「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

豊島将之棋聖vs渡辺明二冠、棋聖戦第1局の情報まとめ

 
豊島将之棋聖vs渡辺明二冠、棋聖戦第1局
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

豊島将之棋聖vs渡辺明二冠、棋聖戦第1局

豊島将之棋聖に
渡辺明二冠が挑戦する
棋聖戦が開幕。

第1局は大熱戦となりましたが、
結果は豊島棋聖が勝利。

初の防衛戦で
幸先の良いスタートとなりました。

将棋界の「頂上決戦」
という意味でも注目が集まる
今期の棋聖戦。

本局の情報をまとめました。

対局の情報まとめ

ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局
2019年6月4日
豊島将之棋聖vs渡辺明二冠(先手)
兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」
持ち時間:各4時間
開始 9:00
終了 19:51
168手まで豊島棋聖の勝ち
消費時間
豊島:3時間59分
渡辺:3時間59分

 

<午前のおやつ>
豊島:カットフルーツ盛り合わせ
渡辺:玉ねぎパイ
___スイートポテトもっちりケーキ
___ホットコーヒー

 

<昼食>
豊島:牛丼+ミニうどん
渡辺:牛丼(紅生姜なし)
___+ミニうどん+玉ねぎスープ

 

<午後のおやつ>
豊島:フルーツ盛り合わせ
___アップルジュース
渡辺:和菓子
___アイスコーヒー

 

玉ねぎは本局の対局場である
淡路島の名物

渡辺二冠は午前のおやつに
「玉ねぎパイ」、
昼食には「玉ねぎスープ」を
注文しました。

渡辺二冠はタイトル戦ではいつも
各地の名物を意識しているので、
それが注文に表れていました。

将棋界の頂上決戦

3つのタイトル(名人、棋聖、王位)
を持つ豊島棋聖に
渡辺二冠(棋王、王将)が挑む
今期の棋聖戦五番勝負。

三冠vs二冠の激突となり、
将棋界の頂上決戦と言えます。

この1年で棋聖、王位、名人と
3つのタイトルを獲得した
豊島棋聖ですが、
タイトル防衛戦はこれが初めて

最近の将棋界では
タイトルの防衛失敗が続いていますが、
その流れを止められるでしょうか。

最近のタイトル戦については
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

対して挑戦者の渡辺二冠は
2年前には絶不調でしたが、
昨年度から一気に復活

今年に入ってから、
王将戦では4連勝で
久保利明王将(当時)から
タイトルを奪いました。

さらに棋王戦では
後手番で1敗はしたものの、
3勝1敗で広瀬章人棋王の挑戦を
退けています。

そしてこの棋聖戦では
挑戦権を獲得し、
三冠目を目指す戦いです。

 

もし渡辺二冠が
棋聖のタイトル奪取となれば、
渡辺さんが三冠、
豊島さんが二冠となり、
タイトル数が入れ替わります

その意味でも
この「頂上決戦」には
注目が集まっているのです。

一局の流れ:力のこもった熱戦

振り駒の結果、
渡辺二冠の先手に。

渡辺二冠は「矢倉」の戦型を
選択しました。

しかし、7七の銀を
すぐに6六に移動させて
7七角と構えて、
定跡が整備されている形からは
すぐに外れました。

こうなるともはや、
「矢倉」とも言えない力戦です。

 

5五の地点の周りに
4枚の銀が集まる
珍しい形になりました。

これは「カニカニ銀」
呼ばれる形なのですが、
以前であれば
玉が薄くなるので
あまり評価されていなかった形。

タイトル戦で両者が
「カニカニ銀」に構える
将棋を見ることになるとは、
時代の変化を感じます。

 

力戦にもかかわらず、
豊島棋聖は序盤では
時間をほとんど使わずに
指し進めていました。

研究範囲なのだと思いますが、
こんな珍しい形まで
事前に研究してある
とは、
豊島棋聖はすごすぎます。

 

豊島棋聖が銀が集まる場所から
▲5五歩と仕掛けて
本格的な戦いに。

豊島棋聖は駒得を果たしたものの、
形勢はむしろ渡辺二冠が少しリード

そこからは
力のこもった中盤戦が
続いていきます。

両者とも
解説の棋士が気付かないような
好手を連発
して、
すごく難解な将棋。

お互い勝負を決めにいく
踏み込みをしていくのですが、
どちらもギリギリのところで踏んばって、
決着がつきません。

本当に強い人どうしで指すと
将棋はなかなか終わらないものだなと
感動しました。

 

最後、ついに渡辺棋王が抜け出して
あとは豊島二冠の玉をどう寄せるか
という局面に見えましたが、
あと一歩のところで寄せることができず。

逆に豊島棋聖に攻めの番が回り、
渡辺玉を詰みに討ち取りました。

168手の長手数で、
熱戦の末に豊島棋聖が勝利

不利と言われる後手番で、
大きな1勝を挙げました。

ニコニコ生放送

解説者:
阿部光瑠六段
聞き手:
貞升南女流初段
メールテーマ:
「私のルール」

 

阿部六段の気ままで
力の抜けた感じの解説が
面白かったです。

恒例の詰め将棋回答者への
プレゼントの揮毫で書いたのは
こういった文字↓

ま め
ポ メ
1 1

 

「まめポメ、ワンワン」
と読むそうです。

これは阿部六段の
ツイッターアカウントの名前でもある
とのことなのですが、
すごく自由な揮毫ですね。

ニコニコ生放送では
こういうよくわからないことが
起こるのが楽しいです。

アベマTV

解説者:
北浜健介八段
及川拓馬六段
聞き手:
宮宗紫野女流二段
藤井奈々女流1級

 

アベマTVでは
現地からのレポートがあり、
対局場がどんな場所なのかを
伝えてくれました。

ニコニコ生放送では
なかったことなので、
ありがたかったです。

また、対局終了後の
大盤解説会の様子

放送がありました。

負けた渡辺二冠が
だいぶがっくりしていた
のが印象的。

それでも
会場を暗い雰囲気にさせないのは、
渡辺二冠のさすがの対応でした。

まとめ

将棋界の頂上決戦ともいえる
今期の棋聖戦五番勝負が開幕。

豊島棋聖が渡辺二冠に勝利して、
防衛に向けて良いスタートを
切りました。

第1局から大熱戦の将棋で、
観ていてとても面白かったです。

今後も頂上決戦にふさわしい
ハイレベルな将棋が観られることが
期待できます。

次の第2局も楽しみです。

 

 

第2局と第3局についてはこちら↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.