「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の定跡書を最大限に活用する4つのステップ

 
将棋の定跡書の活用4つのステップ
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

将棋の定跡書の活用4つのステップ

将棋を上達するのに
定跡書を読むのは効果的です。

私は昔から
定跡書を読むのが大好きで、
今までにたくさんの本を読んできました。

一方で、
定跡書を読むのが
苦手な人もいます。

どう読めばいいのかわからなくて、
あまり頭に入ってこない
役に立たないものだという印象を
持っていたりするのです。

私も定跡書を
うまく使えなかったことがあるので、
その気持ちはわかります。

 

でも、苦手意識のせいで
読まないのはもったいない。

定跡書が苦手な人向けに、
定跡書を最大限に活用する
4つのステップをお伝えします。

このステップ通りに
定跡書を活用していけば、
新しい戦法を身につけられて
将棋が上達できますよ。

ステップ①自分のレベルに合った本を選ぶ

まず1つ目のステップは
「自分のレベルに合った本を選ぶ」
です。

実は最初の定跡書選びが一番重要で、
ここで間違えると
この後のステップを進めても
将棋の上達に結びつきにくくなります。

定跡書で取り上げる戦法は
「矢倉」や「中飛車」など色々ありますが、
この点はどれでも同じです。

 

例えば、
まだ将棋を始めたばかりの人が
レベルが高すぎる
プロの最新定跡が書かれた本を
読もうとした場合。

難しくて内容が理解できないうえに、
途中で読むのが辛くなってくるはず。

そうなると、
定跡書を読むこと自体が
嫌になってしまいかねません

背伸びをせずに
自分の今の実力にあった本を選ぶのが
大事なのです。

 

定跡書の選び方については
こちらの記事に詳しく書いたので、
ぜひチェックしてみてください↓

ステップ②飛ばしながらでもいいから最後まで読む

2つ目のステップは
「飛ばしながらでもいいから最後まで読む」
です。

定跡書は後から読み返すことを前提に、
ともかく一通り読んでみましょう。

定跡書には情報がものすごい密度で
詰め込まれているので、
慣れていないと読み進めるだけでも大変。

相手がこう指してきたらこう対応する、
この手の場合にはこう対応する、
というパターンがたくさんあって
しかもそれぞれの手順が長かったりします。

定跡書を1回読んだだけで
すべてを理解しようとするのはそもそも無理

だと思っておいた方がいいです。

 

私も失敗した経験があります。

難しめの定跡書を読むとき、
「細かい手順まできちんと理解をしなければ」
と真面目に読もうとした結果
なかなか読み進めることができず、
一冊を読むのに1ヶ月以上かかってしまったのです。

そうすると、
なんとか最後のページにたどり着いたときには
もう最初の方の内容は覚えていませんでした

記憶に残っているのは
「読むのが大変だったなー」ということばかりで、
かんじんの中身は身についていなかったのです。

こうなってはいけません。

 

定跡書を最初に一通り読むときには、
本の全体の流れをつかむことを意識しましょう。

例えば、
「この本の最初の方には
この戦法での理想の攻めが書いてあって、
それに対する相手の対抗策が
いくつか順番に紹介してある」
という構成を知るわけです。

飛ばし読みをしながらでかまいません。

細かい手順を全部は追わなくてもいいので、
流れをつかみながら
とにかく最後まで読みましょう。

内容を忘れないように、
読み始めたその日のうちに
最後まで読みきる
のが大事です。

 

そして、
定跡書は1回読んで終わり
ではありません。

本全体の流れがつかめたら、
最初また読むなり、
気になった章を読むなり
していけばいいのです。

ステップ③定跡書の作戦を実戦で試す

3つ目のステップは
「定跡書の作戦を実戦で試す」
です。

定跡書を読み返しつつ
対局をする時間も確保して、
その定跡書に書いてある戦法を
実戦で指してみるのです。

人と対面で指さなくても
ネット対局で十分です。

一局だけでなく
何度もやりましょう。

定跡書に書いてある戦法を理解するには
本を読むだけではなく、
実際に対局で使ってみるのが
一番効果的
なのです。

 

例えば、
自転車に初めて乗れるようになるときのことを
考えてください。

「自転車の乗り方」が書かれた本を
いくら読んだとしても、
自転車に乗れるようにはなりませんよね。

何度も転びながら、
自転車になんとか乗ろうと繰り返すうちに
なんとか乗れるようになるのです。

 

定跡書にある戦法を指す場合も同じです。

今までに指したことのない戦法に挑戦すれば、
最初のうちはもちろんうまくはいきません。

でも、うまくはいかなくても
とにかく指すのが大事なのです。

これによって、
「この戦法ではどういうことに
気をつけないといけないのか」

ということがわかってきます。

その感覚がつかめてきたら、
いよいよ最後のステップです。

ステップ④定跡書の気になるところを読み返す

最後のステップは
「定跡書の気になるところを読み返す」
です。

実戦で試してみた後に
また定跡書を読んでみましょう。

本を最初に読んだときには
「ふーん」という程度にしか思わなかった部分も、
対局中に自分でがんばって考えた後だと
「そうそう、そうなんだよ!」
という気持ちで読めます。

読んで理解できる部分が
ぐっと増えていることに気付くはずです。

 

読み返すときに
特にやってほしい定跡書の活用法が、
自分の実戦で困った部分を読み返す
ということ。

最初に定跡書全体の流れを
つかんでおいたおかげで、
自分が困った局面の話が
どのあたりに書いてあるかわかるはず。

その部分を読み返すのです。

そうすると、
自分が失敗した部分の話なので
ものすごく理解できます。

そして、
次は同じ間違いをしないように
しっかり覚えられるはずです。

 

そういう経験を重ねていくと
定跡書の戦法で失敗することが
どんどん減っていって、
本の内容が身についていきます。

実戦→定跡書再読→実戦→定跡書再読……
というサイクルを回すのが、
新しい戦法を使えるようになる近道

なのです。

そして定跡書の内容をマスターしたとき、
あなたの将棋のレベルは
確実にアップしているでしょう。

まとめ

定跡書を最大限に活用する
4つのステップは以下の通りです。

①自分のレベルに合った本を選ぶ
②飛ばしながらでもいいから最後まで読む
③定跡書の作戦を実戦で試す
④定跡書の気になるところを読み返す

 

これらのステップをふむことで、
新しい戦法をしっかり身につけて
将棋を上達していくことができます。

私自身、このように定跡書を活用することで
どんどん強くなっていき、
ライバルにも勝てるようになっていきました。

ぜひ試してみてください。

 

 

将棋の上達法については
こちらの記事もどうぞ↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.