」にテーマを絞った一冊。

勉強して何かを身につけるためには、
それなりの時間を費やさなければいけません。

3日間だけ集中的にがんばればいいとか
そういうものではなく、
数ヶ月とか、
場合によっては
何年にもわたって勉強を続ける
必要があります。

そうなると瞬間的な気合ではなく
「習慣」にして
毎日少しずつ続けていくことが必須。

習慣にできるかどうかが、
勉強がうまくいくかどうかを
左右するわけです。

 

ただ、習慣にするというのは
言うほど簡単ではありません。

勉強にしろ、運動にしろ、ダイエットにしろ、
普通はやりたくないことだからこそ
多くの人ができなくて苦労するのです。

そこで本書では、
イヤなことでも続けられるように
「習慣化のコツ」が
たくさん紹介されています。

DaiGoさんの他の本でもそうでしたが、
科学的に実験で効果が確かめられた
ということが示されながら説明されるので、
それぞれのコツに説得力があります。

また、「習慣化のコツ」は
どれもすぐに実践できる簡単なものばかりなので、
自分がやりやすいものから
取り入れていけば、
すぐに効果が得られそうです。

「セルフ・コンパッション」

「超習慣術」の中で
私が最も印象に残ったのが
「セルフ・コンパッション」
の話です。

コンパッション(Compassion)は、
「同情」や「共感」という意味。

セルフ・コンパッションというのは
「自分を受け入れる」
「自分にやさしくする」
ということです。

何かを習慣にしようとしたものの、
途中で習慣が途切れてそのまま挫折
してしまった経験は
誰しもあると思います。

1日習慣をさぼってしまうと、
自分を責めたり
自己嫌悪におちいってしまったり
するものですが、
それが習慣を途切れさせる原因になる
というのが本書の指摘。

そうなることを避けるために有効なのが
セルフ・コンパッションなのです。

 

自分を責めず、
いい意味で自分を許して受け入れてあげる。

自分の意志の弱さを受け入れることで
逆に習慣化を確実にして、
二度と挫折しないようにすることが
できるというのです。

「超習慣術」の中では、
セルフ・コンパッションのやり方が
詳細に7つも説明
されているので、
よく理解してから挑戦できます。

筋トレで挫折した経験

私も習慣化に挫折した経験は
過去に何度もあります。

なかでも筋トレは
うまくいきませんでした

 

大学生のころに
「割れた腹筋」にあこがれて、
何度も筋トレを習慣にしようとしました。

夏が近づくと毎年のように
「今年こそは」と思い立って
毎日腹筋することを決意するのですが、
1週間もせずに挫折。

何日かうまくいったとしても、
バイトで疲れていたり
飲み会があったりして、
さぼってしまう日が出てくるのです。

そうすると
「なんで自分で決めたことができないんだ」
と自分を責めて、
筋トレをすること自体が
精神的につらいもの
になってしまっていました。

そうなると
ただでさえめんどうな筋トレが
ますます嫌になってしまって、
そこでやめる結果となっていたのです。

 

今になって振り返れば、
当時の自分に必要だったのは
「セルフ・コンパッション」
だったとわかります。

たとえ筋トレを1日さぼっても、
それを受け入れて自分を慰めて、
また次の日から
再開すればよかった
のです。

自分を責めなければ、
イヤな思いをしないので、
筋トレ自体を嫌いにならずに済みます。

 

私は今は筋トレに情熱はないので
筋トレを習慣にしようとは
思わないのですが。

今は自分のビジネスのために
勉強が必要なので、
勉強の習慣をより強化するために
「セルフ・コンパッション」
を活用していくつもりです。

習慣化にするのに
完璧主義になると
続かなくなってしまう
ので、
「セルフ・コンパッション」
でうまくバランスが取れるといいですね。

まとめ

メンタリストDaiGoさんの著作
「超習慣術」は
良い習慣を身につけるための本。

科学的な根拠を示しつつ、
習慣化のためのテクニックが
たくさん紹介されているので、
とても役に立ちます。

私は特に「セルフ・コンパッション」
という考え方が勉強になったので、
今後は活用していくつもりです。

 

メンタリストDaiGoさんの
他の本の書評も書いているので
合わせてどうぞ↓

 

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.