「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

新春目隠し将棋と棋士と会話もできるサイン会~第9回上州将棋祭り4~

 
新春目隠し将棋
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

新春目隠し将棋

2019年の上州将棋祭りでは
「新春目隠し対局」として
佐藤康光会長と及川拓馬六段が対局。

「サイン会」では、
佐藤会長、佐藤天彦名人、高見泰地叡王の
3人がしっかり時間をかけて
ファンサービスをしてくれました。

現地に行ったレポートです。

「新春目隠し将棋」に佐藤康光会長

14時からは「新春目隠し将棋」が
行われました。

出演者は以下の通りです。

対局者:佐藤康光会長
対局者:及川拓馬六段
解説:中村太地七段
聞き手:石本さくら女流初段

 

カゼをひいて出演できなくなった
三浦弘行九段に代わって
佐藤康光会長が急きょ対局することに

解説の中村六段は佐藤会長について
「棋士の中でも一番目隠し将棋が得意な棋士」
「5面同時に目隠し将棋を指したことがある」
と対局前からハードルを上げる発言。

これには佐藤会長も苦笑。

 

及川拓馬六段は
この時点で勝率ランキング1位で、
勝ちまくっている絶好調棋士。

私は今回の上州将棋祭りで、
初めて生の及川六段の姿を見たのですが、
とにかく優しくて柔らかい雰囲気の人だという
印象が強かったです。

基本的に棋士には
攻撃的な人とかはいないので
みなさん優しい雰囲気ではあるのですが、
及川六段の優しげな感じは抜きん出ていました。

勝負師の雰囲気とはほど遠くて、
よくこれで勝ちまくれるものだなと
かなり意外な感じです。

 

解説の中村六段は
「及川六段のことは昔から知っていますが、
10歳ぐらいのころから
この優しい感じは変わりません

と語っていました。

この雰囲気のままの
及川少年というのが私には容易に想像できて、
人の性格というのは変わらないのだなというのが
感じられて面白かったです。

 

上州将棋祭り

「目隠し将棋」の一局の流れ

本局は持ち時間は5分、
それを使い切ると一手30秒です。

佐藤会長の先手で、
戦型は相矢倉に。

しかも、最近よくある急戦ではなく、
お互いにしっかり囲い合う
昔ながらの相矢倉です。

ここ数年のプロの公式戦では
めっきり見なくなった将棋で、
むしろ新鮮でした。

がっちり囲う矢倉は
手数が長くなる傾向があるので
目隠し将棋には不向き
な気もしますが、
お互いに昔から指し慣れている形で
戦いたいということでしょうか。

 

矢倉らしい盤面全体を使った
中盤戦となりましたが、
お互いに盤面が見えているかのような
見事な指し回し
が続きます。

佐藤会長の方がやや有利な状況で
終盤となりました。

最後は両者読み切ったうえでの
ノータイムの指し手が続き、
佐藤会長が及川玉を
華麗な即詰みに討ち取りました。

佐藤会長の勝ちです。

上州将棋祭り

 

 

佐藤会長はもともと予定がなかったのに、
いきなりの目隠し将棋にも関わらず
素晴らしい内容でした。

佐藤会長も及川六段も、
終局後には「無事に終えられてよかった」
ということを語っていました。

目隠し将棋というのは、
壇上で指す棋士には
大きなプレッシャーがかかっているようです。

とても見事な将棋で、
プロのすごさを見せてもらいました。

「サイン会」では棋士とお話もできる

「サイン会」は14:30から、
「特設会場」で始まりました。

出演棋士は以下の3棋士。

佐藤天彦名人
高見泰地叡王
佐藤康光会長

 

「サイン会」は席上プログラムではないため、
「新春目隠し将棋」が行われている間に
開始させることができる
ので、
進行がスムーズでした。

ただ、「サイン会」に登場する
佐藤会長が目隠し将棋にも出演することになったため、
佐藤会長だけは開始が遅れてしまっていました。

 

サイン会の様子↓

上州将棋祭り

開会式のときにはいなかった
佐藤天彦名人と高見泰地叡王の姿も見られて、
うれしかったです。

しかも、サインをもらわない人も
けっこう近寄って写真を撮ったりできます。

 

佐藤天彦名人。

やはり近くで見てもカッコいい↓

上州将棋祭り

 

高見泰地叡王。

いつも明るく笑顔でファンサービスをしてくれます↓

上州将棋祭り

 

佐藤康光会長。

ついさきほどまで目隠し将棋をしていたところ、
休む間もなく「サイン会」でお疲れさまです↓

上州将棋祭り

 

この「サイン会」は、
ファンにとって
ただサインがもらえるだけではありません。

色紙を書いてもらいながら、
棋士とあれこれおしゃべりできるのです。

しかも、書いてもらった色紙を手に持って、
ツーショットで写真を撮ってもらえます。

さらに、お願いすれば握手までも

すごいイベントです。

「サイン会」にそうすれば参加できたか

この「サイン会」は、
現地に行くまで私にとって謎のイベントでした。

事前に公式サイトを確認しても、
出演棋士が上記の3棋士で
「各先着20名様」だということしか
わからなかったからです。

どうすれば「サイン会」に参加できるのか、
朝に会場に行ってみてもわからないまま

仕方がないので席上プログラムに
参加していると、
いつの間にかこんな張り紙がされていました↓

上州将棋祭り

 

どうやら「色紙サイン券」なるものを
3000円(税別)で購入しておかなければ
ならなかったようです。

将棋連盟のスタッフの方に話を聞いてみると、
ヤマダ電機が開店した午前10時になるとすぐに
この「色紙サイン券」を求める人の行列ができて、
その人たちだけでその券は完売した
そうです。

つまり、「色紙サイン券」を
ゲットするチャンスはその一瞬だけで、
それを逃した人は
どうがんばっても「サイン会」には
参加できなかったのでした。

 

すぐに行列に並んだ人たちは、
どこでその情報を事前に入手したのでしょうか。

よく知らないけど
とにかく早く会場に来て
それらしい行列を形成した
ということなのかもしれません。

こういった情報は、
公式ページなどで
事前に展開してほしかったなと思いました。

来年以降も同様の状況が
発生するかもしれませんので、
行く人は気をつけましょう。

まとめ

「新春目隠し将棋」と「サイン会」
について書きました。

2つのイベントは同時並行で進んで、
限られた時間を有効に使いながら
将棋ファンを楽しませてくれました。

「サイン会」は棋士とじっくり会話もできる
すごい機会だということがわかったので、
来年もあるなら私もぜひお願いしたいですね。

 

 

上州将棋祭りの記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.