「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

木村一基九段が悲願の初タイトル獲得なるか、3つの「流れ」から予想

 
木村一基九段の初タイトル獲得なるか予想
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

木村一基九段の初タイトル獲得なるか予想

今期の王位戦七番勝負は
最終局にまでもつれ込みました。

木村一基九段は
悲願の初タイトル獲得を
実現できるのでしょうか。

将棋ファン全体として
「木村九段にタイトルを獲ってほしい」
という雰囲気があることを
私は感じています。

これまでの対局の結果から、
木村九段と豊島将之王位の実力は
互角だと言えるでしょう。

将棋の実力を考えるだけでは、
最終局の勝敗の予想をすることは
難しいです。

そこで私は
勝負の結果に影響を与えそうな
3つの「流れ」をもとに
予想をしてみました。

その予想の結論は、
木村九段は今期王位戦で
「タイトルを獲得できない」
です。

木村九段のファンに
怒られそうな結論ですが、
私がなぜそう考えたのか、
判断材料とした
3つの「流れ」を紹介します。

流れ①「あと1勝」での8局連続負け

まず最初に考えた「流れ」は、
「タイトル獲得まであと1勝」
の対局での8局連続負け

です。

この「流れ」によれば、
木村九段は今回もタイトルを獲れない
という予想となります。

 

どういうことか説明します。

過去に6回タイトルに挑戦した木村九段、
そのうちの3回は
タイトル保持者を
カド番にまで追い込みました

しかし、
カド番に追い込んだ後の対局で
ことごとく負け、
タイトル奪取はならなかったのです。

そういった状況での対局の負けは
8局連続

木村九段が
タイトルを獲れるかを考えるうえで、
これが一番気になります。

「七転び八起き」なんて
ことわざもありますが、
すでにそれより1回多く
転んでいます。

これまで8回やってダメだった
という流れを考えれば、
9回目もダメだろう
と予想するわけです。

「あと1勝」の対局で勝てないのは、
「いよいよタイトル奪取」
という精神的な重圧が
将棋の指し手に影響しているのではないか、
と想像されます。

 

これまでの木村九段の
タイトル戦での結果を整理すると
以下の通りです。

2006年、竜王戦
渡辺明 0-4

2008年、王座戦
羽生善治 0-3

2009年、棋聖戦
羽生善治 2-3
(勝てばタイトル獲得の一局で2連敗)

2009年、王位戦
深浦康市 3-4
(勝てばタイトル獲得の一局で4連敗)

2014年、王位戦
羽生善治 2-4(1持将棋)

2016年、王位戦
羽生善治 3-4
(勝てばタイトル獲得の一局で2連敗)

 

改めてこうして見てみると、
6回もタイトルに挑戦しながら
一度も獲得できていないというのは、
気の毒になってしまうほどです。

だからこそ、
今期の王位戦では
「木村九段に悲願の初タイトルを!」
という空気が強いのです。

流れ②昨年の竜王戦と同じ勝敗

2つ目の「流れ」を考えてみます。

私が気がついたのは、
今期王位戦の第6局までの「流れ」は
昨年の竜王戦七番勝負の勝敗と同じ
だということ。

そしてこの「流れ」によれば
最終局に勝つのは木村九段
という予想となります。

 

どういうことか説明します。

去年の竜王戦は
羽生善治竜王に広瀬章人八段が
挑戦したシリーズでした。

結果、広瀬八段が
羽生竜王からタイトルを奪取

そのときの七番勝負の勝敗を
広瀬八段の側から見るとこうなります。

 

● ● ○ ○ ● ○ ○

(○:勝ち ●:負け)

 

広瀬八段は
開幕から2連敗したものの
2連敗して追いついた。

つづく第5局で負けて追い込まれたものの、
第6局に勝って最終局に持ち込んだ。

そして最終局に勝ってタイトル奪取、
という「流れ」です。

この「流れ」は第6局まで
今期の王位戦とまったく同じ

この流れの中のタイトル保持者は
勝ち星を先行させたのに
二度も追いつかれ、
プレッシャーを感じて
最後に逆転を許してしまう、
という心理状態であることが
想像できます。

 

この竜王戦の後、
今年に入ってから
5つのタイトル戦がありましたが、
いずれもフルセットになっていません。

そのため、
今期王位戦の「流れ」を考えるうえで
最も参考になるのは竜王戦。

竜王戦で広瀬八段が作った「流れ」を
木村九段がたどる形になれば、
王位戦最終局は木村九段の勝利
となります。

流れ③タイトルが集約される将棋界

最後、3つ目の「流れ」は、
今の将棋界はタイトルが集約される最中
だということ。

この「流れ」によれば、
木村九段はタイトルを奪取できない
という予想となります。

 

去年、豊島さんが羽生さんから
棋聖のタイトルを奪取したことで、
将棋界は8つのタイトルを8人の棋士が
ひとつずつ持つ状態に。

これは「戦国時代」と呼ばれ、
当時は話題となりました。

しかし、そんな状況は
1年も経たないうちに一変。

今では
渡辺さんが三冠(棋王、王将、棋聖)
豊島さんが二冠(名人、王位)
と複数タイトルを保持し、
タイトルホルダーは
8人から5人にまで減りました

 

さらにここ数ヶ月、
タイトルが集中する流れは
ますます強まっています。

現在進行中の王座戦五番勝負では
永瀬拓矢叡王が斎藤慎太郎王座に挑戦中。

さらに竜王戦では
豊島名人が広瀬竜王への
挑戦を決めています。

もし永瀬叡王が竜王戦で勝ち、
豊島名人が王位戦と竜王戦で勝てば、
タイトルホルダーは
なんと3人にまで減ることに

豊島さんが三冠(竜王、名人、王位)、
渡辺さんが三冠(棋王、王将、棋聖)、
永瀬さんが二冠(叡王、王座)
となる可能性が出てきたのです。

 

このように、
タイトルが集約していくという
将棋界の「流れ」を考えると、
木村新王位の誕生は
「流れ」に逆行しています。

流れに従う方向で考えると
木村九段はタイトルを獲れない
という予想になるのです。

まとめ

木村九段が王位のタイトルを
獲得できるかについて、
以下の3つの「流れ」から
予想してみました。

木村九段が
タイトルを奪取する流れに「○」、
奪取に失敗する流れに「●」を
付けてみます。

流れ①「あと1勝」での8局連続負け:●
流れ②昨年の竜王戦と同じ勝敗:○
流れ③タイトルが集約される将棋界:●

 

こうして考察した結果、
2対1で奪取失敗の「流れ」が
多くなりました。

このことから、
木村九段の奪取失敗、
豊島王位の防衛成功を
私は予想します。

王位戦最終局は
9月25日(水)と9月26日(木)に
東京都千代田区の「都市センターホテル」
にて行われます。

どのような結果になるでしょうか。

 

 

王位戦のここまでの対局については
一局ごとに記事を書いているので、
合わせてどうぞ↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.