「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

斎藤慎太郎王座vs永瀬拓矢叡王、王座戦第2局の情報まとめ

 
斎藤慎太郎王座vs永瀬拓矢叡王、王座戦第2局
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

斎藤慎太郎王座vs永瀬拓矢叡王、王座戦第2局

挑戦者の永瀬拓矢叡王が
先勝して迎えた第2局。

斎藤慎太郎王座は
「角換わり」で用意の作戦に引き込み、
序盤から中盤にかけてリード。

しかし、
終盤で時間がないことも影響し、
逆転を許してしまいました。

永瀬叡王が勝利、
これで五番勝負は2連勝。

斎藤王座にとっては厳しい状況です。

本局の情報をまとめました。

対局の情報まとめ

2019年9月18日
第67期王座戦五番勝負第2局
斎藤慎太郎王座(先手)vs永瀬拓矢叡王
大阪府大阪市「ウェスティンホテル大阪」
持ち時間:各5時間(チェスクロック使用)
開始 9:00
終了 20:53
134手まで 永瀬叡王の勝ち
消費時間
斎藤:5時間0分
永瀬:5時間0分

 

<昼食>
斎藤:ビーフピラフ
___フレッシュジュース(オレンジ)
___ウーロン茶
永瀬:ホテル特製カレーライス(ビーフ)
___フレッシュジュース(グレープフルーツ)
___ホットコーヒー
<おやつ>
斎藤:バニラのジェラート
___アイスティー
永瀬:ドゥショコラ(チョコレートケーキ)
___フレッシュジュース(グレープフルーツ)
<夕食>
斎藤:クラブハウスサンドウィッチ(半分)
___ホットカフェオーレ
永瀬:クラブハウスサンドウィッチ
___フレッシュジュース(グレープフルーツ)
___

 

立会人:
淡路仁茂九段

 

■ニコニコ生放送
解説者:
豊川孝弘七段
聞き手:
中村桃子女流初段

 

■アベマTV
解説者:
屋敷伸之九段
三枚堂達也七段
本田奎四段
聞き手:
安食総子女流初段
山根ことみ女流初段

 

■Paravi(パラビ)
解説者:
高見泰地七段
聞き手:
加藤桃子女流三段

 

ニコニコ生放送の番組は
いつもと違うスタジオから放送。

今日は叡王戦の対局と
かぶってしまったため、
いつもの場所が使えなかったようです。

豊川孝弘七段のおやじギャグ
さえわたっており、
楽しい解説でした。

午後4時過ぎには
対局者が夕食の注文をしている様子も
映りました。

永瀬叡王は
メニューが書いてある紙を見て
悩んで長考。

タイトル戦では
前日のうちに注文をすべて
聞いておく場合が多いため、
王座戦のように
対局中に決めてもらうのは珍しいです。

 

本局は
Paravi(パラビ)でも
午後5時30分から
解説が放送されました。

王座戦五番勝負に限った放送のようですが、
将棋を観られる機会が増えるのは
将棋ファンとしてうれしいことです。

一局の流れ:斎藤王座の逆転負け

本局は斎藤王座の先手番。

斎藤王座は得意の
「角換わり」の戦型を選択。

永瀬叡王としては
「横歩取り」に誘導して
「角換わり」を避けることもできたのですが、
堂々と受けて立ちました。

やはり第1局に勝ったこともあり、
序盤から永瀬叡王の側に
余裕が感じられます。

序盤はお互いに研究範囲ということで
どんどん手が進んでいきますが、
斎藤王座には用意の一手がありました。

「▲4五歩」と位を取ったのがその手。

この手を指すと
4五に桂馬が跳ねられなくなり、
先手から仕掛けにくくなります。

そのため過去には
あまり指されていないという
事情のある手です。

 

斎藤王座は2筋の歩を伸ばさずに
「▲2六歩」の形で保留しておいたのが工夫。

こうすることによって、
将来「▲2五桂」と跳ねることができます。

ただし、「▲2六歩」の形だと
2筋から攻めていくことができません。

そこに目を付けて、
「▲4五歩」を見た永瀬叡王は
後手番ながら
すぐに仕掛けていきました

序盤から面白い駆け引きです。

 

中盤戦は永瀬叡王の攻め、
斎藤王座の受け
という展開。

しばらく丁寧に受けていた
斎藤王座でしたが、
いきなり飛車を切って流れを変え、
攻めに転じました。

それに対して永瀬叡王も
負けじと飛車を切り、
一気に流れが変わって
終盤戦に突入。

お互いに飛車を敵陣に打ち込んで
寄せ合いに入ったところで
夕食休憩に入りました。

 

王座戦の夕食休憩の時点で
こんなに局面が進んで
終盤戦になっているのは珍しいこと。

通常はまだまだ中盤戦という
局面のことが多いです。

対局者としては
局面に悩まされてしまい、
落ち着いて食事を楽しむというわけには
いかなかったことでしょう。

夕食休憩の時点で
残り時間には大きな差があり、
斎藤王座が残り29分しかないのに対して
永瀬叡王は1時間53分も残していました。

局面は少し斎藤王座が有利なのですが、
この時間の差が心配になるところでした。

 

はたして、その心配は的中。

夕食休憩後に
いよいよ持ち時間がなくなった
斎藤王座にミスが出て、
形勢が逆転します。

しかし永瀬叡王も決めきれずにミスをし、
また逆転。

両者秒読みの中で
形勢が二転三転しましたが、
最後に抜け出したのは永瀬叡王。

自玉が安全な形で
一方的に攻め続ける展開
となり、
勝負は決まりました。

永瀬叡王が勝利。

これで2連勝で、
王座奪取まであと1勝です。

まとめ

王位戦第2局は永瀬叡王が勝利。

斎藤王座としては
序盤と中盤で有利にできていただけに、
悔しい敗戦となりました。

永瀬叡王は
形勢が苦しくなっても
じっと耐えて差を広げさせずに
逆転のチャンスをうかがい、
持ち味の出た将棋でした。

第3局は10月1日に行われます。

斎藤王座がカド番でふんばれるか、
注目です。

 

 

王座戦第1局については
こちらの記事をどうぞ↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.