「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の感想戦の魅力~将棋の観戦がもっと面白くなる~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の感想戦は、
他のスポーツやゲームにはない
将棋独特のもの。

私が大好きな感想戦の魅力を
お伝えします。

感想戦に注目すると
将棋の観戦がもっと面白くなりますよ。

将棋における「感想戦」とは

将棋における感想戦とは、
勝負の後に対戦相手と一局を振り返ること
です。

「あの局面ではこの手の方がよかったかな」
「はい、その手を指されたらイヤでした」
などとお互いに意見を言い合います。

感想戦をすることでその一局の理解が深まり、
その後の対局にも活かせるので、
実力を養うのに効果は絶大。

将棋界において感想戦は
プロだけでなくアマチュアの大会などでも
普通に行われています。

 

その一方、
感想戦は他のボードゲームでは
あまり一般的ではなく、
将棋に独特な習慣のようです。

将棋ファンにとってはあたりまえの感想戦。

しかし、
他のゲームやスポーツなどと
比べてみるとよくわかるのですが、
感想戦は実は不思議な行動です。

なにせ、
ついさっきまでお互いを殺そうか
という勢いで必死に戦っていた相手と、
戦いの直後に落ち着いて話をするのですから。

野球、サッカー、テニスなど、
どんなスポーツでも、
そんな光景は見たことがありません。

感想戦は将棋界の特殊な文化なのです。

インターネット中継で感想戦が身近に

10年ほど前までは、
プロ棋士の感想戦の様子を知るチャンスは
ほとんどありませんでした。

新聞や雑誌が主な情報源でしたが、
記事の中では
感想戦についてあまり触れられません。

感想戦というのは
真剣勝負の後の「オマケ」に過ぎず、
将棋ファンが喜ぶようなものではないと
考えられていたのです。

 

そんな状況が、
インターネットが活用されるようになって
変わってきました。

特に動画中継のインパクトは
とても大きいです。

将棋の対局の様子を映像で見るには、
以前はテレビが唯一の方法でした。

ただ、テレビだと番組の放送時間が
あらかじめ決まっているため、
感想戦の様子はカットされて
放送されないことも多いです。

熱戦になるほど対局時間が長くなり、
感想戦は見られないという
残念な状況になっています。

その点、
インターネットの動画中継なら
時間制限がありません

長時間の熱戦になっても
感想戦を最後まで放映できるわけです。

こうした環境が整ってきて
感想戦を見る機会が多くなったことにより、
感想戦の面白さを多くの将棋ファンが実感。

感想戦はそれ自体が
楽しみにされるコンテンツになってきました。

実際、私の知り合いにも
「NHK杯はすべての対局で
感想戦を放送するべきだ」
と主張する感想戦ファンがいるぐらいです。

では、感想戦は何が面白いのでしょうか。

負けた棋士も話をする感想戦

私が考える感想戦の最大の魅力は
「棋士の人間味が見られる」
ことです。

感想戦では棋士が自由にしゃべるので、
黙って指す対局中とは違った一面が見られます。

そして特に、
負けた棋士には注目です

そもそも
「負けた側も話をする」
ということ自体が、
感想戦の大きな特徴になっています。

 

スポーツの場合と比べてみましょう。

試合の後、
ヒーローインタビューで
勝者が試合を振り返るのは
見慣れた光景です。

その一方、スポーツでは
負けた側に光が当たることは
多くありません。

「敗者はただ去るのみ」
といったところでしょうか。

 

この点が将棋では違っていて、
感想戦で敗者は身を隠すことはなく、
その場に残って
自分が負けた勝負を振り返ります

しかも、
たったいま自分を負かした相手とです。

そんな光景はスポーツではないですよね。

感想戦では、
勝った棋士よりも負けた棋士の方が
その人の人間味や個性がより強く出てきます。

ふだんは冷静で落ち着いている棋士の
意外な一面が見られたりすると、
感想戦はとても面白いです。

 

一方で、
勝った棋士は相手を思いやって
あまり感情的なことは言わず、
話の歩調を相手に合わせるもの。

勝者の謙虚な姿勢は素晴らしいのですが、
そのぶん個性は表れにくくなります。

棋士の性格を知って得られる一体感

勝負の緊張感が解けた直後とあって、
感想戦では棋士の性格がよく表れます。

性格といっても色々ありますが、
例えば「楽観的」か「悲観的」か

楽観的な棋士は、
負けた将棋であっても
途中までは自分の方が有利だったと
思っていることが多いです。

だから、負けた後に
「こんなに有利な将棋を負ける人はいない」
「ほとんど勝ちだった」
と言って悔しがります。

私が見たところ、
例えば鈴木大介九段はこのタイプです。

悲観的な棋士の場合だと、
途中で有利そうな場面があったとしても
自分を責め続けます。

「ひどい、ひどすぎる」
「こんな手を指してるようじゃ話にならない」
などとボヤキが止まりません。

このタイプは行方尚史九段や山崎隆之八段が
代表例です。

 

最初にその棋士の感想戦を見たときには
「こういう人もいるのか」
と思うだけなのですが、
何回も見ていると
その棋士の性格がわかってきます。

そうすると対局を観戦している最中から、
「もし負けたらこう言って悔しがるだろうな」
「この手を感想戦でやったらボヤキまくるだろうな」
というのが想像できます。

そんな予想をしながら見ると
将棋観戦の面白さはぐっと増してきます。

対局中の棋士との一体感が感じられて、
自分も一緒に戦っているような
感覚になる
のです。

引き出される棋士の意外な一面

感想戦は
対戦した棋士どうしの関係によって、
大きく雰囲気が変わります。

それを発見するのも
感想戦の楽しみです。

例えば、
年齢が近い仲の良い棋士どうしだと、
感想戦でもお互いに肩の力が抜けて
ぶっちゃけトークになったり。

ライバル関係の棋士どうしだと、
感想戦でもバチバチと火花が散っていたり。

若手棋士が年配の棋士に勝つと、
対局後に若手棋士は気をつかって
居心地が悪そうにしていたり…。

 

そんな棋士の様子は
対局中とは全然違います。

感想戦では、
対戦相手によって
棋士の意外な一面が引き出されるので、
そんな様子が見られるのも
感想戦の面白さなのです。

まとめ

感想戦は将棋界が誇る文化です。

勝負の直後に対戦相手と試合を振り返るなんて、
スポーツでは考えられないでしょう。

将棋は黙って静かにやるものですが、
感想戦では棋士は自由に話をするので、
対局中とは違った魅力が出てきます。

感想戦には棋士の人間味や個性が
あふれているのです。

緊張感のあふれる勝負が
終わってからのお楽しみ。

将棋を観るときは
感想戦にも注目すると面白いですよ。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.