三保松原と太平洋岸自転車道のサイクリング~静岡旅行記10~

三保松原を観光した後、
海沿いの太平洋岸自転車道を
サイクリングしてきました。

当日は天気も良くて、
美しい風景の中を
浜風を感じながら走るのは最高。

三保松原周辺での
観光についてまとめました。

三保松原とは

三保松原は世界遺産。

2013年6月に
「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」
として、世界文化遺産構成資産に
登録されました。

この世界遺産登録では
「富士山が世界遺産になった」
というイメージが強いですが、
その周辺の地域も含めて、
全体として世界遺産になっているんですね。

三保松原も世界遺産全体の
一部分というわけです。

三保松原では、約7kmの海岸線に
3万本以上の松林
が連なっており、
「白砂青松の名勝地」と言われています。

昔から多くの絵や写真の
題材にもなってきました。

そんな三保松原を一度は見てみたいと、
ここまでやってきた私。

三保松原に来るまでの道のりは
こちらの記事をどうぞ↓

三保松原の「羽衣の松」

松並木の「神の道」を抜けると、
いつの間にか海岸のすぐ近くまで
やってきていました。

目の前にある石段を登っていくと、
目の前の光景が一変します。

手前に広がる立派な松林と、
その奥にある砂浜と海。

それが冒頭の写真の風景です。

松林の中に、
大事そうに柵で囲われている
ひときわ立派な松があります↓

これは「羽衣の松」。

天女が舞い降りて羽衣を掛けたという
「羽衣伝説」で有名
です。

この松の前の看板に、
面白いことが書いてありました。

先代「羽衣の松」に代わり
その後を引き継いだ
「新・羽衣の松」
平成二十二年十月に
数世紀ぶりの
世代交代が行われました。

松の木に世代交代ってあるんだ!

しかも、つまりこの松は
昔の伝説の「羽衣の松」とは
別の松なのでは。

と、ツッコミを入れたくなりました。

三保松原の海岸へ

松林を抜けて海岸へ行ってみます。

足元も砂浜に一変。

靴の中に砂が入らないように
慎重に進んでいきます。

青い空と青い海がきれい。

そこに砂浜の「白」と
松林の「緑」が加わって、
鮮やかな色の共演です。

これは確かに「風光明媚」と
言われるのもわかります。

あとは、この景色のバックに
富士山が見えれば最高
なのですが。

上の写真、よく見ると富士山が映っています。

残念ながら雲が薄くかかっていて、
山頂付近がぼんやり見えるのみ。

この微妙な状況に、
周りの観光客は

「あ、富士山が見える!ちょっとだけど!」
「ほとんど見えない。がっかり。」

と、「喜ぶ」と「残念がる」に
反応が二分されていました。

私としては、
晴れていればあの位置に富士山が見えるんだな、
それはきれだろうな、
ということが確認できたのでよかったです。

海岸のところには
「羽車神社」という小さい神社があり、
おみくじもありました。

よくある「大吉」や「凶」が出る
おみくじではなくて、
自分の誕生日によって、
どれを引くかが決まっています。

自分も引いてみましたが、
性格を分析したうえで
どう行動すればいいかまで書いてあって、
誕生日だけでここまで言ってしまえるのかと
興味深かったです。

三保松原の周りには
観光客が休憩できるお店がたくさん

自分もせっかくなので
抹茶ソフトクリームをいただきました。

この日のように
暑い日には特においしいですね。

「太平洋岸自転車道」をサイクリング

三保松原をいったん離れて、
駐輪場に停めておいた
自転車のところに戻ります。

「神の道」を通って戻ると、
目の前にあるのが「御穂神社」。

こちらはよくある神社という感じで、
特別変わったものはありませんでした。

その御穂神社の前の道路を通って
再び海岸の方に向かっていくと、
目の前に海岸沿いの
細い道路が見えてきました。

車止めを超えて進み、
松林を抜けると、
そこが「太平洋岸自転車道」です。

自転車と歩行者だけが通れる道。

海と松林のコントラストが
美しい風景の中を、
心地よい浜風を感じながら
サイクリング
できます。

こんな風景の中を走るのです↓

この日のように晴れた日には、
本当に爽快な気分になれました。

途中にはこんな灯台も↓

この「清水灯台」は、
日本初の鉄筋コンクリート造りの
灯台
らしいです。

「太平洋岸自転車道」を通れば、
三保半島の海岸沿いを
ぐるりと回れます。

三保半島の先端付近に来ると、
対岸の港が見えて、
船もたくさん通ります↓

本当に気持ちがいい道なので、
三保松原に行くときも
この「太平洋岸自転車道」を
通った方がよかったと少し後悔。

海も見えない市街地を通ったのでは、
せっかく三保松原に来たのに
もったいないですからね。

日差し対策をしよう

ちなみに、この日の天気。

晴れていながらも、
それほど暑くなかった
のは
うれしいところ。

6月上旬の気候なので、
真夏のような気温ではなくて
助かりました。

ただし、日差しが強烈でした。

だいぶ日焼けをして、
家でお風呂に入ったときに
ヒリヒリと感じたほど。

「太平洋岸自転車道」では、
ほぼずっと日差しを遮るものが
ない場所を走ることになるので、
紫外線対策が必要です。

水上バス乗り場へ

海沿いのサイクリングも堪能して、
時間を見て水上バス乗り場に
戻ってきました。

周りには
ヨットなどマリンスポーツを楽しむ人が
たくさんいて、気持ちよさそう。

乗り場の周りには、
待合スペースのようなものはありません。

水上バスは休日でも
30分おきにしかありませんから、
時間には注意しましょう。

こちらが「三保」乗り場の時刻表です↓

水上バスに乗り込んで、
ようやく日陰の中に入って一息。

船に揺られて対岸に向かいます。

次に停まる乗り場は
清水駅近くの「江尻」なので、
そこで降りて
そのまま帰ることもできました。

ですが、清水をもっと楽しもうと、
その次の「日の出」乗り場まで行って、
「エスパルスドリームプラザ」に
立ち寄ることに。

次回は、
その「エスパルスドリームプラザ」
について書きます。

静岡旅行記の他の記事はこちらからどうぞ↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。