梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

普通のことを普通にやるすごさ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。


普通のことを
普通にやる人が一番すごい。

私はそう思います。

どういうことでしょうか?

■「普通の手で勝つ人が一番強い」

私の趣味である将棋に、

「普通の手を普通に指して勝つ人が
一番強い」

という考え方があります。

強い人というのは
相手も思いつかないようなすごい手を
次々に繰り出す人という
イメージがあるかもしれません。

 

ですが実際は、勝つためには
相手の意表をつくような手は
必要ないのです。

むしろ、
誰でも思いつくような手を
淡々と指して勝てる人が
一番強いと言われています。

■普通でないことには無理がある

意表を着くような手というのは、
相手が最初から無理だと思うような手なわけで、
そいう手であるからには
失敗するリスクも大きいのです。

そのため、うまくいくこともある一方、
自滅してしまうことも多くあります。

ですが、誰も驚かないような普通の手なら
見た目は地味かもしれませんが、
失敗して痛い目に合うリスクは
ほとんどありません。

なので、リスクの少ない
普通の手だけで勝てればそれが理想的、
ということになります。

 

ただ、普通の手であれば
当然相手も考えているわけですから、
相手としても
自分が悪くなる方向に
そう簡単に行こうとはしません。

そのため、普通の手で有利になるためには
深い読みが必要になるのです。

相手よりも先を読むことができれば、
無理なく指し進めながら、
自分の優位を築くことができるのです。

 

「普通の手を指して勝つ」というのは、
パッと見は目立たなくても、
実はすごい高度な技を
使っている
と言えます。

ですから、そういう勝ち方をしている人が
一番強いと考えられるのですね。

■仕事や勉強でも同様

仕事や勉強でも
同様のことが言えると思います。

みなさんの周りに、
派手でなくても
この人がいると仕事がスムーズに進む
という人はいないでしょうか。

 

特別なことをしているわけではないのに、
たしかに大きな結果を生んでいる。

そういう人が、
実は一番すごいのかもしれません。

 

普通のことが普通にできる。

そんな風になりたいものですね。

 

 

 

---------------------------

私は大学で物理学を専攻して
大学院にも進学しつつ、
将棋部に入って
アマ四段まで将棋を鍛えました。

メーカーに就職して技術者として
3年働いたあと、
エンジニアリング会社に転職。

転職先を3年半ほどで辞めて起業し、
現在は思考法や将棋を教えています。


そんな私の経験をおもしろくまとめ、
読むだけでアタマが良くなる
本を書きました。

無料で電子書籍を公開しているので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで無料で受け取れます。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.