「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

新春スペシャル対局、佐藤名人vs高見叡王~第9回上州将棋祭り5~

 
上州将棋祭り
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

上州将棋祭り

上州将棋祭りのメインイベントは
「新春スペシャル対局」。

佐藤天彦名人と高見泰地叡王という
2人のタイトルホルダーによる
席上対局が行われました。

他にも詰将棋クイズ解答・解説、
閉会式など、
現地に行ったレポートをお伝えします。

毎年恒例の新春スペシャル対局

15:45からは「新春スペシャル対局」

上州将棋祭りのメインイベントです。

出演者は以下の通り。

対局者:佐藤天彦名人
対局者:高見泰地叡王
解説:佐藤康光会長
聞き手:本田小百合女流三段

 

「新春スペシャル対局」は毎年、
タイトルホルダーによる席上対局

今年は佐藤名人と高見叡王という
若いお二人の対局です。

 

解説の佐藤会長は大忙し

新春目隠し対局に急きょ登場した後、
すぐにサイン会をこなし、
さらに休む間もなく本局では解説です。

そのうえ、開会式と閉会式では
棋士を代表しての
あいさつという仕事もあります。

将棋界の代表者として、
会長が先頭に立って働いているという印象です。

 

新春スペシャル対局の一局の流れ

この対局は持ち時間5分、
使い切ると一手30秒の秒読みです。

振り駒の結果、佐藤名人の先手に。

戦型は相矢倉になりました。

 

将棋界では2018年は角換わりが
大流行しましたが、
この日の席上対局では
角換わりは一局も現れませんでした。

むしろ矢倉の登場は3度目で、
この日は「矢倉の日」という感じでした。

 

本局では高見叡王が
不思議な指し回しを見せてくれました。

3三にいる銀を△4二銀と戻したり、
しばらくするとまた△3三銀と出て
さらにまた引いたり。

手損を気にせずに
低い陣形を維持する指し方です。

 

さらにその後、
高見叡王は5三に角を転回して
両方の端を攻めていきます

そうして敵陣を乱してから
角で敵陣に攻め込み、
佐藤陣をあっという間に
攻略してしまいました。

佐藤名人がまったく反撃できないまま、
高見叡王の勝利です。

 

上州将棋祭り

受けの強い佐藤名人を相手に、
高見叡王のこの勝ち方はすごい。

対局後、佐藤名人も佐藤会長も
その構想力に感心していました。

指導対局の抽選

席上プログラムの合間には、
指導対局の抽選も行われていました。

毎回、12名が当たる抽選が
4回もあったのです。

ただ、すごい数の人が並んでいたので
当選確率は低めです。

どれぐらいの人数かというと、
毎回これぐらいの人が列を作ります↓

 

このようなクジを引いていくやり方は
去年までと同様でした↓

 

抽選を始める前には列に並ぶ人は
締め切られて、
その並んだ人数に応じて
途中で当たりクジを追加するので、
最後の方の人にも当たるチャンスがあります。

私は今回は2回行列に並んで
抽選に挑戦したのですが、
残念ながら2回ともハズレでした。

詰め将棋クイズ解答・解説

17時からは「詰め将棋クイズ解答・解説」
が行われました。

出演者は以下の通り。

解説:中村太地七段
聞き手:石本さくら女流初段

 

朝から会場に張り出してあって
出題されていた9手詰めの詰将棋

解答用紙を提出して正解した人の中から
7名様に棋士の直筆色紙が
当たる
というものです。

詰将棋解答の応募総数は228で、
その中で正解者は211名とのこと。

競争率はかなり高いです。

問題の作成者は中村太地七段で、
中村七段みずから
問題の解説をしてくれました。

 

そして、その後にいよいよ抽選です。

私も詰将棋に正解していたので、
当選しないかと楽しみにしていました。

しかし、結局抽選には当たらず、
何ももらえなくて残念でした。

 

中村七段は今年の上州将棋祭りでは
席上対局の機会ははなかった
のですが、
対局姿も見たかったなと思いました。

中村七段は上州将棋祭りには
毎年のように来てくれている棋士なので、
来年も出演して
今度は席上対局もしてくれることを
期待しています。

 

 

閉会式

17:15からの閉会式では
出演棋士が壇上に一列並びました。

棋士を代表して佐藤康光会長から
あいさつがあって、
上州将棋祭りの全日程が終了です。

さすが佐藤会長のあいさつは慣れていて、
長々と話すのではなく
サクッと終わらせているのが好印象でした。

 

まとめ

「新春スペシャル対局」など
上州将棋祭りの様子を書きました。

高見叡王が佐藤名人を圧倒するという
将棋を見ることになるとは予想外でしたね。

朝に座席指定整理券のために
屋外に並んだことから始まって、
色々なイベントで1日中
楽しませてもらいました。

こんなすごいイベントを
無料で毎年開催してくれるヤマダ電機には
本当に感謝です。

また来年も楽しみにしています。

 

上州将棋祭りの記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.