「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

叡王戦振り駒兼見届け人体験記3~感想戦、記念撮影、将棋会館見学~

 
勝利者インタビュー
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

勝利者インタビュー

叡王戦振り駒兼見届け人の体験記、
最終回の第3回です。

対局が終わってからも
貴重な経験が色々できました。

まず対局室に入って
感想戦を見学。

さらに勝利者インタビューを
ニコ生のスタジオで見学して、
勝者の及川拓馬六段と記念撮影。

さらには
ふだんは入れない
将棋会館の特別対局室なども
見学させてもらいました。

「振り駒兼見届け人を自分もやりたい」
という人の参考となるように、
自分の体験をまとめておきます。

 

第1回と第2回の記事はこちらです↓

一局の流れ:最終盤での逆転

私が振り駒兼見届け人を務めたのは
第5期叡王戦六段予選Cブロック決勝、
村中秀史七段vs及川拓馬六段の対局です。

過去の対戦成績は
村中七段の4戦全勝で、
及川六段にとっては苦手な相手。

この一局が
どんな流れだったのか紹介します。

 

私が行った振り駒の結果、
及川六段の先手に。

及川六段が得意とする
「角換わり」
村中七段が受けて立ちました。

お互いに腰掛け銀にするかと
思われましたが、
村中七段は手損をしてまで
「右玉」に組みました。

対する及川六段は
角を5六に打って
銀を4六に上がるという、
かなり珍しい陣形で対抗。

お互いに万全の形に組み合ってから
村中七段が「△6五歩」と仕掛けて
本格的な戦いに。

お互いの玉頭で
激しい戦いになりましたが、
村中七段がリードを奪います

 

ただ最後、
村中七段が「△8七飛成」と
及川玉を受けなしに追い込んだ瞬間、
村中玉に即詰みが生じて逆転

及川六段が長い手数で
きっちり詰まして、
逆転勝ちとなりました。

感想戦での指摘

私は見届け人専用の控室にて
ニコ生で観戦していました。

及川六段が最後に
連続して王手していたときには、
ソフトの評価値や解説で
村中玉が詰んでいることが
私にもわかりました。

そうなると
いつ終局しても
おかしくありません

身支度を整えて
終局を待ちました。

 

やがて105手で
村中七段が投了。

それを見届けてから、
すぐ近くの対局室へと
移動しました。

終局の様子は
ニコ生公式のこちらのツイートで
見られます↓

 

対局室に入ると、
真剣勝負の緊張感と熱気が
残っていました。

対局者の邪魔にならないことを
最優先に考えつつ、
盤のすぐ近くに座って
感想戦を見学します。

ニコ生の映像にも
感想戦のときの対局室の様子は
映っていることは
これまでの放送からわかっていたので、
正座をしてきちっとした姿勢を保つ
ことを心がけていました。

 

感想戦は中盤のあたりから
駒を動かしながら
詳しくやっていたので、
私も見ていて理解できました。

今までニコ生で観戦していたときには、
記録係の机の位置は
盤から遠く見えるので、
駒がちゃんと見えるのだろうかと
不思議に思っていたのですが。

実際に自分でその位置に座ってみて、
駒は問題なく見えることが確認できて
長年の疑問が解消できました。

本局は最終盤で逆転があったということで、
そのあたりが特に時間をかけて
検討されました。

 

終盤で村中七段が「△6七銀」と捨てて
「▲同玉」に「△8七飛成」とした
手順がありました。

感想戦では
「△6七銀」と捨てた手が
やりすぎだったか
ということで
代わりに他の手を指すことが
検討されました。

しかし、
村中七段のはっきりとした勝ち筋は
見つかりません。

私は観戦しながら
ソフトの評価値を見ていたので、
「△6七銀」と捨てた手は悪手ではなく、
「△8七飛成」が悪手で
一気に評価値が逆転したことを
確認していました。

そのことを指摘したかったのですが、
対局者にそういうことを
言っていいのかわからなかったので、
しばらく様子をみていました。

 

しばらくすると村中七段が
「何かありましたか?」
と記録係や写真撮影をしていた人に
話かけました。

しかし、それらの人からは
明確な返答はなし。

ここで私は、
対局者以外が指摘しても良いし、
むしろそれが望まれているのだと
はっきりわかりました。

 

そこで、
その後少して検討が一区切り
ついたところで勇気を出して、
「私はソフトの評価値を
見ていたのですが、
△6七銀と捨てたところまでは
村中七段が2000点ほどで優勢で、
次の△8七飛成で逆転したようです」
ということを伝えました。

すると村中七段が
「何を指すべきでしたか」
と聞いてくださったので、
千田翔太七段の解説を思い出して
「△6六金はどうでしたか」
と答えました。

すると及川六段も反応して
すぐにその局面に戻して、
「△6六金」の検討が
始まりました。

その後は両対局者が
色々な変化を次々と並べて、
どれも後手勝ちそうだという
結論になりました。

 

村中七段はこちらを向いて
「金打ちではっきりしていたんですね」
と語りかけてくださいました。

自分の意見を真剣に聞いて
検討してくださって、
本当にうれしかったです。

今はソフトの評価値があるので
プロ棋士でなくても
有力な手を知っている可能性があるので、
私の意見も聞き入れやすい環境があります。

とはいえアマチュアの言うことを
素直に聞き入れることは
棋士の側に心の広さがないと
できないことなので、
両対局者の姿勢に感銘を受けました。

 

感想戦で口出しすることは
でしゃばった行動とも言えるので、
ニコ生の視聴者コメントで
悪く言われるのではないかと
少し心配しました。

後でタイムシフトの映像を確認したところ、
実際には好意的なコメントばかりでした。

「いいぞいいぞ」
「ずっと言いたかったw」
「金はらってんねんから言ってやれ」
「楽しんでるなぁ」
などなど。

感想戦に参加するというのは
見届け人として
対局室にいるからこそできることで、
本当に貴重な体験となりました。

勝利者インタビューと記念撮影

感想戦が終わったら、
いったん控室にもどりました。

それからニコ生スタジオに行って、
対局開始時にはいなかった
叡王戦の運営のタケダさんにあいさつ。

タケダさんは
ニコ生の将棋番組を見ている人には有名人で、
番組の中でちょくちょく登場します。

名刺を交換して、
私のやっている「将棋マッチ」
についても
話ができました。

ニコ生の有名人と会えて
得した気分です。

 

やがてニコ生のスタジオに
及川六段が来て、
本戦進出を決めた棋士に
毎回行われる
勝利者インタビューが開始されました。

インタビューが行われている様子を
私も見学できることに。

インタビューをニコ生で見ると
こんな感じです↓

 

このインタビューは
私も毎回見ているのですが、
それを画面越しでなく
生で見られました。

撮影機材などが
置かれているスペースから
こんなふうに見えました↓

勝利者インタビュー

 

ニコ生はこうして
収録されているんだなと
とても興味深かったです。

インタビューを終えた及川六段は
その場で色紙に揮毫をしてから
別室に移り、
その色紙を持って写真撮影↓

及川拓馬六段

 

その際に私も
ツーショット写真
撮ってもらえました。

それがこちら↓

及川拓馬六段と記念撮影

 

及川六段とは
少しお話することもできて、
いい記念になりました。

及川六段は対局後で
お疲れのところを対応していただき、
感謝です。

将棋会館の見学

これで終わりかと思いきや、
叡王戦のスタッフの方のご好意で
将棋会館の中を案内
してくださることに。

今回の叡王戦が行われたのは
将棋会館の5階なのですが、
4階の対局室なども
見せてくれるというのです。

ただし、もし順位戦などで
4階で対局が行われている場合は
案内してもらうことは
できないらしいので、
私はラッキーでした。

 

タケダさんともう一人の運営の方と
階段で4階に降りて、
真っ暗な部屋の照明をつけながら
案内してもらいました。

中継のある対局が
行われることが多い
「特別対局室」や
「高雄」の間、「飛燕」の間など。

ふだんは一般の人は
立ち入れない場所を
見学できました。

また対局室以外にも、
対局中の棋士が食事をとる
「桂」の間や、
こちらの場所も↓

 

このエレベーター前のこの場所は
「3月のライオン」や「将棋めし」など
将棋を題材とした数多くの作品で
登場します。

私のような
コアな将棋ファンにはたまらない
夜の将棋会館ツアーでした。

 

その後は控室に戻って
手荷物を整えて、
いよいよ見届け人の時間が終了。

5階で運営のお二人に見送られて
エレベーターに乗り込み、
そのまま将棋会館の外に出ました。

時刻は22時50分。

外から見ると
将棋会館は真っ暗↓

 

濃厚な今日一日を振り返りながら、
人気の少ない夜道を歩いて
千駄ヶ谷駅へと向かったのでした。

まとめ

対局が終わってからは
感想戦や勝利者インタビューの見学、
及川六段と記念撮影、
将棋会館の見学などをしました。

特に感想戦で
気になっていた変化を直接聞いて
感想戦に参加できたのは感激でした。

叡王戦振り駒兼見届け人として
他ではできない体験を
たくさんすることができて、
とても満足。

クラウドファンディングで支援した
金額以上の価値がありました。

もし来年も
クラウドファンディングがあるようなら、
興味のある方はぜひ
振り駒兼見届け人になるために
支援してみてください。

それが自分のためにもなりますし、
叡王戦のためにもなりますよ。

 

 

叡王戦のクラウドファンディングや
振り駒兼見届け人の記事は
こちらにまとめてあるので、
合わせてどうぞ↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.