「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

パリミュージアムパスを現地で購入する方法~パリ旅行記3~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

パリミュージアムパスは
現地で購入できます。

私の今回の旅行では、
現地のシャルル・ド・ゴール空港で
パリミュージアムパスを購入しました。

そのときの体験と、
現地で購入することに決めた経緯を
お伝えします。

■パリミュージアムパスを購入する方法

パリミュージアムパスの利点は、
こちらの記事でご紹介しました↓

では、いざパリミュージアムパスを買おうとしたら、
どうすればいいのでしょうか?

 

自分の場合は
フランス旅行に行く2カ月前には
このパスの存在に気がついたので、
そこからインターネットなどで
色々と調べました。

すると、パリミュージアムを
販売しているサイトがいくつかあって、
日本にいるうちに購入できることがわかりました。

現地で買おうとすると
言葉が通じないのが心配なので、
日本にいるうちに買っておけば安心です。

 

でも、実際には私は
そうしたサイトでは購入しませんでした。

なぜでしょうか?

■日本でパリミュージアムパスを購入しなかった理由

まず、インターネットで購入しても、
実物を日本にいるうちに
手に入れられない
というサイトがありました。

お金はネットで先に払うけれど
それは「予約」をするだけであって、
パス自体は現地に行ってから
所定の場所で受け取ってくださいというものです。

 

日本にいるうちに
手元に持っておいて安心したいと思っているのに、
これでは意味がありません。

それどころか、
フランスの現地で受け取ろうとしたときに
すんなり事が運ばなかったら、
外国語でうまく説明できる自信がありません。

結果、お金だけ払ってパスは手に入らない、
なんてことになる可能性も考えられます。

心配なことが多いので、
そういったサイトは使う気になりませんでした。

 

一方、日本にいるうちに
自宅にパスを宅配便などで送ってくれる
というサイトもありました。

これなら安心ですし、
現地に行ってから買う手間も省けるので
非常にありがたい。

このサイトで買おう。

そう思ったのですが、
よく見るとパリミュージアムパスの
「6日券」はなぜか取り扱っていない…。

「2日券」と「4日券」は売っているのに、
不思議な話です。

自分がほしいのは「6日券」なので、
このサイトで購入するのも
あきらめることにしました。

■パリミュージアムパスを現地で購入できる場所

色々調べているうちにわかったこと。

パリミュージアムパスは
現地に行ってからなら
様々な場所で購入できるのです。

例えば、以下の場所で購入できるようです。

・観光案内所
・主要な美術館
・チケット売店
・タバコ屋

 

いろいろな場所で売っていますね。

ただ、現地でパリミュージアムパスの
売り場を探す時間と手間は
なるべく省きたいところ。

美術館で買うのは簡単そうですが、
その場合には美術館に行ってから
入場券売り場の列に並ぶ
ことになります。

その順番待ちをなくしたくて
パスを購入しようとしているのですから、
美術館で買うのは避けたい。

 

そこで私が目を付けたのが、
空港内にある観光案内所です。

今回の旅行の予定では、
初日はパリの空港についたら宿に直行、
翌日朝から観光のつもりでした。

空港でパリミュージアムパスを
ゲットできれば、
翌朝はすぐに美術館に向かえます。

初日のうちに買っておけば、
その日は安心して眠れそう。

 

ということで、
空港内の観光案内所で買うと狙いをつけ、
日本にいるうちには
パスに関して何もしないと決めました。

■シャルル・ド・ゴール空港で観光案内所を探す

そして旅行当日。

パリのシャルル・ド・ゴール空港に
着くとすぐに、
パリミュージアムパスを買うべく
観光案内所を探します。

 

ところが、これが意外と手間取りました。

空港で預けた手荷物が
ぐるぐる回ってくるロビーを出ると、
目の前にすぐ案内所が。

ただ、「これは違うな」と
直感でわかりました。

すごく事務的な雰囲気で、
観光客を歓迎しようという
感じではなかったのです。

ガイドブック「地球の歩き方」で
事前に仕入れた情報によって、
空港の案内所には
「空港に関する案内所」と
「観光に関する案内所」の
2種類がある
ことはチェック済み。

雰囲気から判断して、
目の前にあるのは
「空港に関する案内所」の方だと
当たりをつけました。

 

では、「観光に関する案内所」は
どこにあるのか。

「こっちの方かな」と
適当に歩いては引き返す、
というムダなことを2回ほどした末に
ようやくお目当て場所を
発見できました。

こちらは観光客向けの
パンフレットなどがたくさん置いてあり、
いかにも「観光に関する案内所」
という雰囲気。

これに間違いありません。

 

ちょうど前に一組だけいた
お客さんがいなくなり、
順番待ちなしで用件を聞いてもらえる状況に。

「これはチャンス」と案内所に突入です。

■パリミュージアムパスをカウンターで購入

さて、カウンターにいるのは
おそらくフランス人と思われる
中年の白人男性。

思い切って

「Hallo, I want museum pass.」
(ミュージアムパスがほしいんですけど)

と話しかけてみます。

そうするとその男性は笑顔で

「パリミュージアムパスですね。
どの種類ですか?
2 days, 4 days, 6 daysの
3種類がありますよ」

というような返事を
英語で返してくれました。

「よかった、さすがに観光案内所では
英語は通じるよな」
と私は一安心。

 

しかも男性はご丁寧なことに、
2日券、4日券、6日券の
それぞれの値段などが英語で書かれた
A4の紙
を手に持って見せながら、
会話をしてくれます。

パリミュージアムパスのことを
よく知らない人なら、
購入しようとしていきなり日数を聞かれると
戸惑ってしまうことでしょう。

しかし、すでに調べが付いていて
どれにするか決めている私は、
「6 days!」と元気に答えます。

するとカウンターの男性も

「Good!」と
またもいい笑顔で返してくれて、
これで無事に購入できました。

 

日本にいたときから心配していた
パリミュージアムパスの購入でしたが、
実際にやってみたらすごく簡単に
短時間で済ませることができました。

「案ずるより産むがやすし」ですね。

 

ちなみに、英語がまったくできなくても
見せられた紙を指させば伝わります。

お会計も電卓で数字を見せてもらって、
その額を支払えばいいので問題ありません。

英語が話せなくても、
心配しなくて大丈夫です。

■観光案内所での他の買い物

おまけの話。

観光案内所で
パリミュージアムパスを
すんなり手に入れらたことに
気を良くした私は、
他のものもついでに買うことに。

空港からパリ市内までの
列車のチケットと、
地下鉄やバスで使える
回数券の10枚つづりです。

 

これらをこの空港内の
観光案内所で買う人は多いのでしょう。

パリミュージアムパスを買うときに
見せてくれたA4の紙には、
この2つの値段も書かれていました。

それもあって、
パリミュージアムパスのついでに
スムーズに注文が完了。

 

ただ、いざ会計のときに
改めて確認してみると、
列車のチケットも回数券も、
事前に調べていた価格よりも
微妙に高い…。

結局そのまま買ったのですが、
後で調べてみると
観光案内所でチケットを買うと、
1件につき手数料が
1.5€(約210円)かかる
ようです。

列車のチケットも回数券も
自動発券機で簡単に買えるので、
あえて観光案内所で買う必要はなかったと
後で少し反省しました。

まあここで色々買えたことで
一気に気が楽になったので、
その点はよかったです。

 

ちなみに、
パリミュージアムパスを買うのには
手数料はかかりませんでした。

列車のチケットなどとは
扱いが違うようです。

 

それから会計では
クレジットカードで支払ったのですが、
このとき日本円で払うか
ユーロで払うか選べた
のが面白かったです。

日本円の値段は
ユーロに為替レートを
掛けて出しているだけなのですが、
このレートが悪そうだったので
私はユーロ払いを選びました。

この後いろいろな場所で
クレジットカードを使ったものの、
日本円での支払いを選べたのはここだけ。

なぜここでだけ支払い通貨が選べるのか、
なかなか興味深いところ。

 

無事に必要なものを買って
観光案内所を去るときに
改めて周りを見てみると、
一番目立つところに
様々な言語で書かれた
パリミュージアムパスのパンフレット

並んでいました。

観光案内所としては
力を入れて売っている
商品なんですね。

 

 

自分が現地でパリミュージアムパスを
購入したときの様子をご紹介しました。

パリミュージアムパスの購入を
考えている人は、
参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

パリミュージアムパスについては、
こちらの記事もどうぞ↓

ルーブル美術館、オルセー美術館など
パリの観光スポットを
効率良く回るための情報を
「パリ旅行記」の他の記事に書いているので、
合わせてどうぞ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.