「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「観る将棋ファン(観る将)」の現状と歴史を全力で解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

観る将棋ファン、観る将

「観る将棋ファン(観る将)」とは、
どんな人のことを言うのでしょうか。

私自身は観る将向けに
ブログ記事を書いており、
観る将を意識して
将棋マッチというサービスを立ち上げました。

私のやっていることを人に説明するには
まず観る将について
知ってもらう必要がありますが、
そもそも将棋自体に詳しくない人に
わかりやすく伝えるのは大変。

これまでにそういう機会が
何度もありましたし、
つい先日も苦労しました。

観る将のことを説明するには
本当はネットのどこかのページのリンクを送って
「このページを読んでください」
で済ませたかったのですが、
ネット上をを探しても
私が求めているようなページは
見つかりませんでした。

そこで
「ないなら自分で作る」
ということで、
この記事を書くことにしました。

これを読めば、
将棋に詳しくない人でも
「観る将」がどんな人かということと、
その現状と歴史がわかります。

「観る将棋ファン(観る将)」とは

「観る将棋ファン(観る将)」とは、

「自分では将棋を指さないけれど
プロ棋士の対局を観戦するのが好きな人」

です。

「自分では将棋を指さない」
というところがポイントで、
人と対戦することはないのはもちろん、
将棋の細かいルールは
わかっていない人もいます。

「観る将」が将棋を楽しむときには、
例えば以下のようなところに
注目したりします。

・棋士の性格や人柄やルックス
・食事やおやつ
・服装や持ち物
・対局中のクセや仕草
・解説の棋士の話

 

そして、観る将であればたいてい
「推しの棋士」がいます。

有名な棋士では
藤井聡太七段や羽生善治九段など、
将棋のプロ棋士は
女流棋士を含めると
200〜300人います。

その中でも
自分のお気に入りの棋士がいて、
その棋士を応援するのが楽しいのです。

むしろ、その人を応援しているから
その人がやっている将棋を観戦している
という感覚のファンも多いです。

将棋好き → 棋士が好きになった
ではなく、
棋士が好き → その棋士の将棋を観る
という順番なわけです。

 

「観る将」の対になる言葉は
「指す将」です。

「指す将棋ファン(指す将)」
将棋の対戦を楽しむ人です。

昔は「観る将」や「指す将」
なんて言葉は存在しませんでした。

なぜなら、
将棋が好きな人は全員が
「指す将」という扱いだったからです。

「観る将」の存在が意識されていなかったので
わざわざ「指す将」なんて言う必要も
なかったわけです。

「シリコンバレーから将棋を観る」

「観る将棋ファン」という存在を
世間に広めるきっかけとなったのは
一冊の本でした。

それが
「シリコンバレーから将棋を観る」
です↓

著者はIT企業経営コンサルタントの
梅田望夫さんで、
2009年4月に発売。

梅田望夫さんは
この3年前に出した
「ウェブ進化論」という本が
ベストセラーになって
一気に有名人となっていたため、
「シリコンバレーから将棋を観る」も
注目を集めました。

私自身は当時大学生で、
「ウェブ進化論」も
「シリコンバレーから将棋を観る」も
発売直後に読みました。

そして「観る将棋ファン」という
新しい考え方に衝撃を受け、
それと同時に大いに納得したものです。

 

それまで将棋の世界には、
「指して強いこと」によって
将棋好きの度合いをはかる
という空気がありました。

将棋が強くない人には
将棋が好きだという資格がない

という空気。

「あの対局に感動した」
と言おうものなら、
「将棋が強くないくせに、
あの対局の何がわかるの」
と言われてしまう。

そんな状況でした。

でも、梅田望夫さんは
「シリコンバレーから将棋を観る」の中で、
「指さない将棋ファン」が
いてもいいじゃないか、
私は「指さない将棋ファン」であり
将棋を「観て楽しむ」ぞ

と宣言したのです。

 

この本から引用します。

将棋と言えばあくまでも「指す」もの、
将棋とは二人で盤をはさんで戦うもの、
というのが常識である。

「将棋が趣味」といえば、
ふつうは「将棋を指す」ことを意味する。

そして将棋を指さない人、
将棋が弱い人は、
将棋を観てもきっとわからないだろう、
と思われている。

しかし考えてみれば、
それも不思議な話なのである。

「小説を書く」人がいて
「小説を読む」人がいる。

「音楽を演奏する」人がいて
「音楽を聴く」人がいる。

「野球をやる」人がいて
「野球を見る」人がいる。

「小説を読む」「音楽を聴く」「野球を見る」
のが趣味だという人に、
「小説を書けないのに読んで面白いわけがないだろう」とか
「演奏もできないのに聴いて楽しいはずがないよね」とか
「野球をやらない人が見ても仕方ないでしょ」などと、
誰も言わない。

しかし将棋については
「将棋を指さない人は、
観ても面白くないでしょ、
わからないでしょ」
と言われてしまいがちだ。

 

この問題を解決する方法として
この本の中で取り上げられているのが
言葉による文章の力です。

難しそうに見える将棋も、
解説や観戦記を読むことによって
誰でも理解できるようになるのです。

再び引用します。

インターネット時代の到来とは、
将棋にとって、
この「あまりにも高度でわからない」
という将棋に対する一般的な感覚を、
たくさんの言葉を尽くすことによって
様々な方向から緩和し、
その結果、
ファン層をぐっと広げる可能性を
もたらすものなのである。

 

インターネットと将棋は
とても相性がいいです。

というのも、
インターネットの世界には
文字数制限がない
から。

インターネットが普及するまで、
将棋に関する情報を得る媒体としては
新聞や雑誌や本がメインでした。

重要な将棋の対局を観戦するには、
新聞の将棋欄や将棋専門誌の観戦記が
ほとんど唯一の手段。

しかし、新聞や雑誌では
紙面のスペースが限られているため、
一局の将棋について
言葉を尽くしきることが
難しかったのです。

そうなると、
文章で書かれていない部分は
自分で考えて補うしかありません。

ですから、
そうした情報源から
高度な将棋の内容を理解できるのは
「将棋が強い人」だけだったという
事情がありました。

 

しかし、インターネットでは
紙面のスペースという制限はありません。

梅田望夫さんがこの本を書いた当時、
それまでは存在しなかった
将棋の棋譜のインターネット中継
さかんに行われるようになっていました。

その棋譜中継では
将棋の指し手の一手ごとに
大量の解説文を書くことができ、
さらに中継ブログを別に用意することで
写真や文章をいくらでもアップすることが
可能となったのです。

しかも、新聞や雑誌とは違い、
現在まさに行われている将棋を
リアルタイムで楽しむことができます。

こうした将棋中継は、
将棋の楽しみ方を一変させました。

 

理解するのに言葉を尽くす必要のある将棋と、
言葉を尽くすことを可能にするインターネット。

この組み合わせが絶妙で、
「観る将棋ファン」が増える環境が整い、
そうしたファン層が広がっていったのです。

 

私自身は
高校生のときに新聞の将棋欄を読んで
将棋に興味を持ったのですが、
当時の自分には難しくて理解できなかった部分が
多かったです。

そこで、
もっと将棋を理解したいと思い、
大学で将棋部に入って
本格的に将棋を始めました。

そうした自分の経験があったので
梅田望夫の言いたいことがよくわかりましたし、
インターネットによって
時代が変わってきていることを感じました。

 

私のことについては
こちらの記事に詳しく書いています↓

ネット動画中継でより気軽に将棋観戦

「シリコンバレーから将棋を観る」から
10年が経過した現在。

インターネット上の
将棋サービスはさらに充実しています。

いま最も盛り上がっている分野は
動画中継です。

2011年からニコニコ生放送、
2017年からはAbemaTVにて
無料で将棋対局の動画中継が放送されています。

そして、パソコンだけでなく
スマートフォンやタブレットから、
いつでもどこでも
観戦できる環境が整っています。

 

「シリコンバレーから将棋を観る」
で言及されていたように、
以前は将棋は文章を読むのが
メインの楽しみ方でした。

でも、文章を読むのは
能動的な行動で疲れるので、
そういうことをしようと思うのは
すでに将棋が好きな人に限られました。

でも動画なら、
流しっぱなしにしておけばいいという
受動的な行動なのでラクラク。

動画中継の充実によって
観る将のための環境はさらに整い、
より気軽に将棋観戦が
楽しめるようになった
のです。

「藤井聡太ブーム」で観る将棋ファンが急増

そうして環境が整ったところに
タイミングよく起こったのが
2017年の「藤井聡太ブーム」です。

まだあどけなさの残る
史上最年少の中学生プロ。

その藤井聡太四段(当時)が
はるかに年上の棋士を
次々に負かして
史上最多記録の29連勝を達成。

29連勝の前後の時期には、
普段は将棋話題を扱うことのない
テレビのワイドショーなどでも
毎日取り上げられました。

藤井聡太四段の大人びたコメント、
持ち物や食事など、
将棋の対局内容以外にも
色々なことに注目が集まりました。

昔から将棋を観てる私としては
将棋のことがこんなに話題になるとは、
信じられない状況でした。

 

はじめは藤井聡太さんの対局の
中継動画だけを観ていた人が、
そのうち対局相手や解説役の棋士にも
興味が広がっていって
将棋自体のことも好きになっていく
ということも起こりました。

「藤井聡太ブーム」をきっかけに
観る将棋ファンが一気に増えたのです。

将棋の楽しみ方は多様化している

ここまでに書いた流れをまとめると
以下の通りです。

インターネットによる棋譜中継の開始

「シリコンバレーから将棋を観る」で
観る将棋ファンの存在が知られる

インターネット動画中継の発達

「藤井聡太ブーム」で
観る将棋ファンが一気に増加

 

こうした流れがあり、
現在では「観る将棋ファン(観る将)」は
すっかり一般的な存在となりました。

もはや今ではかつてのような
「将棋が強くない人には
将棋が好きだという資格がない」
という空気はありません。

 

対局を観戦するという
昔ながらのやり方以外にも、
将棋の楽しみ方は色々と広がっています。

例を挙げると以下の通りです。

・前夜祭や祝賀会などのパーティで棋士と交流
・イベントなどで棋士の写真を撮影
・サイン入りの扇子や色紙などをコレクション
・棋士と同じ店で同じ食事注文をして食べる

 

写真を撮るのが好きな将棋ファンは「撮る将」、
パーティが好きな将棋ファンは「パー将」
などといった言葉も生まれています。

もはや将棋ファンは
「観る将」と「指す将」というくくりでは
表現しきれなくなっている
のです。

まとめ

「観る将棋ファン(観る将)」とは、
「自分では将棋を指さないけれど
プロ棋士の対局を観戦するのが好きな人」
のことです。

インターネットが進化して
動画中継などのサービスが充実したことで、
将棋の楽しみ方は多様化しています。

現代において
将棋が趣味だということは、
必ずしも「二人で盤をはさんで戦うのが好き」
であることを意味しないのです。

 

けれども、
将棋に詳しくない人には
こうした変化は見えていません。

いまだに将棋が趣味といえば、
「二人で盤をはさんで戦う」
というイメージしかないのです。

そういった人に
この記事を読んでもらって、
いまどきの「将棋が趣味」な人のことを
少しでも知ってもらえればうれしいです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.