「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

Paravi(パラビ)で将棋の王座戦を観戦、7つのポイント

 
Paravi(パラビ)で将棋の王座戦を観戦
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Paravi(パラビ)で将棋の王座戦を観戦

今期の王座戦五番勝負では
Paravi(パラビ)にて
解説の中継が行われています。

これは去年まではなかった
新しい試みです。

私はパラビというサイトの存在を
今までまったく知りませんでしたし、
多くの将棋ファンは
同じではないかと思います。

私は今回、
パラビに会員登録をして
実際に番組を視聴してみました。

さらに、この機会に
パラビについても調査。

そうしてわかった
7つのポイントをまとめました。

この記事を読めば、
将棋ファンから見て
パラビがどんなサイトなのか、
会員登録するべきなのか
がわかります。

私の結論を最初に書くと、
「将棋のために継続して
お金を払う価値はないけれど、
30日間は無料体験ができるので
会員登録してみるといいですよ」
です。

 

パラビの王座戦のページはこちらです↓

①Paravi(パラビ)は動画配信サービス

まず、最初のポイント。

そもそもParavi(パラビ)とは
何なのでしょうか。

パラビは一言で言えば、
動画配信サービス
です。

動画配信サービスは有名どころでは
Netfrix(ネットフリックス)や
Hulu(フールー)などがあります。

ここ数年で数えきれないほどの
動画配信サービスが登場しましたが、
パラビもその中のひとつ。

パラビは2018年4月に
サービス開始したばかり。

月額925円(税別)の料金を支払えば、
たくさんのコンテンツが
見放題になるという仕組みです。

 

現在のところ、
パラビでは将棋のコンテンツが
ぜんぜん充実していません

将棋に関しては
第67期王座戦のコンテンツが4つあるのみ。

将棋に期待をすると
がっかりすることになります。

パラビは基本的に
映画やドラマなどを
楽しむためのサービスです。

他の動画配信サービスと比べると、
パラビは国内ドラマが充実している
という特徴があるようですが、
将棋に関してはまるでダメです。

 

注目したいのが、
パラビの運営会社に
日本経済新聞社が出資していること。

そして、
日本経済新聞は王座戦の主催者
でもあります。

なぜ王座戦をパラビで放送するのか、
私は不思議だったのですが、
その理由がわかりました。

②会員登録が必須

2つ目のポイントは、
パラビでは会員登録が必須
だということ。

パラビと同様のインターネットでの
タイトル戦の中継といえば、
ニコニコ生放送やアベマTVがあります。

これらが会員登録をしなくても
すぐに見られるのに対して、
パラビでは会員登録をしてからでないと
解説を観ることはできません。

しかも、会員登録のためには
以下の情報を
すべて入力する必要があります。

・名前
・メールアドレス
・パスワード
・生年月日
・性別
・支払い方法
_(クレジットカード番号など)

 

ちょっと解説が観たいな、
と思ったときに
これだけの情報を入力するのは手間ですね。

パラビは手軽さでは
ニコニコやアベマに大きく劣ります。

③無料体験30日間あり

ポイントの3つ目は、
30日間の無料体験がある
ということ。

前述したように、
会員登録の際に
クレジットカード番号などを
入力しなければいけないのですが、
30日間は料金を請求されません。

この30日間というのは
王座戦を観戦するのには都合が良くて、
第2局以降に会員登録すれば、
第5局までをカバー
できます。

なので、
今期王座戦の解説を視聴するために
とりあえず会員登録をする
というのはオススメです。

30日間は王座戦だけではなく
他の映画やドラマなども見放題なので、
気になるコンテンツがあれば
見てみるといいでしょう。

 

ただし、30日以内に解約をしないと
毎月925円(税別)を請求されます。

パラビを継続して利用する気がなければ、
王座戦が決着したら
パラビの解約を忘れないようにしましょう

④インタビュー動画は無料

ポイントの4つ目は、
無料のインタビュー動画がある
ということ。

パラビは基本的には
会員登録をしなければ
番組を観ることはできませんが、
会員登録をしなくても見られる
将棋関連の動画が
2つだけ用意されています。

斎藤慎太郎王座と
永瀬拓矢叡王、
それぞれのインタビュー動画
で、
どちらも12分間ほど。

今期王座戦五番勝負に向けての
両対局者の率直な思いが
語られています。

こちらはめんどうな会員登録なしで
観られるので、
興味のある方はぜひどうぞ。

永瀬叡王が
「バナナは何本用意すればいいか」
と聞かれて真剣に悩んでいる場面が
面白かったです。

 

こちらのページですぐに見られます↓

⑤番組内容は少しもの足りない

ポイントの5つ目は、
番組内容は少しもの足りない
ということ。

ふだんから対局中継をしている
ニコニコ生放送とアベマTVと比べると、
パラビはまだまだ発展途上という感じ。

パラビの放送を観ていると、
ニコニコ生放送とアベマTVが
視聴者を楽しませるために
いかに工夫しているか
ということに
改めて気付かされます。

ニコニコやアベマにあって
パラビにない特徴としては
以下のようなものがあります。

・視聴者からのコメント機能
・視聴者からのメール質問
・アンケート機能
・食事やおやつの写真
・対局場の写真や映像
・現地と中継をつなぐ
などなど

 

パラビを観ていると、
ニコニコ生放送で将棋の中継が
始まったばかりのことを
思い出します。

どうすればいいのか、
出演者もスタッフも
手探りの状態なのです。

本来は回数をこなしていくうちに
内容が良くなっていくものなのですが、
パラビは王座戦五番勝負しか
放送しない
ようなので、
それも難しそう。

回数が少なく期間も短いので、
今後番組内容が改善されていくという
期待は薄いでしょう。

ニコニコやアベマと比べて
放送開始が午後5時半からと遅く、
時間が短いのも残念です。

⑥出演棋士は豪華

ポイントの6つ目は
出演棋士は豪華
だということ。

第3局での出演棋士について
第2局の番組内で紹介があったので、
現時点でそこまではわかっています。

そこで、
第3局までの出演棋士をまとめると
以下の通りです。

<第1局>
解説:中村太地七段(前王座)
聞き手:伊藤沙恵女流三段
<第2局>
解説:中村太地七段(前王座)
聞き手:加藤桃子女流三段
<第3局>
解説:佐藤天彦九段
聞き手:山口恵梨子女流二段

 

男性棋士は
タイトル獲得経験のある
比較的若い棋士
ということで、
統一感があります。

特に中村太地七段には
「前王座」という立場として
出演してほしかったのでしょう。

女流棋士も安定感のある方が
選ばれている印象。

パラビは将棋中継には不慣れなぶん、
出演棋士を豪華にすることで
それをカバーしようという
意図が感じられます。

⑦大盤解説会とスタジオ解説

ポイントの7つ目は
大盤解説会とスタジオ解説の
両方のパターンがある

ということ。

第1局の番組は、
日経グループの「SPACE NIO」
という会場に
お客さんを集めて行った
大盤解説会の様子を
撮影した映像でした。

一方、第2局は
スタジオでパラビのためだけに
解説した映像
を放送。

第3局以降は
どちらのやり方なのか
気になるところです。

 

これに関しては
第2局の番組内で
高見泰地七段は
「これがパラビの本来のやり方」
だということを語っていたので、
第3局以降は
スタジオ解説で行われそう。

対局によって
こういった違いがあるというのは
今までに見たことがなかったので、
新鮮でした。

まとめ

Paravi(パラビ)で
将棋の王座戦を観戦する場合の
7つのポイントは以下の通りです。

①Paravi(パラビ)は動画配信サービス
②会員登録が必須
③無料体験30日間あり
④インタビュー動画は無料
⑤番組内容は少しもの足りない
⑥出演棋士は豪華
⑦大盤解説会とスタジオ解説

 

パラビには将棋コンテンツが少ないため、
将棋を目的として
パラビに課金するのはオススメできません。

普段は映画やドラマを見放題で楽しんで
そのついでとして将棋も観る、
というのがパラビの正しい活用方法
だと思います。

ただ、30日間は無料体験ができるので、
これから王座戦を観るのであれば
ちょうどいいです。

興味のある方は
会員登録してみては
いかがでしょうか。

 

パラビの王座戦のページはこちらです↓

 

 

ニコニコとアベマを比較した
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.