パリのメーデーの観光、オススメの過ごし方~パリ旅行記17~

パリのメーデーの観光には
注意が必要です。

街中ではデモやストライキが起きたり、
美術館や観光施設、色々なお店が
営業しなくなったりします。

5月1日のメーデーで
気を付けるべき点と、
オススメの過ごし方を
ご紹介します。

メーデーは労働者が行動を起こす日

日本ではあまり気にしない
メーデー(5月1日)ですが、
パリでは特別な日です。
メーデーというのは
労働者の祭典の日。

伝統的に労働者の権利意識が
強いフランスでは、
街の人々は積極的に
行動を起こします。

日本にいると
ストライキというもの自体が
珍しく感じてしまいますが、
パリではしょっちゅう
起こっています。

それも飛行機や鉄道など
影響が大きい公共性の高い仕事でも
関係ありません。

私も今回の旅では
何度もストライキの影響を受けたので、
日本との違いにびっくりしました。

エールフランス航空の
ストライキの影響については
こちらの記事でも書きました↓

メーデーのパリの街中では
デモ行進などが起こります。

今年2018年はデモの参加者の一部が
暴徒化した
ということで
ニュースにもなっていました。

巻き込まれなくてよかったです。

メーデーはどれほど特別か

メーデーでは、
美術館や観光施設は
基本的にどこも休館日
です。

そして、買い物をするお店や
レストラン、カフェなども
休みのところが多い。

メーデーがどれだけ重要な日かは、
他の祭日ではめったに休まない施設が
休みになることからもわかります。

例えばルーブル美術館。

定休日の火曜日の他に休館日となるのは、
1年のうちたったの3日だけ。

1月1日(元旦)、12月25日(クリスマス)、
そして5月1日(メーデー)です。

元旦とクリスマスに匹敵するほどの
圧倒的な休日。

それがフランスにおけるメーデーなのです。

ただ、観光施設や美術館が
どこも休みになってしまうと困るのが、
世界中から集まった観光客たちです。

フランス滞在中にメーデーがあると、
行く場所がなくてヒマを持て余すことに
なってしまします。

日本ではメーデーはちょうど
ゴールデンウィークの真ん中にあり、
パリに観光に行く人も多いでしょう。

メーデーは特別な日だということを
意識しておいて、
当日の予定を立てておくべきです。

メーデーにはモンマルトルがオススメ

では、メーデーには
どこに行くべきでしょうか?

私のオススメはモンマルトルです。

私もメーデーは
モンマルトルに行きました。

モンマルトルは
パリ市街地の北にある丘の地域。

丘の上には、
白く輝くサクレ・クール聖堂があります。

ノートルダム大聖堂など
他の宗教施設が閉まっている中で、
サクレ・クール聖堂は
メーデーも元気にやっています。

サクレ・クール聖堂については
こちらの記事で書きました↓

サクレ・クール聖堂が
活動しているおかげなのか、
周辺のお店やレストランなども
ほぼすべて営業
していました。

お店の休業に悩まされるメーデーに
通常通りに営業してくれるのは
ありがたいことです。

だからこそ、メーデーには
モンマルトルは普段よりも
にぎわうのでしょう。

観光客が集まる
テルトル広場の近くではこの活気↓

さらに、サクレ・クール聖堂の近くにある
モンマルトル美術館が
営業している
というのも、
美術館好きにはポイントです。

ほとんどの美術館が休館日とする中で、
メーデーでも開いている
特異な美術館と言えます。

また、モンマルトルには
ちょっとした街角アートが
いたるところにあって、
「芸術の丘」などとも呼ばれています。

そうしたものを楽しみながら
散策できるのもうれしいです。

モンマルトルには昔のままの
建物や路地なども残っており、
歩いていて景色を楽しむだけでも
面白いです。

坂道に石畳の階段が
続いている街並みは、
パリ市内とは一味違います。

冒頭の写真のような
「プチトラン」
乗ることもできます。

これは観光用のミニバスで、
モンマルトルの見どころを
ぐるりと回ってくれます。

坂道を歩くのが苦手な人も
ラクラク観光できる
ので安心です。

中心部から離れているからこそ

モンマルトルはパリの中心部からは
少し離れています。

だからこそ、
メーデーに観光するのに向いています。

パリ中心部のセーヌ川付近には、
美術館や観光施設が密集しています。

ひとつを見終わったらその次と、
少し歩くだけで
次から次へと観光できます。

ですから、通常の日であれば
そういった観光をするのがいいと思います。

わざわざ少し離れた場所である
モンマルトルに行かなくても
パリには楽しい場所がたくさんあります。

ですが、メーデーでは
ほとんどの美術館や施設が開いておらず、
状況が一変します。

お目当ての場所にせっかく行っても
休みであればがっかりしますし、
いちいち営業しているかを
確認するのも手間です。

そんなメーデーには、
はじめからモンマルトルで
のんびりする気でいるのが正解
です。

あれもこれも欲ばりたくなる旅行中に、
ちょうどいい息抜きの日になるでしょう。

今回はパリのメーデーの観光について
書きました。

パリのメーデーは
日本のメーデーとは
全然違います。

ゴールデンウィークを利用して
旅行する人は、
気をつけましょう。

パリ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。