「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

勝又清和六段による将棋の最新戦法や新手の解説が素晴らしい

 
勝又清和六段による将棋の最新戦法や新手の解説
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

勝又清和六段による将棋の最新戦法や新手の解説

勝又清和六段が書いた
最新戦法や新手についての
解説を読むのが
私はとても好きです。

知識が得られるだけでなく、
棋士の魅力が伝わってきます。

つい最近も将棋世界の付録で
勝又六段による「新手年鑑」を読んで、
改めてその良さを感じました。

勝又六段とその解説の
素晴らしさの紹介です。

勝又清和六段はどんな棋士か

勝又清和六段は
棋戦優勝やタイトル獲得の
経験はないので、
知らない人も多いかもしれません。

勝又六段の師匠は
石田和雄九段。

勝又六段は
高見泰地叡王や佐々木勇気六段の
兄弟子にあたります。

石田門下の棋士の
仲の良い様子の写真を
ツイッターにアップしてくれたりも
しています↓

 

勝又六段は
大学で数学を専攻したという
棋士でも珍しい経歴があり、
将棋ソフトにも詳しいです。

アマチュア大会に
プライベートでよく顔を出すなど、
とても気さくな人でもあります。

最新戦法や新手の魅力を伝える

多才な勝又六段ですが、
特に最新戦法や新手について
語らせたら超一流
です。

今プロに指されている
最新戦法の裏に、
どういう歴史があるのか。

その新手は、
過去のどういった試行錯誤の上に
登場した一手なのか。

そういったことを、
とてもわかりやすく
説明してくれます。

勝又六段のおかげで、
われわれ将棋ファンは
プロの将棋をより深く楽しめるのです。

 

また、勝俣六段の文章の
素晴らしいところは、
将棋を指す棋士の魅力が
すごく伝わってくる
ところ。

その棋士の性格や
将棋観などの描写が
すごくうまいです。

そのため、
勝俣六段の文章に登場する棋士は
もれなく好きになってしまうほど。

 

そんな勝又六段の著書でも、
「最新戦法の話」
私の大好きな本。

少し古い本ですが、
アマゾンのレビューでも高評価な
名著です↓

将棋世界での勝又六段の活躍

勝又六段は、
かつては将棋世界に
将棋界の最新戦法などを紹介する
連載を持っていました。

「突き抜ける!現代将棋」
というタイトル。

私は毎月、
将棋世界を買ったら
まっさきに読むぐらい
好きな連載でした。

 

連載が終了したのは残念でしたが、
将棋世界の付録の担当は
毎年続いています。

2015年までは
「新手ポカ妙手選」
というシリーズ。

その年に登場した
印象的な一手を、
一問一答形式で紹介する
というものでした。

ただ、1ページに1問という
固定された形式では、
その戦法や新手の
深い魅力には迫りにくい。

勝又六段の持ち味が
十分に発揮されないので、
残念に思っていました。

 

そんなことを考えていたら、
将棋世界の勝又六段の付録シリーズは
リニューアルされました。

それが「新手年鑑」です。

「新手年鑑2019年版」

最新の将棋世界2019年6月号にも
勝又六段が手がけた付録が付いています。

それが「新手年鑑2019年版」

2016年6月号から、
毎年の6月号には
新手年鑑の最新版が付くのが
恒例となっているのです。

 

この新手年鑑は
一問一答形式にこだわらず、
かなり自由な形式になっています。

将棋世界の付録の小冊子は
たいていが似た構造。

左側に図面と問題があり、
ページをめくると
右側のページに前ページの解答、
左側にまた次の問題、
という繰り返しです。

しかし、新手年鑑は違います。

ある一手について
勝俣六段が何ページにもわたって
延々と語ったり、
途中にはコラムがあったり。

他の将棋世界の付録とは
別物であり、
それだけで一冊の本にできるような
内容の濃さです。

 

「新手年鑑2019年版」でも
色々な最新戦法が
紹介されていました。

過去の将棋からのつながりなど、
普段の棋譜中継や動画中継などでは
知ることのできない

勝俣六段ならではの解説が満載。

どもも興味深かったですが、
一番印象に残ったのは、
冒頭で紹介された「エルモ囲い」。

今まで囲いの形を
知っている程度でしたが、
勝又六段の解説で
理解が深まりました。

藤井猛九段をベタ褒め

勝又六段には
お気に入りの棋士がいるようです。

その棋士のことは
なにかにつけて言及して、
いつもベタ褒めするのです。

 

そんなお気に入りの棋士の中でも
筆頭に挙げられるのが、
藤井猛九段

藤井九段は
「藤井システム」をはじめとして、
数々の革新的な戦法や指し方を
将棋界にもたらしてきました。

そのため、
新しい戦法を紹介する
勝又六段の文章には、
自然と出番が多くなります。

 

藤井九段自身が
新手を指した場合に
その将棋が取り上げられるのは
当然としても、
それだけではありません。

他の棋士が指した一手でも
「こういう指し方の根底には
藤井九段のあの工夫がある」
というように、
何かにつけて藤井九段の名前が
登場する
のです。

「新手年鑑2019年版」も
例外ではなく、
「初手7八飛戦法」や
「▲7九金(△3一金)の形」で
藤井九段が
好意的に話題にされていました。

 

私は藤井九段のファンなので、
自分の好きな棋士が褒められるのは
いい気分
です。

私が勝又六段の解説を好きなのは、
そういう理由もあります。

まとめ

勝又六段という棋士と、
勝又六段の書く解説について
紹介しました。

最新戦法や新手について
語らせたら、
勝又六段以上の人はいません。

戦法や棋士のことがわかってきて、
将棋がもっと面白くなります。

勝又六段の解説を
読んだことがない人は、
ぜひ試しに読んでみてください。

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.