「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

駒落ちで「相手陣の弱いところを攻める」感覚を身につけよう

 
将棋の駒落ち
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の駒落ち

将棋を上達する近道は、
駒落ちの対局を
うまく活用することです。

強い人と駒落ちで対局することで、
将棋の基本となる
考え方が身につきます。

駒落ちで身につけるべき
とくに重要な考え方が
「相手陣の弱いところを攻める」
ということ。

駒落ちのときには
ぜひ定跡どおりに端攻めを
してほしいのですが、
その理由も解説します。

駒落ちは将棋のハンデ

将棋は年齢や性別を問わず
誰とでも全力で戦える
のが
良いところ。

サッカーなどのスポーツでだと
若い成人男性が
女性や子どもやお年寄りを相手に
本気でプレーするのは難しいですが、
将棋なら手加減はいりません。

子どもが年配のおじさんを
あっさり負かすというのは
大会でもよく見る光景です。

 

誰もが対等に戦えるという将棋の良さを
さらに引き立ててくれるのが
駒落ちの存在。

駒落ちとは、
対局開始の時点で
強い方=上手(うわて)の駒の数を
減らしておくことです。

これによって、
対局者に実力差がある場合に
ハンデを付けることができます。

駒落ちを使えば、
実力差のある人どうしの対局でも
上手は手を抜くことなく
全力で指すことができるのです。

 

しかも駒落ちでは、
何枚駒を落とすかや
どの駒を落とすかによって、
ハンデの程度を調整することができるのも
すごいところです。

例えば駒落ちのひとつである
「八枚落ち」なら
こういった状態から指し始めます↓

八枚落ち

 

将棋を始めたばかりの人が
人から教わる場合、
まずは駒落ちの将棋を
始めることが多いと思います。

駒を落とされた側=下手(したて)は
どんなことを考えながら
指すべきでしょうか。

定跡の端攻め

駒落ちの将棋にも
「定跡(じょうせき)」が存在します。

ずばり私は、
下手は定跡を勉強して
その指し方をマネする

ことをオススメします。

特に初心者の方に
覚えてほしいのが
「端攻め」です。

上手が駒をたくさん落とす場合、
下手は端攻めをするのが
定跡とされています。

 

ただ、端攻めをすると
駒落ちでない場合=平手(ひらて)
のときとはまったく違う作戦を
することになります。

私のこれまでの経験上、
それを嫌がって
駒落ちの定跡通りに指したがらなかったり、
そもそも定跡を覚えようとしない人も
多かったです。

そうした人は、
駒落ちの将棋でも
矢倉や四間飛車など
自分の好きな戦法を指そうとします。

将棋は自分の好きなように指せる
というところが魅力なので、
自分の好きな作戦を指すのもいいでしょう。

それもアリだと思います。

ただ、早く上達したいのであれば
やはり定跡通りに
端攻めをするのがオススメです。

 

たしかに駒落ちの定跡を覚えても、
その攻め方をそのまま平手の将棋で
使えるわけではありません。

だから、駒落ちの定跡を覚えるのは
ムダのように見えるのもわかります。

それでも駒落ちの定跡を覚えるのが有用なのは、
将棋の基本的な考え方を
学ぶことができるから

です。

この考え方を身につけることは、
平手の将棋で強くなることに
直結します。

弱いところを攻める

将棋の基本的な考え方の中でも
特に重要なのが、
「相手陣の弱いところを集中して攻める」
ということです。

「弱いところを攻める」
とはどういうことか。

四枚落ち以上の駒落ちであれば、
上手陣の端が弱点となります。

本来は端を守っている
香車や桂馬がいないからです。

例えば四枚落ちならこの状態で、
飛車と角に加えて
端を守る香車がいませんね↓

四枚落ち

 

端攻めをするということは、
この弱点を攻めるということ。

平手の将棋であれば
お互いに同じ駒の枚数なので、
最初の形では弱点はありません。

ですが駒を動かして行くうちに
駒がかたよってきて、
強いところと弱いところができてきます。

そこで相手陣の弱いところに
こちらは戦力を集中させて
攻めていきます。

 

この考え方は
平手でも駒落ちでも同じです。

駒落ちの場合には、
この弱点が最初の段階から
わかっている
というだけなのです。

最初から弱点がわかっている駒落ちは
弱点を攻めるのにちょうどいい練習になります。

 

相手陣に弱点があれば
そこを攻めるというのは
将棋の基本。

逆にその弱点を攻めないとなると、
相手陣の強い部分ばかりが目立つことになり、
将棋ではなかなか勝てません。

弱点を攻める感覚を身につけるためにも、
駒落ちのときには
定跡どおりに端攻めをするべきなのです。

駒落ちの枚数と端攻めの難しさ

駒落ちでは、
駒を落とす枚数が減るにつれて
端を破るのがどんどん難しくなる

というのも良くできています。

 

十枚落ちなら
角を動かすだけで
角を成り込んで馬にできます。

八枚落ちなら
端の歩を突いて香車を働かせる
必要が出てきます。

六枚落ちなら
角と香車に加えて桂馬も
使わないといけません。

四枚落ちなら
角、香車、桂馬に加えて
飛車もうまく使わなければならず、
そこまでできるようになれば
棋力は初段が近くなってきます。

 

このように、
上達して駒落ちが平手に近づくにつれて
活用しなければいけない駒が多くなり、
相手陣の弱いところに攻め駒を集中させる
という感覚が自然に身につくのです。

まとめ

駒落ちというのは、
将棋に備わっている素晴らしい
対局のやり方です。

将棋の上達のためには、
駒落ちを活用して
自分より強い人と対局しましょう。

その際には
定跡通りに端攻めをして
「相手陣の弱いところを攻める」
という感覚を身につけるのが大事。

それによって、
平手の将棋の上達も早くなります。

自分の好きな戦法を指すのもいいのですが、
それは平手のときにしましょう。

せっかく駒落ちで教われる機会のときには
「相手陣の弱いところを攻める」
のがオススメです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.