梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

将棋を上達するには「形を覚える」べし!~メリットと方法を紹介~

 
将棋の形を覚える
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

将棋の形を覚える

将棋を上達するために
大きな効果があるのが、
「形を覚える」
ということです。

将棋が強い人というのはみんな、
たくさんの「形」を知っていて
それを使いこなしている
ものなのです。

私も人に将棋を教えるときには
形を覚えてもらうことを
意識していますし、
形を覚えて使えるようになった人は
みるみる強くなってきます。

 

では、その「形」とは何なのか?

「形を覚える」とどんな良いことがあるのか?

どうすれば「形を覚える」ことができるのか?

ということを
初心者にもわかりやすく解説しました。

将棋における「形」とは何か

そもそも「形」とは
なんでしょうか。

「形」というのは一言でいえば、
駒が効率よく働く配置
のことです。

 

ハンデなしの将棋では
相手との駒の種類と数は同じなので、
それだけ効果的に駒を働かせることができるか
が勝敗を決めます。

だから「形」はすごく大事。

そして、
「形」というのは
私たちががんばって考える
必要はありません。

どのような配置であれば
駒が効果的に働くかというのは、
すでに先人たちが長い時間をかけて研究していて
ほとんどわかっているからです。

だから私たちは、
そうして明らかになっている
「形」を覚えていくだけでいい
のです。

 

 

将棋用語の中には
「形」のことを意味するものが
たくさんあります。

「矢倉」「腰掛け銀」「ゴキゲン中飛車」
などの定跡での序盤の駒組みは、
まさに「形」を作る手順そのものです。

中盤や終盤での戦いでは
「手筋」が出てきますが、
これも「形」のひとつです。

中盤であれば
「継ぎ歩」「割り打ちの銀」「十字飛車」
など。

終盤にも「形」は多くて、
「頭金」「一間竜」「腹銀」
といったものがあります。

 

正式な名称のない形もあり、
「形」の数はかぞえきれません。

複数の形が組合わさって
別の形になるような場合もあって、
「形」の世界は広くて深いです。

「形を覚える」ことのメリット

「形を覚える」ことで
得られるメリットは
以下の3つがあります。

①何を指せばいいのか方針がわかる
②読みを省略できる
③すごい手を思いつける

 

どれも将棋が強くなるためには
大事な要素です。

順番に説明します。

メリット①何を指せばいいのか方針がわかる

まず、形を覚えることで
将棋を指すときの方針がたてられる
ようになります。

 

将棋の初心者の人は
「何をしたらいいのかわからない」
となってしまうことが多いです。

「相手の玉を詰ませば勝ち」
ということはわかっていても、
最初の状態からそこにいたる道が長すぎて、
やるべきことがわからないのです。

 

そんなとき、
「形」を知っていれば
その形を目指して
指し進めることができます

序盤、中盤、終盤と
どの局面でも「形」は頼りになる方針です。

 

将棋が強い人ほど、
形をたくさん知っています。

実は強い人というのは
盤の前でイチから考えている
わけではなくて、
頭の中にある形の中から
「どれを使おうかな」と選んでいる

感じなのです。

メリット②読みを省略できる

メリットの2つ目は、
読みを省略できる
ということです。

 

将棋が強い人は
すでにアタマの中にある形から
使うものを選ぶだけなので、
あまり時間を使わなくても
良い手が指せます。

しかも、
自分が知っている形を作れれば
そこからの手順は決まっているので、
手を読まなくても
数手後の局面がわかります

つまり、
形を覚えておくと
読みを省略することができるわけです。

 

限られた時間の中で
考えるとき、
これは大きな武器になります。

メリット③すごい手を思いつける

「形を覚える」メリットの3つ目は
すごい手を思いつける
です。

 

強い人の将棋を見ていると
「どうしてこんな手を思いつくんだろう!」
と言いたくなる
すごい手が飛び出してくることがあります。

これも実は
形を知っているおかげであることが多いです。

 

たとえば藤井聡太さんの
終盤で考えてみましょう。

藤井聡太さんは終盤で
対戦相手はもちろん
解説や検討をしていた棋士が
誰も思いつかないようなすごい手を
指して勝つことがよくあります。

こんなことができるのも、
形を知っているおかげだと
私は考えています。

 

「この形を実現すれば勝てる」
というのが
たくさん頭に浮かべば、
「ではどうすればその形に持っていけるだろう」
と考えられます。

形をもとに考えているので
読みを省略することができて、
勝てる形を実現することに
集中することができます

すると、読む手の範囲を広げられて
すごい一手を思いつくことができるのです。

 

藤井聡太さんは詰将棋が
ものすごく得意なので、
とんでもない数の「詰む形」が
アタマの中に入っているはず。

これがすごい手を思いつくための
原動力になっていると思われます。

「形を覚える」ための効果的な方法

では、「形を覚える」ためには
どうすればいいのでしょうか。

その方法は以下の3つがあります。

①一問一答の本で覚える
②実戦を指して形を使ってみる
③強い人と指して感想戦で教えてもらう

 

この順番で進んでいくと
いちばん効率よく
形を覚えることができるでしょう。

順番に説明します。

方法①一問一答の本で覚える

まず最初にオススメしたいのが、
一問一答の本で覚える
ということです。

本であれば自分のペースで
読み進められますし、
何度も繰り返し読めます。

1回読んだだけで
「形」を覚えるのは難しいので、
何度も繰り返し解くことが大事です

 

本だと特に重要な「形」だけが選びぬかれて
しかもたくさん載っているので、
効率よく勉強できます。

本のなかでも一問一答のいいところは、
自分のアタマで考えることになるので
記憶に残りやすいところです。

自分の気に入った本で
勉強したらいいと思うのですが、
「どれでもいい」と言われても
どれを買ったらいいのか迷うでしょうから、
私のオススメ本を4冊紹介します

どれも長年にわたって売れつづけている
すばらしい本です。

 

序盤の定跡書であれば
「〜〜を指しこなす本」
というシリーズが
一問一答形式でオススメです。

特に「四間飛車を指しこなす本」は名著です↓

 

中盤を鍛えたければ
次の一手問題集が使えます。

これは良い本です↓

 

終盤の「詰みの形」を覚えるには
詰将棋を解くのがいいです。

ハンドブックシリーズは
どれもすばらしいです↓

 

また、詰将棋に慣れてきたら
必死問題をやるのもオススメです。

私自身、将棋がなかなか強くならない
スランプのような時期があったのですが、
必死問題をとくことで
スランプを乗り越えられた経験があります。

「この本だけやっておけば大丈夫」
という決定版の本があり、
レベルは高めですがこちらの本です↓

方法②実戦を指して形を使ってみる

「形を覚える」ための2つ目の方法は、
実戦を指して形を使ってみる
です。

本を読んで形を覚えたら、
実戦の中で使ってみましょう。

本を読むだけでは
なかなか覚えられないものです。

 

将棋を指しながら
「この形が使えるかも」と思いついて、
それを試してみて
うまくいったり失敗したりする。

そうして「形」を使ってみることで、
その形が自分の感覚として
身についていきます

そうすると、
「あの形を使おう」
と意識しなくても、
自然と使えるようになるのです。

方法③強い人と指して感想戦で教えてもらう

3つ目の方法は、
強い人と指して感想戦をする
です。

自分より強い人と指して感想戦をすると、
自分が気づかなかった形を
教えてもらえます。

「この形にすればよかったんですよ」とか
「この形ならこの手筋が使えます」
と教えてもらえると、
上達にすごく効果があります。

 

もし身近に将棋を教えてくれる人がいない
という場合は、
私自身もオンラインで教えているので
お気軽にご相談ください↓

まとめ

・将棋を上達するには「形を覚える」のが有効
・「形」とは駒が効率よく働く配置のこと
・「形を覚える」ことのメリット
①何を指せばいいのか方針がわかる
②読みを省略できる
③すごい手を思いつける
・「形を覚える」方法
①一問一答の本で覚える
②実戦を指して形を使ってみる
③強い人と指して感想戦で教えてもらう

 

「形を覚える」ことで、
将棋がどんどん上達することを
実感できるでしょう。

ぜひ「形を覚える」ことを意識して、
本を読んだり将棋を指したり
してみてください。

 

将棋の上達法については
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験と学びを
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

感想がどんどん届いており、
「読みやすくてためになる」
「この書籍に出会えてよかった!」
など、大好評です。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.